<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ケンタとジュンとカヨちゃんの国
一家はバイオで盛り上がる中、私は一人部屋で暗いDVDを見ました。


はい、とても暗くて、つまらなくて、長い物語。


「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」


ラノベか!
まあ私も小説でそんなタイトルつけたけどね、個人的にこの○○と○○と…っていうタイトルは好きじゃないな。





施設で兄弟のように育ったケンタ(松田翔太)とジュン(高良健吾)。ケンタには職場で障害事件を起こして網走で服役中の兄・カズ(宮崎将)がいる。
カズが事件を起こした相手・先輩の裕也(新井浩文)にいじめられながら、ジュンと二人毎日黙々とハツリの仕事に勤しむ日々。

ある日ついに耐えかねたケンタは決意する。「全部をぶっ壊してここを抜け出そう」


ジュンが街でナンパしたブスでバカでワキガの”愛されたい女”カヨちゃんと共に三人は逃げ出した。行くアテも知識もないまま、とりあえずカズのいる網走を目指して。



これはもうお察しの通り、荒波にもがく若造を描きたいんだろうねえ。これでもかという程最悪な状況を作って四方八方固めて、さあどうするかみたいな。まさに据え膳。
客はケンタ達が抗うのはわかってるから、どうやって気持ちよくぶっ壊してくれるのか、そこにどんなドラマがあるのかただ待っていればよい。

こんなに考えなくていい映画はないよ!


非常識でも一種爽快感さえあって良い筈のロードムービーが、こんなに大人しくてじめついてて良いのだろうか。


伝わってくるのは悲壮感と甘えばかり。口ではいろんなことを言いながら、結局だらだらと旅をしているだけで、ケンタ達からは覇気が全く感じられない。やっと手に入れた自由を満喫している様子もない。


その前に彼らは早くも明日の生活がどうなるとか、どこにも行くところがないとか、そんな心配ばかりしている。

口ではなんとでもなると言う。でも表情がいつも薄暗くて絶望してる。



そして、ケンタくんが可哀想なだけの演出。

カズ←ケンタ←ジュン←カヨちゃんっていうベクトルなのはわかるんよ。
ケンタは兄貴が頼りでとにかく兄貴に会えばなんとかなると思って行動するし、ジュンはケンタがいないとなんにも一人で行動できないし、カヨちゃんはジュンに愛されたいからどこでもついてくし。


という設定はあるものの、用意されるのはひたすらケンタくんの悩みとか、痛みとか。



ジュンがなにを考えているのか全くわからない。ケンタくんが劇中しつこく「俺とお前は違う」って言うけど本当にそうなんだよ。


で、最後兄貴と会った後、失意のケンタくんがとった行動が……それですか?

壊すって、そういうことなの?
なんか、お前たちにハングリー精神はないの?甘ったれんじゃないよ…って思っちゃった。


つまるところこの映画の言いたいのは、


「どうあがいても、絶望」



ということでした。若者を主軸にしておきながら未来閉ざしやがって何事だよ。


それも全てを出しきった上での絶望ならわかるけれども、まだまだこれから、なにも抗ってない段階で終了されちゃあ。


まあ、リアルなんかな?


リアルとも言いきれないのは銃で撃たれたケンタくんが元気に朝方まで生きてたり、ケンタくんにぼこぼこにされた人達が朝方にはいなくなってたり、裕也死んだと思うんだけど指名手配の気配がなかったり。





そんな張り合いのない暗い若者の映画でしたが、私はもう新井浩文さん、松田翔太さん、多部未華子ちゃんの椅子トリオが見られただけで超~満足!

多部ちゃん本当に可愛い!
演技も好き!



あと、カズ役の人がなんか宮崎あおいに似てるなあ。見れば見るほど似てるじゃないかとずーっと思ってたら……



実兄かよ!


e0098054_20295980.jpg

[PR]
by kumatalow | 2013-01-27 20:30 | DVD | Comments(0)
ハードロマンチッカー
しょうもない暴力ものにしちゃ面白いと聞いたので借りてきた。ハードロマンチッカー。


e0098054_1440652.jpg




汚い液晶撮り。


監督の半自叙伝的な……っていう情報をもっと早く入れておくべきだった。私そういうの嫌いなんだよ、監督の自分語り。
経験に基づいた創作、キャラ作りとかならわかるんだけど、まんまお前の昔話やん!名前も!一緒やん!っていうの無理。品川のドロップとかね。



あらすじを説明したいところだけど、あらすじって、これ、無いよ。


下関に住んでるグーっていう名前の金髪の在日韓国人が喧嘩しまくる話。


本当にそれだけ。そもそも、物語に何故グーが絡んできたのかが不思議なくらい。

監督がそうだからって、在日にする必要があったんだろうか。申し訳程度に「チョン」という差別用語を吐かれる場面はあるものの殴ったら終わりだし、演じてる人日本人ばっかりだし、みんな日本語だし、シェアハウスに宇宙人が混ざってるくらい意味ない。


