カテゴリ:日常( 522 )
関ケ原合戦まつり2017
 恒例の、関ケ原合戦まつり2017参戦じゃーーーーー!!

 雨である。

e0098054_22072412.jpg

 山の上に霧がかかって……、実際もこの霧を眺めて武将達は勝利に思いを馳せたのだろうか……。
 などと感傷に浸るのは最初のうちだけで、ここは現代で、今日は祭りで、晴れてくれないと嬉しくないのだ。

 傘さしてブースを練り歩く煩わしさったらない。この日の為に何日も前から準備してきた人が大勢いるはずで、その人たちの気持ちを考えると本番の雨は嫌だなあ。

 そうした私の心配など何処吹く風で、関ケ原町の人たち、また、県外からの参加者さん、みんな元気だった。

 ご飯を食べていると運営のおじさん達が「まだ11時! 晴れる晴れる!」と笑いながら話し合っているし、新企画?の人間将棋は予定通り行って盛り上がったようだし(夜早速Yahooニュースに)、武将たちは雨の中鎧姿で元気にグッダグダのパフォーマンスしてくれたし、さくらゆきは熱唱していたし、懸命に呼び込みをする売店の人、自ら売り子を務めるいしだみつにゃん等等。

 みんなみんな雨なんて知らねという勢いだった。ブツブツ言ってるのは何もしない観光客(私)だけである。

 余談になるがいしだみつにゃん大好きで、お写真撮らせてくれた上に、握手もして貰っちゃった。あったかい肉球の感触忘れない……。お仕事お疲れ様。

e0098054_22074143.jpg

 その後は長浜に移動する。
 長浜の商店街近くにあるラーメン大学の塩バターラーメン絶品! オススメ!

 長浜の商店街(正式名称は知らない)は、大須ほどの規模ではないけど昔懐かしい雰囲気と有名な黒壁と、食べ歩きに特化したとても良いところ( ´∀`)こちらも関ケ原と並んで大好きな場所だよ~。


 来年は晴れると良いですな。
 

 最近は小早川を男性が演じられていることと、島津の薩摩言葉がクオリティ高くていいなあと思ったサトミッチでした。

[PR]
by kumatalow | 2017-10-15 22:01 | 日常 | Comments(0)
祖父・百か日
 今日は祖父の百か日法要でした。生憎の曇り空。しかし聞くところによると祖父は晴れ男だったみたいで、参りの間は何とか降らずに済んだ。室内だから関係ないけども。

 ここで少々ハプニングが。何と、以前から日にちを伝えていたにも関わらず、叔母一家が忘れていたらしく、キャンセル。どうりで来ない筈だ! 参りを忘れるなんてことがあるのか!?www

 というわけで結局うちの家族のみの4人での寂しい百か日となってしまった。

 百か日は別名卒哭ともいい、血の繋がり云々の前に自分の生きてきた故人との関わりを思って、涙の大事さを知る日(お坊さんの丸コピペ)

 祖父と私の関わりはどうだったろう。喧嘩もしたけれど、中々良好ではあったと思う。

 通夜・告別式~諸々小さなハプニングはこれまでにあったが、どうにか一区切りついた。定期的に祖父宅に集まっていたのが、今日を境にこれからはどんどん間遠になっていくのは月日の長さを思わせて寂しいものだろう。

 まあでも、いつまでも悲しい思いをするのは嫌だからこうやって昇華していくのが大事。

e0098054_15305650.jpg

[PR]
by kumatalow | 2017-10-06 15:30 | 日常 | Comments(0)
ファイアストーム
 MIE NEXTAGEプロデュース【ファイアストーム】を観賞して参りました。

 ミツバ化学という、かつて公害で問題になった会社が主催する地域密着型フェスのイベント企画、ヒーローショウが明日に迫っていた。題目は昔放映された根性戦隊ガッツレンジャー。実際に主演を張っていた往年のスーツアクター、特撮同好会の大学生、イベント担当の社員が集まったが、予算の関係で何とも寂しい仕上がりになりそうだ。いつしか目的を見失ったしょぼそうなフェス、未だ煙突から立ち上がる煙。このままで良いのか? そこに正義はあるのか?!


