玉彩★Ca劇団29回公演【pRayBall】
 姉が所属している、地元四日市を中心に活動している劇団【玉彩★Ca劇団】の20周年記念公演"pRay Ball"を観賞した。

 玉彩★Ca劇団の芝居を見るのはたったの2回目である。前回はだるまを駆使した難解なミステリー(個人的に)という印象だったが、今回は20周年という節目に相応しい、無理のない人間模様で非常に良かった。


 ~あらすじ~

 父が亡くなった。ミツル、ワタル、ユウコとユウコの夫・シゲユキは夜伽をせねばならなかった。久しぶりの家族水入らずである。父の形見のラジオからは野球中継が流れている。父の大好きだった野球。父と子供たちを繋いでいた野球。複雑な感情に動かされながら、父との思い出を振り返る。



 (また個人的に)夜伽という舞台設定がまず、いい。少ない登場人物で動かしやすく、思い出を振り返るには絶好の時間帯である。

 全体の流れとして見ると、「感動の家族の物語」。これだけでもとってもいいのだけれど、何気ない台詞の端々から20周年を取り入れた設定や言葉遊びをうかがい知ることが出来て非常に細かく面白い作りになっている!

 我が家でもそうだったのだが、まず思ったことは

「pRayじゃなくて、playじゃね?」

 ではないだろうか。このRの意味をみんな探したと思う。

 おそらく祈りのRだろうと思うものの、ラジオのRであったり、あの道を右に曲がれば……のRであったり、役割という意味でのRもあるか、とにかく色んなRが込められてのpRayballなんではないか。

 少しずれると噛み合わないラジオと人間を重ねた演出に感心した。脚本が秀逸なことに加えて、冗長になり過ぎない演技のテンポも65分とはとても思えなかった。
 劇中の家族が見事にチューニングを合わせてハッピーエンドを迎えたのも素晴らしいし、役者さん、それから裏方のチューニングがばっちりだった、本当に良かった感動した。


 私も見る専門だけど、チューニング合わせて玉彩★Ca劇団のpRayに足を運ぶ。そしてドラゴンボール7つ集めるのだ。

 20周年おめでとうございます!!
[PR]
by kumatalow | 2015-10-04 19:16 | 日常 | Comments(0)

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31