そして説明不足。



どうしてグーの祖母がヤクザと知り合いで、そいつが死んだら葬式まで出向く程親密なのか、最後の銃声がなんなのか、突然の交通事故はなんだったのか。


中村獅童はどうなったのか。



説明する気がなくただ暴れ回るバイオレンスを描きたいにしちゃ、実はピュアなものに惹かれて……みたいな一面も見せてきて、それもすぐ終わってまた喧嘩。


まあワルとピュアは切り離せないと私も思ってるよ。昔からの伝統だよね、はい。


だから薄っぺらいままじゃ映画にならんから、「あの頃の俺ガラスみたいだった。尖ってて、脆かった」的スケベな演出で盛ったんだよね。


つうか、あまり自慢できない過去をよくイケメン使って映像化しようと思いましたね。


黙って見てるぶんには面白かったよ。夢中で見たし。ダーク・シャドウより面白かった。



グーの暴れっぷりも嫌いじゃない。


私は見れる。大丈夫だった。


が……しかし、松田さんも見ない方が的なこと言ってたけど、女性には相当……きつい……。



女の子の扱いが酷い酷い…。
怖かったわああ……。唯一のヒロインはグーの祖母だからね……。


あと、今は懐かしい川野直樹さんが見られて良かった!
彼、滝沢と今井翼と肩を並べてたJr.だったけど、辞めちゃって普通の俳優になったんだっけ…か?(後半消極的)

怪奇クラブ見てたよ……一番好きな男の子だった。友達から雑誌の切りぬきを貰って大事に引き出しにしまっていたのはいい思い出。やっぱり好みは変わらないんだな……なんか好きだなあと思ってたら川野さんだったよ。

少しふくよかになられて、私の友達のスッピンに似てるんだけど、川野さんこれからも頑張ってください!


遠藤要さんもかっこ良かった。




最後に、一本のDVDを一緒に探してくれた店員さんありがとう。
伝わらないかと思ったけどタイトル言った途端「あっ!結構出てます!」とのことだったので、それなりに人気があるのかな?



まっ、でも、駄作かな★嫌いじゃないよ。
[PR]
by kumatalow | 2013-01-23 14:39 | DVD | Comments(0)
所轄刑事8
金曜プレステージ「所轄刑事8」。

何気なく見たけど、クソつまらないことこの上なかった。


それは、刑事ドラマ飽和状態で今更なにしても見飽きたとか、普通警察はこんなもんじゃないでしょという型破りなキャラ設定とかが原因ではなかった。

現にこのドラマは既にシリーズ8作目を迎えており、新進気鋭の勢いで作られた作品ではなく、型破りなキャラ設定は相棒という大型刑事物で大変好評なので言い訳にはできない。


なんかなあ、これって、好き嫌いなんかなあ。

キャストも問題なんだと思う。



船越A一郎ってヤツはどうしてこんなに演技が臭いんだろうな。


「あッれぇえ~餃子全部食べちゃッッたのぉお!?」



「させるか、ッよおお!」



これでいいの?みんなはこれでいいの?


こんな、演技頑張りたい気持ち先行型のやり過ぎる新人俳優みたいな演技を、ベテランのおじさんがしてもいいの?


きっと、今まで誰もお前はちと下手であると、言ってくれる人がいなかったんだ。
二世だから。自身の人柄もいいから。


自分の中では日々鍛練なのかもしれないけど、結局採点するのは自分だから甘々になっちゃって年を食ったんだ可哀想だ。


彼の演技はもはや捨てメダル。いくらばらまいても決して価値のない捨てメダル。


だけど秋山が捨てメダルをまた生き返らせたように、これからもそのオーバーリアクションやめて、今までの自分のやり方捨てたらきっと上手くいくよ!


余計なお世話だね。



勿論A一郎だけが足を引っ張ったのではなく、A一郎を筆頭に色んなウザいのが重なって共倒れになったのが痛かった。


散々アツコさんとらの思い出で引っ張ったわりには犯人は後半から突然出てきたそば屋のオヤジかよって話。


トリックより事件より、船越が食べ歩きしてたり、同僚とキャッキャしたり、ツンとお澄まししてみたり、船越に萌えて欲しいみたいな演出の方が力入ってるなと思った。


ここまで来て主役の名前も思い出せない。ずっと船越、船越、船越…。


つまり彼は何をやっても船越なんだよね!
[PR]
by kumatalow | 2013-01-19 00:57 | テレビ | Comments(0)
休みが終わってくやないか
昼まで寝て、起きて、ラーメン食べて、あったかい部屋でパソコン開いて…絵描いて。


たった一人、部屋で家族の帰りを待ちながら悠々自適に過ごす。

だからこそ、今日がいよいよ終わろうとするこの時間帯は恐怖で落ち着かない(二日行けばまた休み)。

さて、(私にしては)沢山絵描いたよー。




e0098054_1972813.jpg



オリジナル小説。「アダムとイヴとニューハーフ」の主人公アダムとイヴ。他三人のニューハーフとシェアハウスEDENで暮らす~…説明しだすと長いからやめ。



e0098054_1995899.jpg




これもオリ小説の主人公二人。昼ドラ顔負けの痛い夫婦。



e0098054_1912775.jpg



ユウ&ユウ。原作のフクナガはガヤでも頼れるお姉さん。遠くの方でアホ面で座ってるのは篠宮ユウ。



e0098054_19134395.jpg



オリ小。人の記憶にシンクロできる超能力を持つ二人。柏木司(31)と、若村沙希(18)。一番頑張ったのに主役二人から見事に総スカンを喰らい、あえなく失恋。名前は源氏物語から拝借。



e0098054_1918016.jpg




オリ小コラボ。優太くんとメグミちゃん(ニューハーフ)。なんか後ろきったない。



e0098054_19183971.jpg




タイトル「極楽浄土」


これはもう2009年くらいからたらったらったらったらっ描いて塗ってやめて塗って、今日やっと完成しました。つっても、昼寝してるだけで、紙も傷んでしまった…。



今日はオリ小多めだったから、次はまたオリ仏像描きたいな!


もうコピックが悲鳴あげとる。



有意義な一日だったが、ライアーの特典を見忘れたので、それはまた次回のぼっち休みにとっとく。楽しみが増えるって素敵。
[PR]
by kumatalow | 2013-01-17 18:59 | 日常 | Comments(0)
  

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31