【伊坂幸太郎】陽気なギャングの日常と襲撃/三つ数えろ
「陽気なギャングが地球を回す」の続編があったとは知らなかった。立て続けに2冊読んでしまった。

■陽気なギャングの日常と襲撃

 ギャングたちのそれぞれ独立した小さな事件を扱った短編集の前編と、いつものように強盗から事件に巻き込まれていく後編とに分けた構成になっている。

 もちろん後半の事件には前半で起きた小さな事件がそれぞれリンクしていて、ひとつに繋がっていくのを楽しむところ。

 私はすっかり世界観の虜になったのだが、きっかけは絶対地球を回すより日常と襲撃だな。強盗をしていないときの彼らの私生活が、(特に目新しいことはないのだが)読んでいて楽しかった。

 あと、一作目に比べて響野の面白さが格段にレベルアップしている! 特に久遠とのやり取りが秀逸過ぎる! あまり笑うことないんだけどひとりでずっとニタニタしてた。


⬛陽気なギャングは三つ数えろ

 二作目から九年後に書き下ろされた続編。物語の中でも年月が経っており、慎一は大学生になってるし、タダシは就職が決まった。

 実はこういうのが苦手だ。上手くは言えないが、独立した世界観と面白さを築いている物語は、俗に言う「サザエさん時間」で楽しむのが一番いいと思っている。

 案の定作者も「銀行強盗を楽しく描いていいのか」とか「自分の考え方も数年で変わった」とか歯がゆいこと言ってて、これはもしかして期待外れなんじゃないかと恐れを抱いたが、まあ、普通に面白かった。作者コメントもこいつらはこれでいいんだ、という結論に達した旨が書かれていてホッとする。

 内容は大学生になった慎一がバイトするホテルにて、偶然出会った記者を暴漢から助けたことをきっかけに、強盗であることがバレかけていつものごとく巻き込まれていく物語。年月は経っても成瀬は成瀬だし響野は面白いし雪子もクールで久遠も若々しい。数年経たせた意味あるかな? というくらい。

 個人的に二作目を超える勢いではないけど、相変わらずで嬉しかった。是非四作目もお願いしたい。できたらこれ以上の時間経過はナシで。



 ところで成瀬がコンタクトをとる田中という男が本当に凄くて、合鍵作ったりデータ盗んだり情報持ってきたり。彼の働きなくして事件解決は有り得ないレベル。最終的に金で全ての情報を引き出す33分探偵を彷彿とさせる。

 細かいロジックにはこだわらない緩さが私には合っているみたいだ。
[PR]
# by kumatalow | 2017-02-13 18:19 | 書籍 | Comments(0)
【羽田圭介】コンテクスト・オブ・ザ・デッド
 初羽田圭介。彼のことは作品で、というよりテレビのバラエティで知った。芥川賞受賞という栄光を手にしたにも関わらず、話題は同時受賞した又吉直樹に傾きがちで、売り上げに少なからず差が出たのだとか。バラエティ対応力があるのか台本だったのか定かではないが、はっきりと「本買って!」と嘆いていた彼に好感を持っていたのは確かだ。好感を持ったくせにスクラップ・アンド・ビルドをスルーした私は、彼からしてみりゃ一番タチが悪いタイプだろう。

 今作を読むに至ったきっかけは、まず装丁が派手だったから。何じゃこれは怖い顔。と覗き込んだらゾンビものだって。へえ面白そう。え、羽田圭介って芥川賞の人? 芥川賞の人ってゾンビとか書くんだ読んでみよう……。予想だけど、出版側がこうやって売り出していこうと想定した道をまんま辿った気がする。

【あらすじ】

 突如街中に出現した青白い顔をし、人を噛み、時に食べる人間。変質暴動者いわゆるゾンビ。世界中でにわかに増えだしたゾンビの存在を認識しながらも、人々は生活を続け、やがて流されるように安住の地を目指す。市役所の職員、女子高生、小説家志望の青年、返り咲きを狙う小説家、復活した人気作家、編集者。それぞれの視点から描くゾンビサバイバル。