「公害」をテーマにした作品であるということは聞いていた。この時点で観客もおそらく8割くらいは他人事ではなくなったのではないだろうか。

 見る前の私「公害か……シリアス系かな?」→チラシを見た後の私「? 戦隊モノ? 面白そうやんけ!」→始まった直後の私「wwwwwwwめっちゃおもろいやん! これこれ、待ってましたよー♪(クソうざい自覚はある)」→後半の私「あ……ああ」→クライマックスの私「ああああああああああああああああああああああああ」→ラストを見た私「生きねば」

 広島・長崎被爆の問題が今日まで残されているように、公害だって消えることはない。公害で被害にあった人が全員お亡くなりになってしまえばみんなが忘れてハッピーになれるのか、そうではない。遺族という形で誰かの心には必ずしこりを残し、町を愛せない子どもは増えていく。このテーマは非常に取り扱い注意である。勝手にひと芝居の中で問題を綺麗にしてしまうわけにはいかないからだ。終わりのないところから始まっているのだから、途中経過、それから落としどころを慎重に模索しなければいけない。そうした「終わらせられないけど終わりとして成立させなければならない脚本」と、今回の登場人物たちの抱える問題はとてもリンクするところがあったように思う。


 上記のように語り出すと何やらず~んとなってしまうテーマを、前半は面白い笑いによくぞ変えてくれました。ガッツレンジャーという戦隊モノを間に挟んで寓話的にすることによって、見やすく面白く、テーマを伝えやすくするところにセンスを感じた。ほぼほぼ笑いっぱなしだったけど、ちょこちょこ大事なことも言ってるんだよね。まさか序盤の伊達の「1回そういうイメージついちゃうと~」という何気ない台詞があんな後々まで生きてくるとは、最初聞いた時気づかなかった。

 登場人物にもきちんと色の振り分けに適した個性があって面白かった。

■赤ガッツ→「そこに正義はあるのか!」赤らしく元気でパワフルな往年スーツアクター! 脚立からの脅威の跳躍に観客ざわついた。生活は苦しいらしいが微塵も感じさせない。そして最後はオイシイところを持っていく。非常にメリハリのある動きすばら。

■青ガッツ→たらっと器用に生きてるお茶目なゆとり大学生っぽい。けど結構冷静に周りをよ~く見てる雰囲気がとっても自然。チョマテヨ。

■緑ガッツ→未来のミツバ化学を背負う内定者。だけどまだ大学生だからどちらの味方もできない! どちらの味方でもありたい! 中間で揺れ動き困ってる様子が伝わってきた。目立たないけど、彼の台詞はどれも平和的で優しい……。

■桃ガッツ→紅一点だからって遠慮はしませんむしろ一番ガンガン行くスタンス。役者さんにとっても似合ってるなと。クライマックスの裂くような声が好き。ちょっと噛んでしまったようにも感じたけど、何ならそれも芝居かな~くらいの勢いで見てた。

■黄ガッツ→びっくりした? いませんよwww

■司会者のお姉さん→正体はミツバ化学の広報。フェスに微塵も興味ない仕事だからやってるだけの人。ところがやり出したらキレッキレ! 煙草を嫌悪するあまりに吐かれる毒もキレッキレ! 要所要所で話を強引にまとめてしまう司会らしい良キャラ☆クライマックスの演じ分けが凄い。

■ヘルスモーカー→ミツバ化学の社員という立ち位置から悪役の代打に踊り出て、挙げ句の果てに公害そのものにされてしまう。実は悲しみを沢山背負っている背中の丸い怪人。それでも何故彼は悪役を続けるのか。悪役には悪役なりの正義があるものだ。生い立ちから、大人の男としてのしがらみと上手に付き合おうとする悲哀さがとても良かった。


 そして、オチは「これしかない」という方法でカタをつける。意外でもあり、でも最初からこれしかなかったよな! という終わり方だった。希望があった。描かれてないけどきっとバシッとファイアストーム決めちゃったんだろうなあ!


