<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
多忙な午前中
 母の日のプレゼントの金下ろしにコンビニに用事があり、新しいキャンパスノートと戦国無双4-Ⅱが欲しかったから、近所の書店までチャリンコで行くついでに自転車屋さんに寄って、500円点検をして貰うという、ついでについでを重ねた多忙な午前中を過ごした。

 昔住んでいた町の自転車屋は勝手に点検して勝手に金をとるというアコギな商売を売りにしていたが、今住んでいる町の自転車屋さんはもっと若くて、感じの良い大人しい夫婦が経営している。こちらが恐縮してしまうくらいの親切価格で丁寧な仕事をしてくれるのだ。もちろん自転車を大事にしないクソ町民の為ではなくて、自転車が好きなんだろうなあと、そういうオーラが伝わってくる人だ。

 雨風に打たれ、あちこち錆びまくったボロボロ自転車のメンテナンスをたったの500円で済まそうとしたわけだが、やはりプロ的にどうしても気になる箇所があるようで、ちゃちゃっと点検の筈が、料金の範囲を超える修理をしてくれたのだ。

「じゃ、その間にコンビニ行ってきますw」

 道路を渡って正面にあるファミリーマートに暇つぶしに行くクソ町民。ジャンプ読んで戻ってきたら、「あと少しです」とにっこり。

 おわかりいただけただろうか。

 親切丁寧なだけでなく、修理スピードも尋常ではない。見た目で自転車が蘇ったのがわかる。それでも──それでも彼は、500円しか取らないのだ。良心的過ぎてもっと金を払いたくなる。何故なら経営破綻して欲しくない。余計なお世話である。

 元気になった自転車にまたがったクソ町民は、意気揚々と書店に向かう。心なしかタイヤが硬く感じる。かごの中で、コンビニで買ったオランジーナがぴょんぴょん跳ねる。風が気持ちいい!

 あっという間に書店に着いたクソ町民は、お目当てのノートと戦国無双を買って、ここ最近出せていなかったスピードで家路に着く。

 部屋に帰り、片付けも済んだクソ町民は、喉の渇きを潤そうとオランジーナに手を伸ばした。緩めた瞬間蓋の間から、オランジーナが勢いよく溢れ出す。慌てたクソ町民は片手で溢れを押さえようとしたが、液体の放出に五本指ごときが敵うものではない。びしゃびしゃとガウチョの上にオランジーナが振りかかった。

 満身創痍の自転車の手術代を500円に収めようとし、なおかつ見守りもしないでコンビニへ遊びに行った報いかもしれぬと、私は甘んじて受け入れいた。そう、クソ町民の正体は私だったのだ。

 そういえば冒頭にて、あたかも用事を上手に紐付けして制覇したかのような書き方をしたが、最大の目的である『100均で弁当箱を買う』というミッションをど忘れして失敗に終わっている。
 ゲームでは石田三成が早速ゲイの匂いを発している。その姿をぼんやりと眺める私の膝下からは、オランジーナの匂いが発せられていた。

 今日もいい日だった(強引)

[PR]
by kumatalow | 2017-05-16 00:27 | 日常 | Comments(0)
カモシカパラダイス
 カモシカパラダイス。何とも可愛い響きである。GWの子ども集客を狙ったかのような気さくなポスターで、行ってみたら内容は結構ガチだった、というのがMieMu(みえむ)こと、三重県総合博物館だ。私はまだ恐竜のやつと今回がたったの2回目だが、行くたびにMieMuの本気に感心させられる。

e0098054_16353032.jpg

 入ってすぐにびっくり。パンダ……だと? あれだけカモシカを謳いながらパンダ? 超リアルな2頭のパンダのはく製が我々を出迎える。彼らはカンカンとランラン。名前くらいは聞いたことがあるだろう。中国から送られて、瞬く間に空前のパンダブームを巻き起こした立役者。どちらも私が生まれる前に亡くなっているにも関わらず、私も名前は知っていた。しかし何故ここでパンダなのだろう。実は、物々交換ならぬ動物交換で、日本からはカモシカの辰子と太郎(名前のセンスには目を瞑る)を中国に送っていたのだ。これは初耳だった。

 つまり、カモシカという生き物が日本の動物を代表して(映像ではフンボルトペンギンも一緒にいたようだが)、外国に送る価値があるということ。じゃあそのカモシカは一体どんな生態なのか、というところから資料を展開させていく段取り。自然な流れに感動した。ただあるものを並べるんではなくて、起承転結ができている!