 言いたいことはすごくわかる。結局ゾンビっていうのは大きな意味での例えで、この際襲ってくるのはゾンビじゃなくてもいいわけで。ただ死からの蘇りだと一番ゾンビがイメージしやすい。携帯電話の普及によって他人の意見も簡単に自分の意見にすり替えられる。大多数の意思を簡単に手に入れることによって、あたかも自分で考えたように脳が勘違いをする。そもそも自分で持っていたものなど何もなく、過去を踏襲することで自分の保身をはかったりする。
 思考停止=死んでいると同義。→そういう人がゾンビになる。


 というテーマを、読み終わってみると頭のてっぺんから足の先まで描いていたんだということに気付く。なるほどとも思うし、複数の登場人物の動きを追うのは読み応えがあった。が、肝心の登場人物がわりと浅い。作家や編集の場面はみっちりと書き込むが、市役所員や女子高生のくだりは凄くあっさりしててムラがある。

 後半Kと須賀が静岡に行く展開から物語はいよいよ混沌を極めるのだが、この辺りからいよいよもう全員作家か作家志望で固めりゃ良かったのになという内容になってくる。当てはめたいテーマと盛り込みたい要素と、一応話作りの定石で用意した人物たちとのバランスがとれていない。文藝について語りたいのか、それとも作家に限らず人間に対して警告しているのか、どっちもなんだろうけど。

 作家としての感情しか知らない人が書いた群像劇風文藝論と人類への警鐘。何とも言いがたい作品という印象を持ったけど、きっともっと奥深いところまで考えて書いてるんだろうなあ。

 頭が及ばなくて無念だ。

[PR]
# by kumatalow | 2017-02-03 02:05 | 書籍 | Comments(0)
【伊坂幸太郎】陽気なギャングが地球を回す
 やっと読めた!

 4人の特殊能力かつ個性を持った銀行強盗たちが、盗んだ金を他人に奪われ、取り返そうと首を突っ込んでしまったことにより、事件の謎を突き止めてしまう軽妙痛快時々しょうもないライトミステリ。

 何も考えず頭空っぽにして読める。感情移入なんて必要ない。こいつらすげえなあとか、馬鹿だなあとか、他人事のようにニヤニヤと世界観を楽しめばいい。感情を豊かに描かない、人物を記号みたいに扱う小説はあまり好みではないのだけど、この人たちはとにかくお喋り。4人でひたすら会話の応酬を繰り広げる。ドラマもそうだけど台詞量、掛け合い量の多い作品は面白い。くだらないやり取りのようでいて、それが彼らという人間を掘り下げる手段になっている。

 また私は「庶民的な悪党」というものにもの凄く興味を示すタチで、表ではバツイチの親父であり主婦である。4人が初めて出会ったのが映画館というエピソードがそれをよく表していて大好きだ。

 ただ、伊坂作品を立て続けに読んでいくと、大体が同じ流れというか、事件の規模や出てくるキャラも似ていることが多いので、新鮮というより伊坂節だなと感じた。読み慣れた人が読むと味気ない思いをするかもしれない。

 ちなみに映画版は妙な恋愛設定を入れていたようだが、原作はそうではないとわかって良かった。実写オリジナルって本当にいいことがないな。
 続編も買った! 早く読みたいな( ´∀`)

[PR]
# by kumatalow | 2017-01-26 22:33 | 書籍 | Comments(0)
ザ・コンサルタント
 予告を見た時から見たくて見たくて。

 予告の雰囲気では敏腕金融コンサルタントクリスチャン・ウルフが実は裏の顔を持っていて、悪い奴ともずぶずぶで、頭脳だけではなく殺しの腕もプロ級! という悪の一面を全面に押し出したものだった。裏のヤバい連中に近づき率先して金を動かす彼の目的は?

