<   2011年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧
幸村を探して
前回、海音寺潮五郎さんの事を間違えて聴五郎って書いちゃいましたすいません。



それで今日下巻買いに行ったら…どこ文庫出版とか全然覚えてなかったから探すのに苦労して電車一本乗り損ねた。



初めて検索機使ったし!


したらばあっという間に見つかったし!



給料出たばっかりで気持ちが大きいから「太原雪斎と今川義元」っていう本も買った☆
楽しみウハウハ。




疲れた身体で電車乗ったら今日はくま太郎の家の方向で花火があるんやて!



めかし込んだアホ共に椅子全部取られたし。



目の前にいるチャラ男の浴衣が降ろしたてらしく、半端なくクサイ。


なのに段々こっちへ寄ってくる。


ちょっと、クサイ。



あんたクサイよ。
[PR]
by kumatalow | 2011-07-30 19:35 | 日常 | Comments(0)
真田幸村・上/海音寺潮五郎
前から一度幸村の人生の歩みを知っておきたいと思っていたので、買いました。

人生の歩みが知りたいなら歴史小説なんて読んじゃいけないんだろうけど…ねえ?せっかくならドラマチックに読みたいじゃない。




アカン、こりゃ、アカン。


何がって…すげえ読みづらい。
変な喋り方してる…。それに、司馬遼太郎の後だと尚の事キツイ。



「〜じゃねえですだに」


みたいな台詞がカタカナを交えながら乱発されるんだぞ!
それは幸村が探索の途中で家来にした赤吉が物凄く活躍して、ソイツがそういう喋り方だからなんだけどね。


この赤吉は本当に可愛いヤツで彼の活躍を見るのは楽しいな。
上巻のほとんどは赤吉の活躍で、幸村はただの恋愛脳という有様。




そう、恋愛脳なんスよ。



私歴史小説読む度に、主人公とオリキャラ女との色恋に関してブーブー言ってる気がするんだけど、コレは酷い!今までで一番ヒドイ!


普通はちょこっと遠慮して、ほんの箸休め程度にしか絡むシーンなかったりするものなのに、幸村と来たら四六時中女の事しか考えていない。



その相手がまたオリキャラじゃなくて実在の人物だからイタイ。



信証尼。


幼名、お松。信玄の娘で仁科盛信の同母妹。勝頼とも異母妹になる。


6歳の頃に信長の長男奇妙丸と婚約(勿論政略)するも、後に破談(勿論政略の都合)。



それからは誰とも結婚せずに尼になったという、恰好の餌食…じゃなかった悲運の人。



他の作家が夢小説ならこっちは妄想カプですよ。幸村×信証尼書いてます!…じゃねーよ!



なんかね、一目惚れしちゃったんですって。
それで何かある度に信証尼なわけ。



武田家が滅びるか滅びないかの瀬戸際に信証尼様は今どうしてるだろうとか、出迎えに出てくれたら嬉しいなとか。


勝頼が一族共々自害して、武田家が滅んだとわかった時も、信証尼様も一緒に自害なされたのかな。とか。その時自分は何も知らずにあんな仕事してたなあとか…ほんっっとうにどうでもいい!



武士の恋愛って確かに萌えるよ。
大事な人を心配するのは悪い事じゃないさ、でも限度ってもんがあろう。



私には武田家が滅んだショックより、信証尼が死んだかもしれないというショックの方がデカそうに見えた。



確かに幸村は父親の後にくっついてただけで、武田家に仕えたという部分では感慨薄く、こんなものかもしれないね。



赤吉を雇ったのも信証尼の安否をひそかに確認する為だったよ。
直属の手下に自分の気持ちを知られるのが恥ずかしくて…もう寝ても覚めても信証尼。





アンタは大谷吉継の娘と結婚するんだよ。だから一旦落ち着け幸村。




因みに幸村という名前は江戸時代後期の作家が勝手につけて呼ばれ始めたもので、本名は信繁っていうんだよ。



幸村の方が馴染んじゃうね。



あと、彼が主体で戦闘指揮を取ったのは大阪の陣が最初で最後なんだとか。

それまでは昌幸と親子二人三脚で頑張るのとか微笑ましい。
うわあああ大阪の陣楽しみだああ!



