<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
琵琶湖博物館
さて、お日柄もよく琵琶湖博物館行って参りました。

本当は京都水族館行く予定だったんですけど調べたら駐車場ないしあまりにも、あまりっにも評判が良くなかったので急遽変更…。

出来たばっかのとこは色々あるよね…とかわかってるけど評判悪いと行きたくないんですよ。あとやっぱり人が多いって、当然だよね。


私の大嫌いな子供いっぱいいるんだろうな。もうね、ホントに嫌い。黙殺すればいいものをこうしてわざわざグチグチ言いたくなるほど子供が嫌い。アカン嫌い。一個も可愛くない。この子はいい子ってわかってる子しか可愛くない。騒ぎ声が聞こえただけで虫酸が走る。


そういう訳でまだしも冷静そうな琵琶湖博物館が選ばれたのだ。

観覧料安いしね。京都水族館あの評判で2000円は取ってたんじゃないか?


私普通に淡水魚が泳いでるところが見たくて行ったんだけど、まあなんていうか、最初はなんか、象の骨とかから始まるんすよ。


入って、横見たら茶色の土壁と化石とか石とか。
あ…もしかしてこういう系かあ…。間違えちゃったかな?って思った。でも水槽楽しみにしてた事とか、期待して損した事とか、相手に悟られるの嫌じゃないですか。いや、何を想像してたの?みたいに言われたらそれこそ一生琵琶湖博物館にいけないよね。

そうやって隠してたんですけど、どうやら相方も同じように思っていたらしいので、急に勢いづいて「なんか違うよね」と叩いてたら、それこそが博物館の巧妙な焦らしテクだったのです。


あったよ、最後に。素晴らしい水槽の数々。綺麗な、珍しい淡水魚たち…。


やっぱり海水と違って淡水魚の水槽はクリアで綺麗なんだよ!
まるで本当に琵琶湖の底にいるみたいに幻想的で、楽しかった!


よく考えてみれば琵琶湖【博物館】だから。水槽だけあるわけないのよ。

まずは琵琶湖の誕生を知ってもらって、琵琶湖周辺の歴史でしょ、そして今現在琵琶湖でこんな研究が行われており、私たちが普段の生活から琵琶湖にしてあげられる事はなにか、それをきちんと考えてそれで始めて生命に触れる事が許される。そういう施設だったんですよ!サカナーキャーきれーカワイーではダメなんだ!バカでした本当にすいませんでした。


いや、最初は水槽が無かったからブツブツ言っていた私ですが、この博物館は展示としては最高峰だと思ったよ。


眺めるだけではなく沢山触れさせて貰えるし、広いし、小学校の社会見学みたいで楽しかったんだ。


私は昔から【昔の暮らし】風の建物に入り込んでノスタルジックな雰囲気に浸るのが好きでね。


まさかオカズの上に被せる傘みたいなヤツが、今じゃあんまり使われてない昔の小道具扱いされていた事にビックリ。うちじゃまだレギュラーで頑張ってますけどー?


昭和に流行った玩具やゲーム機、雑誌がズラリ。


逆に、水槽見てる途中で(さっきの空間良かったな…)などと懐かしがってる始末。


人も全然いなくてリラックス出来てたんだけど、途中から増えてきたんだよね……子供が。


後ろから盛大に走ってくる音がしてゲッと思ってる間に足の間すり抜けられて、お目当ての水槽に一直線。ワーワー家族で盛り上がりながら別動隊が斜め横からまっしぐら。


わかってる、ここは子供が学ぶところ…デートスポットに使用してるチンケなカップルこそ場違い極まりない!ここはこどもの国!子供が王様!


クソガキャアアアアアアアア!!!


魚見て「キモッw」しか言わない女児二人。

鯉の池に自分から近づいておきながら「ちょっ、ケータイ落とすから!ホントケータイ落とすから!あーもう危うくケータイ落とすとこだった!ケータイ…」


ケータイ言いたいだけのヤツとか。


魚見て「食えるん~?」と決まりきった笑いを誘うバカ夫婦。
いや、これは年代関係なく、魚を観賞しに来て食える食えないの話をする人が嫌いです。


苦手なものに包まれて集中できない!!しかも最後にメインディッシュのチョウザメの餌やりを奴等に占拠されるだと!?

