おめでた
私は9月の中旬に家の前でカブトムシを拾った。
仰向けに倒れていたのを家に連れていき、巨峰を与えると彼女は元気になり、やがて父親が本格的な飼育セットを買ってきて、彼女は我が家の一員になった。


とても長生きしたのだよ。

なんとカブトムシの平均寿命をゆうにこして、10月の初旬まで生きた。
それでも天命というのはやってくるもので、ひっそりとお亡くなりになった訳だが。


土と遺体をいい加減どうにかせねばと重い腰を上げ、丸太と彼女と土を分ける作業をしていた時のことである。
丸太をどけた土の中に、透明な丸いもの。

…ひやっとした。虫だ。いや、カブちゃんゼリーの欠片ではなかろうか。
おそるおそる掘り起こそうとしたら、ゼリーがうにうにと動いた。


!!!!!!!!!



彼女、子供を生んでらっしゃった!



e0098054_0325427.jpg




なんと!カブトムシは我らが知らぬ間に密かに産み落とし、朽ち木の皮を引き裂いて土中に埋めていたのだ!

長寿で大飯食らいでおよそメスとは思えん暴れっぷりであったが…彼女も立派な母親だったのか…。


彼女の亡骸は近くの神社の土に埋葬させて頂いた。安らかに眠っておくれ。

さて、残された人間の使命は彼女が遺した幼い命を来年まで維持することではないか。

早速土を買ってきて水を染み込ませ、それっぽいことを色々やってみたがどうだろう。
なんだか不安だ…いちいち掘り起こして安否確認する訳にもいかんし。こっそり土の中で果てていても気付かない。自信はないけどとにかく任せてくれと非常に頼りないお祈りをしてきたよ。



カブトムシ…成長しておくれ…心も精神も。
[PR]
by kumatalow | 2012-10-30 00:11 | 日常 | Comments(0)

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31