それにしてもザッと経歴を見るだけでもゲームの主人公には向いてない人だと思うんだけど。



ただ脇キャラとしてなら凄く遊び甲斐があると思う。
真田の特徴とも言える計略とか、城もかなり工夫して難攻不落にしたり。



「武田軍の勇将」ポジションで終わらすのは凄く勿体ないなあー。
[PR]
by kumatalow | 2011-07-30 14:22 | 日常 | Comments(0)
劇場版戦国BASARAーThe Last Partyー
めっちゃ良かった!


めっっっちゃ良かった!


BASARAってすげえな!



まるでカプコンが私の為に作ったような映画じゃないか!
と、思う程私にはウハウハの仕上がりだったのです。


シナリオがものっそ良かったよ。
関ヶ原にあらゆる勢力が集結して争うという単純な構図ながら、ドラマが盛り沢山。もう何から書いていいやらわからない。



みんなカッコイイ。あんなに胡散臭くて毛嫌いしてた筈の家康もカッコ良く見えた!



伊達もめちゃめちゃカッコイイ!ただし、訳のわからん英語が倍増してて何喋ってるかわからなかったぞ。


「XXX…!!ドラゴォン!」


は、かろうじて聞こえた。



幸村もふとしたクール加減が最高。うん、やっぱり皆さん表情を見てるのが楽しいよ!



慶次も良かったしジブリだった。でも連れてるサル吉が(夢吉だっけ?)あんまり可愛くなかったかな。足長すぎ。



そしてやっぱりこの映画の魅力は三成&大谷&小早川でしょおお!



三成が本当に良かったよ。同情も出来るし、悪い所も見えるし。全部引っくるめて輝いてたよ。



BASARAのいいところは対極のライバルを置く事でお互いに刺激し合うというスタンスだよね。


誰かを悪!と決め付けるのではなく、自分から見た正しい事を貫く為に相手を倒す!っていうのは戦国の精神にかなってると思うんだ。


そしてドス黒い役目はあっち側の人々に背負って貰おうという。



スッキリしてるよね。



信長…ホント地獄の沙汰だよね恐ろしいわアイツ。


大谷が光の玉を繰り出しても全然効いてないの。あれはリアルなんだよね。私もBASARA3で同じ目に遭って死んだ事思い出して、二重にせつなかった。



ご苦労様でした、あんこトーストまた食べたいですと言いたい。
この映画がこんなに盛り上がって、最後に涙しそうな程だった一体感は信長がいなきゃ生まれなかったと思うからさ(笑)



オッサンありがとう!



ラストもこのままだったら絆だの仲良しこよしだので終了か?と思わせといて…違うんですよね~。


乱世の解釈も中々いいなあと思いました。



ホントにみんながカッコイイんで!






え?何?小十郎?


うん、いたよ。












比べるのはタブーなんだろうけど、これが無双だったら、実写化で3Dとかやっちゃうんだろうなあ…。


くのいちとか、甲斐姫とかにやたら力入れて可愛いグラビアアイドルを銀幕デビューさせちゃうんだろうな…。


男子はジャニタレでまとめて、棒演技見せられるんだろうなあ…。




映画見たら、BASARA。やりたくなるよ?
[PR]
by kumatalow | 2011-07-28 19:05 | 映画 | Comments(0)
虫歯
歯医者さん行ってきました。最近私雨女じゃないんスよ。ちゃんと晴れるんです。
何の障害もなく普通に歯医者さんにたどり着いて、予約なしの飛び入り治療を受けてきました。


なんだかちょっとややこしくて、上の奥に親不知ができてて、でも原因はそれじゃなくて、親不知の一個前の歯が虫歯になってたんですね。

あとは、歯の磨きすぎというご指摘を受けました。年齢の割に歯茎が下がっているので、磨きすぎも知覚過敏のもとになったりするんだってさ!

ちゃんと削ってもらって、次回で完了します!たった2回で済むんだーやったあ★


歯医者さんって治療の最後にサービスで歯石取ってくれますよね。その時に先生、あろう事か機械をわざわざ口内炎の上にあてやがるのですよ。


いってえええええええええ!!!!!!!!


