「大谷吉継」を読んで
e0098054_1431291.jpg

読書感想文風のタイトルにしてみました。
まだ司馬遼太郎の「関ヶ原」も読み終わっていないのに、本屋で見つけて飛びついてから、先にこっちを読んでしまった…。


大谷吉継の小説って少ないのよ。いや、ホント。


何でだよークソー吉継好きがいないのかー?と安易に捻くれておりましたが、理由は簡単。資料に乏しく、書くのが大変難しいそうです。



関ヶ原の勝敗ってのはこんな近年にまで影響するんだね。


戦国の小沢●郎・家康が負け方の西軍を徹底的に悪者として、城も焼いて壊して資料などスッカラカンに消したのだ。



お陰で石田三成の佐和山城も野っ原しか拝めません。
結構立派で、天守もあって広かったらしいのに…。


イカン。吉継ほったらかして三成の話をしてしまった。つか私の中ではこの二人ワンセットですので別にいいやね。


まあ〜大体どんな本でも皆中心になると「主人公補正」がかかって、普段抱いていたイメージは見事に叩き壊され塵になり、聞いた事も無いような働きをしてキラキラ輝くんですけども。


そして私はそういう補正が大っ嫌いなんですけども(龍馬伝とか)



吉継はブレが無くて良かった。
私がこれまでに抱いていた吉継像を壊さず、また内面もしっかり描いてくれて、より彼の人格が知れたような気になったさ。
どれも憶測で書かれているのにゃ違い無いのだが。
顔とか、太い黒眉に、小さい切れ長の目、少し厚い唇というのが作者さんのイメージらしいのですが、コレ松田翔太の顔でいいですか?


それは、ともかく。

打倒家康を打ち明けられた時の、三成との会話がとっても良かった。
それまでは淡々としたもんだったのに、関ヶ原一歩手前くらいから急に爆発して、お互いの強さとか思いやりとか、もう無茶苦茶ですわな。




ーー理屈のうえでは、終始、自分の方が勝っていたかもしれないが、結局のところ最後には、胸をぐさりと刺されて終わった気がする…ーー



この一文は本当に、吉継の心理だったんじゃないかなと私も思いました!

関ヶ原一歩手前からの三成も、大変細やかに描いてあって、大満足です。

吉継の事を罵られて、福島に噛み付くシーンでは不覚にも私…涙を(嘘です、感動しただけ)。



一つ難点をあげるなら、三成の水攻め失敗の理由が書かれて無い事。
あれは書簡などからでも秀吉がしつこく、「水攻めで落としなさい」と命令したからやって失敗した、という事がわかっていて、傍にいた吉継も当然知っているんだから、三成がただ単に力押しして失敗した。二人にはイイ勉強になった、チャンチャン。みたいな書き方は気に入らなかった。




しかしながら、関ヶ原の敗戦は小早川の裏切りもさる事ながら、三成の采配ミスによる所も…大きいよ。


脇坂らなどにも寝返られちゃ当然勝てないんだけども、それより前に三成が家康を討ち取るチャンスは二回ほどあって、そのどれをも「毛利の援軍到着を待つ」という理由で棒に振っている。


一生懸命進言して、やる気十分だった島津との間にこの軍議から溝が出来、最終的には「お互いの流儀で戦しもっそ」と半ば突き放される始末。


結局毛利は大阪から動かないし。

頑固で優柔不断、人を信じたら疑わない三成の性格は、やっぱり好きだなあ…。


因みに宇喜多秀家にも私ちょっと興味が沸きまして。

朝鮮出兵の時は若干二十歳。関ヶ原の時はまだ30そこそこで、小早川が裏切ったと聞いた時、「アイツの陣に乗り込んで切り伏せてやる!」と激昂したとか。
若さっていいッスね。
真っ向から豊臣方として戦った数少ない武将の一人だと思うわ。



三成や小西行長が首を撥ねられたのに対し、彼は八丈島に流されて80歳まで生きたんだって、ひぇ。



大谷吉継の活躍をかいま見たらまた采配の行方がやりたくなってきてしまったじゃないか…ああ、あの大谷さんはカッコ良かったな…イケメン大谷だったよな、ゲヘヘ。






余談ですけど、大谷の娘が幸村の奥さんになって、幸村の娘さんは片倉小十郎の息子の小十郎(片倉家は代々小十郎の名を継ぐ)の嫁さんになったらしいよ。



みんな一応親戚かと思ったら、BASARAプレイする時笑っちゃいそうだ。
[PR]
by kumatalow | 2010-10-07 14:31 | 日常 | Comments(0)

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
(1)
外部リンク
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
絵日記・イラスト
画像一覧