まあ、そういう名物シーンに出くわすのが嫌なら行かなきゃいいんですけどね。私もバカだから自分から出向いて行って文句を垂れるんです。
ドMかっつの。



苦手なものほど意識し過ぎて目に入っちゃうんでしょうね。
その日入ったパスタ屋さんでもおバカチックな騒がしいママ友連合にぶち当たりまして、子供はうるさいし母親の注意の仕方がなんか変だったし、店の玄関で記念撮影し始めた時は本気でこの国の行く末を案じたりしましたね。




それもこれもね、ほっときゃいいんですよ…人のことなんだし。


いやー楽しかった!!


あ、画像は無いです…撮るの忘れてて。
[PR]
by kumatalow | 2012-04-23 01:39 | 日常 | Comments(2)
僕達急行~A列車で行こう~
e0098054_091915.jpg

弥富のイオンタウンの入り口に4つくらいラーメン屋さんが出来たらしく、行って参りました。


二分の一はつけ麺のお店なのかな?ともかく私はつけ麺はラーメンじゃないと思っているので、普通のラーメンもあるお店を選択せねばなりません。選んだのはその時丁度空いていた「あっ晴れ」という所。


なんか…太鼓の男臭いBGMを流し、体格のいいお兄さん二人が野太い声で「っしゃあませえ!! 」トイレの前には「気合い」の一文字が染め抜かれたのれん…。うむ、さながら修行に来たようじゃ。


数量限定の塩ジローをご馳走になりました。わたしゃ塩ラーメンが大好きです。塩分過多でそのうち死ぬでしょうね。


うん、美味しくなかった。口にあわなかった。
そもそも、細麺好きの癖に太麺のお店を選んだ私が悪いの。
麺はうどんに使うなんやらを使用と言って、物凄く太くて固くて黒っぽくて噛むのが大変なんです。野菜のボリュームも相当だったから、デカイチャーシューと合わせてお腹に夜中までのしかかるよ全く。
なんかねえ、その麺の歯応えの不愉快さは勿論、食べることの苦痛さ?そして意外なスープの普通っぽさ?

こってりとかも出来るみたいなんではっきりスープが悪いとかは言えないですけど。私はちょっとやっぱり、オンリーワンかつナンバーワンより、ありふれのナンバーワンを食べる方が性に合ってるみたい。


さて、ラーメンの話はここまでにして、例の鉄オタの映画見てきた。


一言で言うとイマイチ。

鉄オタ専用の映画か?と思わせておいて、趣味にこだわりを持つ全ての人と、それらを見下す人々へのメッセージって言うか、一方的な宣言みたいなのが入っててウザかった。

「俺らのことわかってくれなくていいよ。人はそれぞれで、その人になってみないとうんたらかんたら…」


はいはいそうですね。
それ言ったら終わりやで。


こだまとこまちのキャラはとても爽やかでオタクっぽくないさっぱりした感じで、松ケンと瑛太の組み合わせが存外悪くなく、ここまで来といてメッセージがちょっとくどいとか。

後は、話が普通につまらん。

山も、谷も、無い。

電車も、わからん。

わからせる気も、無い。だってそういうメッセージだったから。
僕らの好きな世界に知らない奴は無理に入って来なくていいよってこだまとこまちに言われてるみたいだった。


突き放すくらいなら映画になんかすんなよ。


かく言う私もそうなんですけどね。
自分の趣味は一人で楽しみたい。無理に入ってこられても嫌だし、むしろ私の好きな話題をお前がすんなとか思うタイプです。


ただ、最後にこまち達は彼女と来られたらね~みたいな、希望を一杯持って終わるから、全く鎖国状態ではないんだけどね!


最後になんか監督のありがとう的な直筆?メッセに引いた。
いや、映画のテンションと違うから…やめてよ。何があったかはわかるけど、さ…
[PR]
by kumatalow | 2012-04-17 00:08 | 映画 | Comments(0)
  

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31