これがどんな治療よりも痛かった。親不知抜く方がマシ。



歯石取りながら「あ、口内炎ある」とか見つけてくるし。しかも取り終わった後尖った機械で「ここに口内炎あるの知ってた?」とか言って突いてくるし。


イッテエ!バッカ…やめろ!!!ドSかお前は!!!!


それを除けば大満足の治療でしたよ♪いつも行く度に思うんだけどやっぱり歯医者は早めに行かないとダメやね。
いや、私は今回用事が立て込んだだけで、行けるものならとっとと行きたかったですけどね。
皆さんもお早めに!



んで帰りはCDをレンタルして、噂のHMでから揚げ弁当買って食べたわけですよ。いやー痛くない歯でご飯食べるの楽しい~。



e0098054_12521529.jpg






普通に美味しかったよ。ずば抜けて…って程ではないけどさ。



最後に今夜はBASARA映画見る!今日のくま太郎は忙しいんだぜ!!!!
[PR]
by kumatalow | 2011-07-27 12:52 | 日常 | Comments(0)
はにゅうさん御逝去
姉が飼っていたハムスターの「はにゅう」が死にました。


ハムスターとしては大往生だったと思います。
最後の方は毛が抜けてハゲ散らかしちゃって、毛が無いせいなのかあちこちケガして血を滲ませる日々。
エサ箱に入れないから薄い銀皿に変えて、完全バリアフリーでも足がおぼつかないという有様。




エサ箱をひっくり返す音を4時頃父親が聞いて、その2時間後に死亡しているのを母親が発見したそうです。



はにゅうは「毛のついた動物が欲しい」と言う姉に付き添って、近所へ買いに行ったんだよなあ。




じゃあ明日買いに行くかっていう軽いノリで行った割に、生まれて初めての「毛のついたペット」に家族一同大興奮だったんだろう。


とにもかくにも、老衰っぽいので安心?っていう言い方はおかしいか。


上手く育ったんだなあと。


いっぱい癒されました!はにゅうありがとう!
天国で気ままにやってくれ!




私もÅlicёの真似をして、はにゅうの思い出を貼っときます☆




e0098054_2139596.jpg

e0098054_2140074.jpg

[PR]
by kumatalow | 2011-07-23 21:40 | 日常 | Comments(0)
リアル北条くん
店のエスカレーターで男同士がフレンチキスしてるの見ちゃった。


完全に二人の世界。後ろに私がいる事絶対に気付いてないんだろうなあ。


ボロボロのリュックに二人ともヒゲ生やして、一見地味な二人組なんだけど。後ろの人が甘えるように顔を寄せ、ちゅっ!



前の人は愛おしむように後ろの人の頭を後頭部から抱き寄せてなでなで。



そこらの恋愛依存症カップルよりとっても幸せそうに見えました。



って、ゲイって決め付けちゃったけど、ただのスキンシップだったりしてね。
[PR]
by kumatalow | 2011-07-22 19:03 | 日常 | Comments(0)
美容院で新人が当たったんだが俺はもう限界かもしれない
水曜日に美容院行ってきました。
いやはや、一時は台風の影響で自転車で5分の美容院に辿り着けるかどうかさえ危ぶまれていたのだが。


どうにか無事に行ってきた。いや、と言うか台風がショボかった。助かった。



私は髪の毛が伸びるのが恐ろしく早い(エロとか言うな)ので、かなり短めに切ってそこへトドメのパーマを無茶苦茶かけてきた。


お蔭様で、アラレちゃんに出てくるガッちゃんみたいになったよ。


当初はデジタルパーマを希望していたので、送ってくれた父親(←台風の釣りにかかった立派な犠牲者の一人w)にわざわざコンビニに寄って貰って、二万も下ろしたと言うのに、美容院のお姉さんとよく相談した結果普通のパーマになって8400円でカタがついた。



