恥ずかしながら行って参りました
 1年以上ぶりに散髪をした。近所に行きつけの美容院があるのだが、私は1回行ったら半年以上空けるので、このレベルではもはや行きつけとは言えない。

 したい髪型もなかなか見つからないまま(当初は手越祐也くんみたいにしたくて探していたが、どちらかというと大竹しのぶ寄りの人物ばかり出てきたので断念)、プランも何も持たず、ただ伸び放題の髪を引っさげ、裸一貫で出向いた私がまず受けたのは、髪のカウンセリングだった。全然行かなかったからだ。

 顔が暗いから髪型だけでも可愛らしく生きていきたい。伸びが異常に速いのでおかしくない程度まで切りたいという要望を伝えた結果、このような形におさまった。

e0098054_02565222.jpg
after

e0098054_02565327.jpg
before

 beforeと比べるとだいぶ短くなったのが、おわかり頂けただろうか。
 毎朝枕の上にとぐろを巻く抜け毛に嘆息し、夜な夜な床に落ちた髪を拾い集める生活から脱却する。それだけでも嬉しい、何より髪が後ろに引っ張られないのがいい。

 こんなに長かったのに私は髪のお手入れを全くしないから、さぞ傷んで傷んで死滅してるだろうと思っていたら、意外に元気な髪だと褒められた。その理由は、ここ数年髪を染めていなかったことが大きく影響しているのだとか。

 髪を守るには染めない方がいいのか。新鮮な情報に深く頷きながら、数年ぶりに髪を染めようと計画している私がいるのであった。

 余談だが、会計の時に店のスタンプカードを提出すると、金額に応じて押印して貰える。 

「今日でいっぱいになりましたよ。新しいカードです」

 と、店員さんがにこやかに差し出してくれたのは、私が長年持っていた黄緑色のじゃなく、茶色のオシャレな物に変わっていた。家に帰って母親にそのことを告げたところ、

「今頃何を言ってるの。私もお父さんももうとっくに茶色だよ」と言われてしまった。

 そうか、知らぬは私ひとりであったか。もっとこまめに美容には気を使わなければいけないな。

 その時だけは一応反省してみせる、謙虚な私だ。

[PR]
by kumatalow | 2016-10-08 02:53 | 日常 | Comments(0)

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31