 ちなみに補足しておくと、ガチなのはカモシカの生態を伝える情熱に関してであって、けして子ども様に敷居が高いというわけではない。むしろ子どもたちにも一生懸命伝えようとする熱意を感じた。手渡されたワークシートはちょっとしたクイズ形式になっているし、カモシカの蹄の中心がわかる手作りの手袋、ボールを入れると正解から玉が飛び出すボックス……子どもは好きだと思う。私もワークシートと鉛筆片手に夢中で答えを書き込んだとも。出口付近に答えが全部書いてあるのは答え合わせの為である。けして白紙でダラダラ歩いて最後に書き写す為のものではない! 断じて!

 さて、カモシカは何科でしょう。①ウシ②イノシシ③シカ

e0098054_16362244.jpg

 正解は……

e0098054_17440553.jpg




 ①番! 唯一の野生のウシらしい。てっきり山羊かシカかと思うような小柄で華奢なフォルムだが、言われてみればウシっぽい表情するかもしれない。


 山でばったり出くわした時など、小首を傾げる姿から山の哲学者と呼ばれているとか。こんなのと山で遭遇したらもののけ姫の世界なんだろう。

e0098054_16355369.jpg


 世界にはもっと巨大なウシっぽい連中も。ガラスが反射して酷いことに。

e0098054_16342697.jpg

 これだけカモシカの魅力を伝えて注意を引きつけておいて、最後に絶滅危惧を訴えるなんて……憎い構成だ。いや、でも大事なこと。上野動物園に送られた北京動物園からの手紙もそうだけど、動物を守っていくという行為は国境を越えた信頼を生む効果もあり、ニホンカモシカが絶滅したら、国のカラーがひとつ失われるような気分だ。守っていかにゃならんと思う。売店で指定された商品を買うと寄付金になる模様。買わなきゃいかんでしょ。買うべきでしょう。


 と、思っていたが冷凍商品だったから……家遠くて、買わずに、帰ってきちゃった……。カモシカのみんな、元気で……。

 しっかり生きてぇ!! 

[PR]
by kumatalow | 2017-05-06 17:51 | 日常 | Comments(0)
石田三成風はさみ
 かれこれ3週間ほど前のことになるけれども、関ケ原にて甲冑体験(の付き添い)に行ってきた。

 関ケ原町の関ケ原に対する情熱と力の入れっぷりは並々ならぬものがある。電柱に武将の説明書きがあるなんて、散歩したくなる町じゃないか!

 お昼ご飯はここ。古い印象でも中は活気があります。関東と関西の両方の味が楽しめるぞ!

e0098054_02322843.jpg

 ちなみに親父とお袋。お袋ちっさくて可愛かった。

e0098054_02283503.jpg


 こんなお土産を見つけた。
e0098054_02284510.jpg
以前バス旅行で訪れた関市は刃物が有名で、そこで作ったハサミなんだってーしかも三成仕様のオシャレデザイン! 一目惚れ!!

 試し斬りじゃ……いざ。

 サクッ

 と切れるぞ。まあ新しいからだけなのかも知らんが。

e0098054_02282265.jpg


 三成グッズを見つけると、どうでもいい物まで買ってしまうサトミッチであるが、ハサミは珍しく実用的だと思う。

 関ケ原町に売ってるよ!

 私が行った時は期間限定で、お土産1000円以上でお抹茶とお菓子がご馳走になれた。土産代考えると高くついてるのかもしれないけど、町民一丸となったおもてなしに癒やされました。

e0098054_02323910.jpg




[PR]
by kumatalow | 2017-05-06 02:30 | 日常 | Comments(0)
  

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31