 このようにキャストの演技マジ凄くて(雑)、とにかく色んな場面でメリハリの良さが際立った作品だったと思う。というのは外側で見てる演出さんや、音楽や効果を担当する人たちの尽力が全部合わさった成果だろう。

「みんなが輝いてるのがいい」という台詞があったけれど、お芝居もそうだよね。裏方含めてみんなが輝いてたんではないでしょうか。観客も輝いてた。何もしてないけど。



[PR]
by kumatalow | 2017-10-01 22:27 | 日常 | Comments(0)
お前は時間を浪費したbyToshio
 自宅のベットの上、左手のスマートフォンから発信しています。 誰にも起こされていない、自分の判断で起きました。聞いてください。(SP●AIR風)

 自由時間を4時間棒に振りました。爆睡でした。たまにウー、という自分の唸り声で目を覚ましかけましたが、完全な覚醒には至りませんでした。

 仕事中から、今日は帰ったら小説を書こうとか、落書きもしたいなとか、最近にしては珍しく創作意欲を剥き出しにして夢を膨らませていたんです。その為に7時半に風呂を済ませ、心地よい怠さを持て余してベッドに寝転んだのが運の尽きでした。

 朝まで突っ走ればいいのに半端な時間に起き上がった理由が、空腹によるものというのがまた虚しい。今は死んだ目でアイスコーヒー飲みながらプチチョコパイをかじっています。美味しい……やかましいわ。

 一体何をやっているのか。自由がきかない時は、頭の中で時間をもっと計画的に使いたいと自分を見つめ直し、あらゆることを無駄なく習慣づけたいとイメトレしていたつもりだったのに、もはやイメトレではなくただの詮無い妄想と化している。

 私の理想はね、まず帰ったら晩ご飯までの間はリビングでソシャゲ。ご飯食べたら風呂。風呂出たら寝るまで(ここ大事)創作に費やしたい。見たいテレビがある時は、テレビ見ながら得意の左手のスマートフォンを駆使して小説とか書けばいい。で、ベッドに入ったら本を読む。こういうことがしていきたい!

 実は何年かかっても1回も成功した試しがない。これは凄く無駄。トータルするとどれだけの時間をドブに捨てたんだろう。

 よく寝るのが1番贅沢で良い時間の使い方、なんて優しい言葉かけてくれる人がいるけれど、私の場合はガチ寝より自宅のベッドの上で左手のスマートフォンからくだらない呟きを発信したり、ネット泳いでたりすることの方が多い。寝てると言わないし贅沢とは思えない。

 もっとゴリゴリと何の疑いもなくすぐ取り掛れる人間になりたいなあ、と思いながらも、そういえば今も寝て起きた、というだけの報告を長々と書き起こしているだけで、時間の無駄かもしれん。

 明日になったらまた働きながら上手く時間を使う自分の夢見て過ごすんだろうな。

 今度こそ、と言おうと思ったが、明日は何もなければおそらくバレーなので、上記の理想タイムスケジュールは早速砕け散ることになる。
[PR]
by kumatalow | 2017-08-21 01:14 | 日常 | Comments(0)
祖父、四十九日
 早いもので祖父の四十九日であります。

 それはそうとめちゃくちゃ眠い。いつもより1時間早起きしただけで何もかも別世界のようだ。昨日久々にバレー行ったから、絶対筋肉痛で苦しめられると思っていたのに意外と軽くて、それだけが救い。

 昨夜の雷が嘘のように快晴。ここしばらく梅雨っぽかったがまた夏に戻った。

 今まで見たこともない美しい百合が庭に咲いていたよ。種が落ちたのか元から実は根があったのに咲くのに失敗していたのかはわからないけれど、四十九日に突然咲くなんて何て憎い演出なんだ祖父よ。

e0098054_18363550.jpg


 参りは滞りなく済みました。

 ちょっとアレ? だったのは弁当持ってきたオバチャンが若干図々しいタイプで、まだお経上げてる最中にデカい声で膳のたたみ方の説明を始める。襖のむこうから「ここを押してね! 足が折れるの!」響く響く。

「膳は奥にあった物を取り敢えず持ってきただけだから、汚れてるかどうか確認してね!」

 確認してから持ってこようか。そのことを母が指摘すると、

「……………………(ブスッ)」

 お? キレたんか?w一丁前にキレたんか?www

 どこかに待機していたよく似た年代の応援を呼んできて、形ばかりの膳のチェックをしようとはしていた。何か手際悪そうだったしそこまでして欲しいわけじゃなかったから断ったけど。

