関ヶ原合戦まつり2012
旧暦9月15日といえば現在の暦で10月21日。この日はわが父の誕生日でもあり、今年の関ヶ原合戦まつりの当日であり、彼が大谷吉継役に応募して合格したのは運命というしかなかろう!

姉共々応援を兼ねた見物に行ってきた。朝8時に関ヶ原に到着し、準備とリハーサルがある吉継と別れてブース巡りなど。こういう盛り上がった雰囲気は大好きだ。それが特に戦国時代の祭りなんて。
前半は広場でちびっこ達の踊りがあったりとかして、まあ可哀想だけど彼らは前座っていう奴なんでね…本番の盛り上がりにはまだまだ及びませんぞ。

腹ごしらえにポテトと大判焼き食べた。ポテトはともかく(めっちゃ旨かったけど)大判焼きは名物のよもぎが入ってて美味しい!まつりに行くなら一度は食べるべし!!

資料館で時間潰して、いい時間になったら笹尾山へ。あーパソコン打ちづらい。



笹尾山といえば言わずと知れた石田三成が陣を敷いた有名な山だ。眼下一望。戦場が広く見渡せる絶好の場所で、この布陣から見てもいかに西軍が有利だったかがわかるねえ。

e0098054_15123893.jpg



歴史評論家小和田哲夫氏による講演が12時までの筈が終わらない。辛い!!
時間押し気味に終了してやっと武将隊の出番だと思ったら心臓バクバクしたね。中身はただ人だと思っていてもやっぱり入ってくると「吉継!!三成!!」ってなっちゃうよね。


こちらが我が父扮する大谷。中々サマになってるでしょ?

e0098054_1516617.jpg


石田三成と島左近と徳川家康は役者さんです。さすが一般人とは声の張りが違いますね!徳川家康役の方がずいぶんお若くてイケメンだった。でも…そういえば、西軍贔屓して東軍の写真が一枚もござらん。
本当にカッコ良かったんだ。
そういう人たちと一般人が心を一つにして役になりきり、笹尾山パフォーマンスから始めてくれるわけですよ!
各隊のPRなんかは、みんな歴史が好きな人ばっかり集まってるもんだから、武将の個性を生かして上手にふざけてくれて、ファンも嬉しいコント的なものを披露してくれんのよ。司会の人が上手にまとめてた!

自由に写真撮れる時間もあって本当にアイドル気分だよね。三成と撮りたかったけどダントツ人気で無理ぽ。


そして出陣式。浪漫の無い言い方をすると武将たちが学校で弁当食べる為に下山するんですが。これから戦に行くぞ!と列を成して隊が進む姿がまあ雄々しい。
その周りをうろちょろして「頑張ってくだせぇー」と拝む平民(私ら)。途中何度か足を止めてくれたのでここもシャッターチャンス!


e0098054_1528020.jpg

☆出陣する大谷吉継。


e0098054_15293016.jpg

☆近い!!

e0098054_1531018.jpg

☆石田三成かっこいい。

e0098054_15314950.jpg

☆こっち見た!!!!




そして…昼の2時からいよいよ本番。さっきまでのおふざけはどこへやら。
真剣に関ヶ原を再現してくれます!
残念ながらここからは動画に集中していたので写真が笹尾山に佇む三成しかないのですが、文章で現せるかどうか…。
感動したよ…。

何度も書籍で読む度に坂を転がり落ちるような感覚と、三成の悔しさや普段垣間見えない大谷の激昂や、島左近の必死さとか、色々味わってきたけど、やっぱり生で見ると違うよ!!
それもど素人が大半なのにここまで感動できるとは!それはやっぱりみんな歴史が好きで一生懸命やってるからだよね、ベテランさんもいるし。

関ヶ原はたった一日で終わったのに史上最大とまで言われるのはそこにたどり着くまでの色々とか、一日の中で実に沢山の人が交錯したからなんだ!
島津隊の方たちは標準語だった台本を薩摩言葉に直して発音も完璧でした!すっごい練習したんだろうなあ…。東軍の人たちもすごくカッコ良かった…と、オモイマス!!←場所的に東軍一切見えず。


あああ感動したし楽しかったし…合戦終わった後関ヶ原音頭始まって浴衣着た人がぞろぞろ出てきても実感なかったね。

やっぱ関ヶ原いいなあ…もっともっと勉強したいな…。

えいえいチェスト!!
[PR]
by kumatalow | 2012-10-23 15:44 | 日常 | Comments(0)

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
(1)
外部リンク
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
絵日記・イラスト
画像一覧