 ある大企業でひとりの経理担当デイナが発見した不備に、正式に会計士として呼ばれたウルフがさらに不正を詳しく暴き出したことで死人が出て、ウルフとデイナまでも巻き込まれて命を狙われたりし、同時進行で彼の正体を突き止めようと動く人々も描きながら、散らばった物語のピースがかち合っていく。


 当初の期待と比べるなら、「期待外れ」という言葉が妥当である。私は主人公ウルフのことを、狡猾で自分の儲けの為に悪を騙す腕を持っている会計士だと思っていたからだ。もっと手軽に表裏を体感できると思っていた。

 実際は、主人公ウルフは高機能自閉症であり、強靱な肉体と格闘術、さらに射撃の腕も軍人である父が彼が社会で生きていけるように教え込んだものだった。過去の登場人物を一旦バラバラにして、繋げるやり方が本当にパズルのようで見ていて楽しかった。お金の流れがよくわからないから難しくて理解できないところもあったけど、ウルフの持つ愛情だけで結構見れた。格闘も素晴らしかったしね。ヒロイン? まではいかないけれど確実に彼のオアシスだったデイナも可愛い。さらにウルフの弟役にウォーキングデッドのシェーンが! めっちゃ演技上手、モニターを眺めている時の微妙な顔つきもそうだし、悪逆非道な行為をしている時のわかりやすい表情も良かった。

 ただ一点文句があるとするなら、ウルフが夜の9時50分から10時まで行う轟音ロックとフラッシュチカチカの謎鍛錬だ。おそらく彼の精神を揺さぶるものに立ち向かう、昔からやってる弱点克服の大事な時間なのだろうけど。轟音ロックも許そう、セルライト潰してる女子みたいな鍛錬も許そう。でもあのフラッシュチカチカだけは殺意が湧いた。


 眩しくてポケ●ンどころの騒ぎじゃない。目の弱い方本当に気をつけて欲しい。

[PR]
# by kumatalow | 2017-01-26 20:34 | 映画 | Comments(0)
【月刊MEN】松田翔太※尻注意
 届いたぞ~。火曜日って言ってたのに月曜日に届いた。でかした!

e0098054_21225268.jpg

 松山ケンイチくんの写真集を久しぶりに眺めながら、そういえば松田さんは若かりし頃とかに出してないのかな? と試みに検索してみたら、月刊MENしかヒットしなかった。しかも、やたら評価が低い。

 どうやら松田さんが女を飼っている設定になっているらしくて、ちょっとSMチックというか、変態みたいな役(と言っていいのか)をしてるらしいことが判明。レビューを見るとみんな揃いも揃って「女の尻が不快だ」「こんなものが見たいんじゃない」と言う。

 またまた~ケツったって大したことないでしょ?

e0098054_21253241.jpg

 ああ、ケツだね。どうもありがとうございました。これより酷いケツの写真が山ほどあります。

 肝心の飼育している部分も、ひたすら松田さんが思わせぶりに鎖握ってるだけなんで、別に。
 写真家としてお馴染み、蜷川実花さんが撮ったらしいけど、どうしてこんなことになったんだろうね。

 ちなみに私がいいなと思ったのはこれです。

e0098054_21232066.jpg

 ずっと鳥と映ってれば良かったのに。女の尻より鳥の尻の方がずっとキュートだぞ。松田さん出来上がった写真を一度は見ているかと思うが、どうかすると自分より尻の方がインパクト大になってしまっていることに、どのような感想を抱いただろうか。

[PR]
# by kumatalow | 2017-01-23 21:27 | 書籍 | Comments(0)
憤怒そして自業自得
 今朝は朝から雪がちらついていたが、余裕の私は自転車で行けるように準備を整えていた。

 何しろ自転車で4分徒歩8分の強みがある。どう転んだって遅刻なんてするわけがないと奢り高ぶり、いつもの習慣で仮眠をとる。この時点で雪はほぼやみかけていた。

 仮眠から目覚めてシャッとカーテンを開け、愕然。びょうびょうと雪が舞っているじゃないか。時計を見る。5分で行けるように計算して仮眠したから、自転車では間に合うが徒歩では厳しい。

 …………なぜ、こんなことになった…………。

 ドクドクと速まる心拍数。私の瞳は壊れた時計の針のようにチカチカした。

 自転車で行ってしまうか──悩んだのも一瞬のこと、私は走りだした。頭の中で「ちょっと遅れますぅ~」と会社へ電話をしているらしき自分の声を流してシュミレートする。

 既に観念しているのに足がドタドタ動く動く。ハァハァいいながら全身に雪を浴びて辿り着いたら普通に間に合った。


 間に合っただけではなく、やんだ。

 だるい両足で職場の床を踏み、私は恨めしげに外の景色を眺める。休憩は家に帰ることにしてるのに帰れなかった! 憤怒そして自業自得。

 こういう判断力のなさがいざって時に災いし、パニック映画で序盤に退場するタイプなんだろうなと思った。

 帰りに買いたい物があるから自転車で行きたかった!