 私はお参りで出される料理がとても苦手である。なんとなく水っぽくて、味わった気がしないのに、腹がいっぱいになるという。
 もう途中からジャンクフードが食べたくて仕方がなかった。頭の中を何度もハンバーガーやとんこつラーメンやパスタが駆け巡った。今年は祖母の1周忌もあるし父方の参りもあるし、私は後何回苦手な料理を胃に流し込むのだろう。考えただけでも苦である。

 と思ったら夕ご飯がラーメンに決定した! うおおおおおおん!ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ♪

 ところで朝より筋肉痛が酷くなっている気がする。2、3日あとに筋肉痛が来るのは年寄りのサインだと以前誰かが言っていたが……まさか…………ね。

[PR]
by kumatalow | 2017-08-19 18:35 | 日常 | Comments(0)
祖父、亡くなる
 祖母に続き、1年経たずして祖父まで亡くなってしまった。それも、いわゆる孤独死というやつで、発見された時(おそらく)3日は過ぎていたと思われる。

 私は転職してから土日の休みがとれず、祖父との時間が少なかった。鰻を一緒に食べに行ったことを記事にしたりもしたけれど、以降は全くで、休みがなかったわけではないのに祖父はまだまだ生きると根拠もなく決めつけていた。

 祖母の時にも、これからは縁を大事にして、関わりを持っていかなきゃと強く思ったのに、やはり学習しないものだ。

 小さなことが後から後から大きな後悔になってやってくる。

 色々心残りはあるけれど、一番は同居が叶わなかったことかな。祖父が頑張って建てた家にみんなが住んだのはわずか数ヶ月。あまり全面に押し出してくることはなかったけど、祖父がもう一度と期待していたのは知ってる。

 同居さえしていればもっとしてあげられたことがあったかもしれない。自分ひとりの意思ではどうにもならない事案だが、一緒に住みたいという意思を明確に表示してこなかったのもまた事実で、それが可哀想で悔やまれてならない。

 頑固でワガママで嫌われる場面の多かった祖父だったけど、お人好しで良いところも数え切れないほどあった。


 いい意味でも悪い意味でも存在感のあった祖父の死により、家族にも動揺が走っている。

 思い出と後悔が反芻して涙が止まらなかったり、故人から与えられた影響を胸に今後の生活を改めようと思い直したり。

 前者はいわゆる悲しい気持ちや思い出を抱き枕にして眠っている状態。後者は頭の下に積んで眠っている状態。どちらも正解であり、皆それぞれのやり方で浄化していくんだろう。

 私は後者である。頭の片隅ではエンドレスにちらついてはいるんだけれども、自分の感情と向き合うのが苦手だからだ。

 家族と居すぎて損ということはない。長年かけて沢山顔を見たつもりでもこんなに寂しいのだから、祖父が教えてくれた通りに、今よりもっと家族を大事にしていこうと思う。

 とにもかくにも、お疲れ様でした。おじいちゃん。ありがとね。
 
[PR]
by kumatalow | 2017-07-05 00:22 | 日常 | Comments(0)
多忙な午前中
 母の日のプレゼントの金下ろしにコンビニに用事があり、新しいキャンパスノートと戦国無双4-Ⅱが欲しかったから、近所の書店までチャリンコで行くついでに自転車屋さんに寄って、500円点検をして貰うという、ついでについでを重ねた多忙な午前中を過ごした。

 昔住んでいた町の自転車屋は勝手に点検して勝手に金をとるというアコギな商売を売りにしていたが、今住んでいる町の自転車屋さんはもっと若くて、感じの良い大人しい夫婦が経営している。こちらが恐縮してしまうくらいの親切価格で丁寧な仕事をしてくれるのだ。もちろん自転車を大事にしないクソ町民の為ではなくて、自転車が好きなんだろうなあと、そういうオーラが伝わってくる人だ。

 雨風に打たれ、あちこち錆びまくったボロボロ自転車のメンテナンスをたったの500円で済まそうとしたわけだが、やはりプロ的にどうしても気になる箇所があるようで、ちゃちゃっと点検の筈が、料金の範囲を超える修理をしてくれたのだ。

「じゃ、その間にコンビニ行ってきますw」

 道路を渡って正面にあるファミリーマートに暇つぶしに行くクソ町民。ジャンプ読んで戻ってきたら、「あと少しです」とにっこり。

 おわかりいただけただろうか。

 親切丁寧なだけでなく、修理スピードも尋常ではない。見た目で自転車が蘇ったのがわかる。それでも──それでも彼は、500円しか取らないのだ。良心的過ぎてもっと金を払いたくなる。何故なら経営破綻して欲しくない。余計なお世話である。

 元気になった自転車にまたがったクソ町民は、意気揚々と書店に向かう。心なしかタイヤが硬く感じる。かごの中で、コンビニで買ったオランジーナがぴょんぴょん跳ねる。風が気持ちいい!