だってデジタルパーマって短い髪でやると地肌が熱いんですってよ。
堪えられるかよそんなもん。焼け死ぬわ。



電話で「ご指名はございますか」と聞かれる時、私はいつも「ございません」と答える事にしている。
指名したところで確固たる希望を伝えるでもなく、雑誌を指さしてこの通りにしてくれたら誰でもいいわが信条なんです。




そしたらその日は新人の女の子がいらっしゃって。



午前中は私以外のお客さんいなくて。



モルモット決定です。


専門的な作業はチーフのお姉さんがやって下さいましたが、パーマ液が顔にかからないようにタオルを巻いてクチバシで止めたりする雑用になると、新人さんの出番。



この新人さんは声小さくてほとんど何喋ってるかわかりません。


手つきもか細い。タオルを巻く動作に何度も失敗し、フニャフニャとしてる割にはずり落ちたタオルを半ば強引にクチバシで繋ぎ止めてしまいました。



いいスか?タオルは、ずり落ちたままなんスよ!


目の上らへんの視界がほぼ茶色(タオルの色)の状態で、私は雑誌を読みふける。

ズル…ズル…と着実にタオルが下がってくる感触。
狭まる視界。

どんどん垂れる私の目。



チーフは新人さんに仕事させたいらしく裏へ引っ込んで出てこない。


タスケテ。タスケテ。タオルデマエガミエナイヨ。


あまり嫌味な事はしたくないが、背に腹はかえられん。私は人差し指でタオルを押し上げながら、雑誌を読んだ。



どうだ?客に手をわずらわせておいて、これでも黙っていられるか?




「あ、緩んじゃいましたか…」



気付いてくれたのが新人さんだった。
む…お前か…とか思ったけど仕切直してくれるならこの際誰でもいいや。



驚いた事に新人さんは一回目で何も学ぶ事なく、同じ手順、同じ手法でタオルを固定してくれた。



あ…待ってくれ…行かないでくれ…私にはわかるんだよ…コレはまた落ちてくるぞ…。



同じ姿勢でずっといるせいか何だか気分も悪くなってきた。
吐きそうに気持ち悪い。朝ドーナツ食い過ぎたかな。



そしてそれから10分もした頃に「お待たせしました」と、ほぼ顔が隠れている状態のところへまた新人さん来てくれました。




「お流ししますね」



ヤターーーー!!



お流し大好き!美容院に行く最大の楽しみはやっぱりシャンプーでしょ!


今までにも何度も新人さんにシャンプーして貰った事あるけど、みんなシャンプーはみっちりやってるから結構気持ち良かった!



だから私は安心し、上機嫌でシャンプー台に飛び乗った。



顔に布をかけられワクワク、ドキドキ。
あ、お湯が髪に当たった…そうそう…ガシガシッとやってくれ!



シャンプーのポンプを押す音がして、新人さんの手が私の頭をヌルッと一回撫でた。



そしてまたシャワーの音…。




「はい、お疲れ様でした」





お痒いところはございませんか…は…?
全然洗ってないやんけ!!


その後マッサージして貰いました。それは気持ち良かった。良かったけど、作業工程を一個すっ飛ばされたような。何だかスッキリしなかった。



髪型は大満足だったので喜んで帰りましたよ!



それにしても土用の丑だと言うのに、ウナギ一つ用意しないのか我が家は。


ウナギ、食べれんけど。
[PR]
by kumatalow | 2011-07-22 01:30 | 日常 | Comments(2)
雄叫び
なでしこJAPAN優勝おめでとうございます!
見てなかったけど凄いなー!


でもあんな朝の早くから試合してた事、お恨み申し上げますよ。
私11時からの出勤なので、朝は9:30に起きます。世間様は「遅い!」と言うかもしれないけど、朝の6時だったらあと3時間寝られる。

当然夢の中だしすごく気持ちイイ時間なわけ。



「ウオーッ!」



ビクッ。



突如雄叫びが聞こえて一瞬で目が覚めた。
どうやらリビングで親父とお袋がサッカーを観戦してる模様。


それから何かある度に「凄いなー!」とか、「わあ!」とか…。


「うるさい」ってメールしてやろうかとモヤモヤしてるところへトドメの一発。



「ヤッタアアア!優勝やあああああああ!!」





黙れカス(笑)


お袋の小さな声が聞こえる。どうやら自分だけは小さな声で喋り、私に恨まれないように謀ったつもり、らしい。



ナニ?それ?自分だけ出来てたらいいの?違うだろ?早くそいつを止めろよ!
お前の役目だろ!!伴侶め!



