大谷吉継/野村敏雄
e0098054_382174.jpg

読み終わりました。


なんと一ヶ月半もかかってしまった。


まあ、今更説明しなくてもだとは思いますが、大谷吉継っていうのは西軍不利とわかっても病をおして石田三成に味方した事で有名な武将です。



↑の様に説明しといてアレですが、西軍は不利じゃなかったです。


むしろ有利でした。
不利だったのは【石田三成】という人物なんだという事が、今までの本、そして本作を読んでもわかった事でした。



西軍は必ず勝てた。のに、負けてしまった。それはどうしてかと言うと、小早川を始めとする裏切りの連鎖。


と、言うと小早川に批難が殺到しそうですが小早川に責任があるではなくて。


それもそもそも三成が招いた事なんだという話。


石田三成がもっと徳川家康のように、人の心に寄り添って操る事が出来たら、もっと気配りが出来たら、西軍不和も裏切りも少なく、ビシッと団結力が生まれたんではないでしょうか。


「みんなで秀吉様の築いた天下と秀頼様を守ろう!」


だけで結束が固まったら、それこそ綺麗事ですよね。

みんな個々に家々の事情が絡んでるから、んな事言ってる場合じゃねーっつの。というのが正直な気持ちだったと思う。


そんな世間一般からした綺麗事が全力で、本気と書いてマジで出来てしまうのが生真面目三成。タチの悪い事に他もそうでなくちゃと思い込む。



人の心がわからないし、リアルな話金持ってないから三成は不利だったんです。


大谷吉継は打倒家康の話を聞かされた際、これらを列挙して再三説得します。
三成は勉強できるけど、吉継の方が賢いし遥かに視野が広い。


まさに三成の女房役には相応しい、素敵過ぎる。



それでも最後は情で動いちゃう。
清く、正しく、美しく!が三成なら、
強い!賢い!優しい!が、吉継ですよ(あんま上手くなかった)



という訳で大谷吉継の魅力は、石田三成に絶対的な不利を見出だしつつも、西軍に味方した事。です。


オリキャラの胡蝶の事は多分好きだったんだろうけど、それに気付いたのが病気になってからだった…の展開もウホウホですね。
胡蝶も三成が好きとか言いながら最後は吉継に髪をあげちゃったりとイイ感じに。



いらないですけどね、オリキャラとのロマンスなんか。



でもこういう歴史小説って絶対そういうの挟むよね。


笑えてくんのよ。歴史詳しいオッサン(偏見)がオリキャラ挟んで三角関係描いてんのかと思うと。



語りましたが…私前にも同じような話をしてたのを、今思い出しました。


類似した本ばかり読んでるので、感想も全部同じになります…。


そうそう、大谷吉継の娘・清は真田幸村の妻で、幸村のお父さん昌幸の妻は三成の奥さんと姉妹なんだそうです。


真田幸村の本もいつか読んでみたいんだけど、意外に置いてないんだよー。



無双の幸村もさ、「義姉上、義姉上」ばっか言ってないでとっとと嫁でも作ればいいのに。


ホント「義」好きだよね。姉も義がついてるのがいいんだね。



いやしかし、勝ち戦を負けにした罪は重いぞ三成〜。三成だから負けたんだろうね、運もなさそう。



これからも色んな人が書く三成と吉継と秀家(←増えたww)が見たい!
[PR]
by kumatalow | 2011-06-14 03:08 | 日常 | Comments(2)
Commented at 2011-06-15 12:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kumatalow at 2011-06-15 14:51
秋月ちゃん>わーい秋月ちゃんからのコメントだ~!(^o^)まさか…三成にそんな疑いが…!ww多分単純に生真面目過ぎるだけだと思うけど、そんなん誰にもわからんからもしかしたら疾患抱えとったかもな!今度三成のそういう話書いて☆(無茶ぶり)

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
(1)
外部リンク
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
絵日記・イラスト
画像一覧