 あっという間に書店に着いたクソ町民は、お目当てのノートと戦国無双を買って、ここ最近出せていなかったスピードで家路に着く。

 部屋に帰り、片付けも済んだクソ町民は、喉の渇きを潤そうとオランジーナに手を伸ばした。緩めた瞬間蓋の間から、オランジーナが勢いよく溢れ出す。慌てたクソ町民は片手で溢れを押さえようとしたが、液体の放出に五本指ごときが敵うものではない。びしゃびしゃとガウチョの上にオランジーナが振りかかった。

 満身創痍の自転車の手術代を500円に収めようとし、なおかつ見守りもしないでコンビニへ遊びに行った報いかもしれぬと、私は甘んじて受け入れいた。そう、クソ町民の正体は私だったのだ。

 そういえば冒頭にて、あたかも用事を上手に紐付けして制覇したかのような書き方をしたが、最大の目的である『100均で弁当箱を買う』というミッションをど忘れして失敗に終わっている。
 ゲームでは石田三成が早速ゲイの匂いを発している。その姿をぼんやりと眺める私の膝下からは、オランジーナの匂いが発せられていた。

 今日もいい日だった(強引)

[PR]
by kumatalow | 2017-05-16 00:27 | 日常 | Comments(0)
カモシカパラダイス
 カモシカパラダイス。何とも可愛い響きである。GWの子ども集客を狙ったかのような気さくなポスターで、行ってみたら内容は結構ガチだった、というのがMieMu(みえむ)こと、三重県総合博物館だ。私はまだ恐竜のやつと今回がたったの2回目だが、行くたびにMieMuの本気に感心させられる。

e0098054_16353032.jpg

 入ってすぐにびっくり。パンダ……だと? あれだけカモシカを謳いながらパンダ? 超リアルな2頭のパンダのはく製が我々を出迎える。彼らはカンカンとランラン。名前くらいは聞いたことがあるだろう。中国から送られて、瞬く間に空前のパンダブームを巻き起こした立役者。どちらも私が生まれる前に亡くなっているにも関わらず、私も名前は知っていた。しかし何故ここでパンダなのだろう。実は、物々交換ならぬ動物交換で、日本からはカモシカの辰子と太郎(名前のセンスには目を瞑る)を中国に送っていたのだ。これは初耳だった。

 つまり、カモシカという生き物が日本の動物を代表して(映像ではフンボルトペンギンも一緒にいたようだが)、外国に送る価値があるということ。じゃあそのカモシカは一体どんな生態なのか、というところから資料を展開させていく段取り。自然な流れに感動した。ただあるものを並べるんではなくて、起承転結ができている!

 ちなみに補足しておくと、ガチなのはカモシカの生態を伝える情熱に関してであって、けして子ども様に敷居が高いというわけではない。むしろ子どもたちにも一生懸命伝えようとする熱意を感じた。手渡されたワークシートはちょっとしたクイズ形式になっているし、カモシカの蹄の中心がわかる手作りの手袋、ボールを入れると正解から玉が飛び出すボックス……子どもは好きだと思う。私もワークシートと鉛筆片手に夢中で答えを書き込んだとも。出口付近に答えが全部書いてあるのは答え合わせの為である。けして白紙でダラダラ歩いて最後に書き写す為のものではない! 断じて!