それでも試合に決着がついて騒ぎも鎮静化したんで私もどうにか残りの時間を睡眠に使えましたよ。



朝、目覚めは最悪ですわな。
変な寝方をしたせいでスッキリしないし、勝手に瞼が下がっていく状態…。




ドォオオオン!!



ビクッ。



リビングを覗くと、親父が大音量で「影武者」とかいうDVDを見ていたのだ。



朝っぱらから古めかしい黒澤明の映画なんか見るんじゃねえ!疲れるだろうが!


朝は普通のテレビが見たい。


朝は普通のテレビが見たい。


朝は普通のテレビが見たい。




「開けた方が…涼しい…」ゴニョゴニョと聞こえよがしの独り言を言い、母親が勝手に部屋のドアを開けやがるので、直後に閉めて中に引きこもるという非常に器の小さい抵抗をして、私は溜飲を下げるしかなかったのですよ。



もう擦りガラスの部屋なんて嫌だよ!
[PR]
by kumatalow | 2011-07-18 14:03 | 日常 | Comments(0)
扇風機の羽根
今年に入ってからもう三回扇風機の羽根に手を弾き飛ばされました。


いずれも首の向きを変えようとして後ろの持ち手を持とうとすると、何故か羽根が当たるのです。


一回目は小指の薄皮がズル剥けになっただけで血は出ず、ビックリしただけでした。



二回目は昨日で同じく中指から小指にかけてをパーンと弾かれ、外傷もなく「またかあ」という気分。



したらば今さっき。今度は指に気をつけていたら手の平の下あたりをバシッとやられて、流血。



痛い。


ものすごく痛いの、ヒリヒリする。






e0098054_2194179.jpg

[PR]
by kumatalow | 2011-07-17 02:19 | 日常 | Comments(2)
水に棲む花
漫画喫茶で久方ぶりに篠原千絵先生の漫画を読んだ。

私は闇のパープルアイを皮切りに、この方の描く漫画が大好きでよく集めたもんだ。


小学校の頃からだから、年数的にはもうファンって言ってもいいんじゃない?



「水に棲む花」は「天は赤い河のほとり」という長期連載を終えた篠原さんが、一旦中東の世界観から離れて従来の日本を舞台とした不思議な能力に足を引っ張られる学生の設定。を、蘇らせる為に描いたような作品。



楽しくなかったでしょうね。



調べて調べて長年楽しく描き続けたトルコやヒッタイトの歴史に比べ、現代の日本のなんとつまらない事か。



そのテンションガタ落ちっぷりが一巻から伝わってきて、私は続きが買えませんでした(読者も面白くなかった)。



そしたらいつの間にか5巻という短い連載で終わってた。



譲ちゃんがイケメン過ぎて禿げるという意外に特にプラスになる感想が言えなくて残念。


悪玉の出水、ライバルの立夏、敵はたったのこれだけ。
しかも巻を増すごとに主人公六花の影は薄くなり、譲ちゃん主体として物語が進むのです。


超・和風で私好みの筈なんですが…とにかく雑だし上の空だし、この人和風は下手やなと。



ラストもご都合な設定が譲ちゃんの口からポツポツと出始め、女どもは譲ちゃんの恩恵により生かされ、出水がゴミのような扱いで、最後はハッピーエンド!



なんじゃああああああ…。



もう描かしたって!この人にヒッタイトの話をもっと描かしたって!!
頼むそれしか道は無い(涙)



──と、思うほど雑把でした。


霧の森ホテルもどうなったのよ?最終回したの?




ところで漫画喫茶のキャラクターがクソスーツ時代の虎徹に見える。





e0098054_18423615.jpg

[PR]
by kumatalow | 2011-07-16 18:42 | 日常 | Comments(4)
  

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
(1)
外部リンク
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
絵日記・イラスト
画像一覧