 さて、カモシカは何科でしょう。①ウシ②イノシシ③シカ

e0098054_16362244.jpg

 正解は……

e0098054_17440553.jpg




 ①番! 唯一の野生のウシらしい。てっきり山羊かシカかと思うような小柄で華奢なフォルムだが、言われてみればウシっぽい表情するかもしれない。


 山でばったり出くわした時など、小首を傾げる姿から山の哲学者と呼ばれているとか。こんなのと山で遭遇したらもののけ姫の世界なんだろう。

e0098054_16355369.jpg


 世界にはもっと巨大なウシっぽい連中も。ガラスが反射して酷いことに。

e0098054_16342697.jpg

 これだけカモシカの魅力を伝えて注意を引きつけておいて、最後に絶滅危惧を訴えるなんて……憎い構成だ。いや、でも大事なこと。上野動物園に送られた北京動物園からの手紙もそうだけど、動物を守っていくという行為は国境を越えた信頼を生む効果もあり、ニホンカモシカが絶滅したら、国のカラーがひとつ失われるような気分だ。守っていかにゃならんと思う。売店で指定された商品を買うと寄付金になる模様。買わなきゃいかんでしょ。買うべきでしょう。


 と、思っていたが冷凍商品だったから……家遠くて、買わずに、帰ってきちゃった……。カモシカのみんな、元気で……。

 しっかり生きてぇ!! 

[PR]
by kumatalow | 2017-05-06 17:51 | 日常 | Comments(0)
石田三成風はさみ
 かれこれ3週間ほど前のことになるけれども、関ケ原にて甲冑体験(の付き添い)に行ってきた。

 関ケ原町の関ケ原に対する情熱と力の入れっぷりは並々ならぬものがある。電柱に武将の説明書きがあるなんて、散歩したくなる町じゃないか!

 お昼ご飯はここ。古い印象でも中は活気があります。関東と関西の両方の味が楽しめるぞ!

e0098054_02322843.jpg

 ちなみに親父とお袋。お袋ちっさくて可愛かった。

e0098054_02283503.jpg


 こんなお土産を見つけた。
e0098054_02284510.jpg
以前バス旅行で訪れた関市は刃物が有名で、そこで作ったハサミなんだってーしかも三成仕様のオシャレデザイン! 一目惚れ!!

 試し斬りじゃ……いざ。

 サクッ

 と切れるぞ。まあ新しいからだけなのかも知らんが。

e0098054_02282265.jpg


 三成グッズを見つけると、どうでもいい物まで買ってしまうサトミッチであるが、ハサミは珍しく実用的だと思う。

 関ケ原町に売ってるよ!

 私が行った時は期間限定で、お土産1000円以上でお抹茶とお菓子がご馳走になれた。土産代考えると高くついてるのかもしれないけど、町民一丸となったおもてなしに癒やされました。

e0098054_02323910.jpg




[PR]
by kumatalow | 2017-05-06 02:30 | 日常 | Comments(0)
おじいちゃんとうなぎ
 胃腸風邪リレーが決勝戦まで進んだお陰で延期になっていた【祖父とうなぎ食べよう計画】が、ついに実現したことをご報告します。

 うなぎは去年の夏に家で食べた。ちゃんとしたお店で食べるのは、これが初めてになる。

 祖父の家から車で45分ほど行ったところに、いかにも老舗しかし活気に溢れる(※写真なし)ところに祖父おすすめのうなぎ屋はあった。

 昼時ということもあってかなりの盛況ぶり。年寄りが多いのかなと思いきや、爺さん引き連れた大人連中(自分たちのこと)の後ろで赤子が泣くという老若男女入り乱れスタイルである。

 私も食べる! 一口! ほくほく! うまぁーい!(※がっついて先走って箸をつけた為、写真なし)

 ところで、3切れ乗った「中」でも腹がはち切れる程になったし、総額で結構なお値段だと個人的には感じたのだが、祖父が安い安いと言いまくるのだ。大人4人で7千円って安いの……か? わからない。焼肉以外でご飯にお金かけたことない、2千円のパスタでもたまに高いと感じたりするくらい。そういうレベルの食生活だから、祖父の感覚にちょっとついていけなかった……安いの?

 帰りに買い物がてら天下のイオン様に寄って、①カーディガンを買う。②スタバ飲む。のミッションをこなす。スタバは達成できたが、残念ながらカーディガンは思っていたものが見つからなかった。無念!

 ひと昔前までとち狂ったように抹茶フラペチーノしか飲まなかった私であるが、最近はスタバラテ一択。暑かろうが寒かろうがアイススタバラテ。(※喉乾いててがっついてすぐ飲んだ為、写真なし)

 明日も休みだー!\(•ㅂ•)/

[PR]
by kumatalow | 2017-04-15 22:51 | 日常 | Comments(0)
  

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
(1)
外部リンク
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
絵日記・イラスト
画像一覧