 憤怒そして自業自得。 
[PR]
# by kumatalow | 2017-01-23 13:10 | 日常 | Comments(0)
目先の温かさに飛びつく
 部屋は暖かいと感じるのに手足特に足先がカチコチに冷える、いわゆる末端冷え性にかなり悩まされている。日中も遊びに集中できないレベル。足だけ火あぶりにしたい。お風呂から上がっても上がった直後にもう冷たい。

 畜生! 足がキンッキンに冷えてやがる!!

 などと心の中の藤原竜也が叫ぶ。我慢できなくなった私は暴挙に出た。スリッパに小さなホッカイロ突っ込んでやった。

※絶対に絶対に真似しないでください。

 悪魔に魂を売ってしまった。どうなる、私の足。明日つま先用のカイロを薬局で買ってこよう……(´-` )
[PR]
# by kumatalow | 2017-01-22 21:04 | 日常 | Comments(0)
みも座
 みもざ。と聞くと「ガラスのっ……くぅ~つぅ~でぇ~!(ゴスペ●ーズ)」が頭をよぎるサトミッチ。女子力が著しく低いことに定評のある私でも、唯一女子っぽいところがあって、お洒落な店で食べるパスタが大好き。ドヤァ

 みも座というお店に行って参りました。入った瞬間「ご新規様です」と言われる。ほう……? 私がご新規様だと何故わかった……? 私は既に、来たことがあるかもしれないよ……? と思ったが実際にご新規様だから喜んで案内される。

 静かで落ち着く店内、可愛くておとなしめの店員さんが運んできてくれる美味しそうな料理。そこで私は生まれて初めてチーズフォンデュを食べた。食べる機会もなかったし、何となくチーズがくどそうな気がしていたし、小さい頃に見た世にも奇妙な物語で、ある女性が時間に追われながら夫殺害計画を遂行しようと、急いでチーズフォンデュをかきましている映像がこびりついていて、勝手にチーズフォンデュに対して余裕のなさを感じていたからだ。

 余談だが、その女性はまったくシュミレーション通りにいかず、玄関先のレンガで夫を殴り殺すに至り、色々予定外が重なって友人たちに殺害がバレてしまう。

 チーズフォンデュとはかくも美味いものだったのか。パクパク進んじゃう。もちろんメインのパスタもすごーーーーーく美味しかった! バジルが効いててうまし!
 私たちが食べ終わる頃に、誰もいなかった店内にちらほらと他のお客様も現れ始め、丁度いいタイミングで最高の時間と食事を堪能できました。

e0098054_16453816.jpg
e0098054_16451498.jpg
散々褒めちぎっといてチーズフォンデュとパスタの写真なくてごめんなさい。食べ尽くしてから我に返りました。


 帰りにスタバでバナナココを買う。実を言うとスタバで美味しいコーヒーを買うのがメインの目的だったのだ。私はスタバが大好きだ。スターバックスラテは私の好みの味だ。甘すぎず苦すぎず、私の好みをわかっている。


 勘違い上から目線はさておき、ここでも可愛い店員さんの神対応を浴びて嬉しい気持ちになる。ああ、私もこういう接客ができたらいいなって、その時だけは思った。
 さらに、店内をぷらぷらしていたら雑貨屋さんで運命の出会いを果たす! 可愛いくまさんのクッションがーー何でほっぺたにキノコついとんねんというツッコミ待ちか! 1900円安い、買った。ディスプレイを鷲掴みにしてレジへ進んだら親切な店員さんが新しいのを持ってきてくれた。ご、ごめんなさい……。神対応3回目。

e0098054_16455903.jpg


 残業の疲れも吹っ飛ぶ美味しい楽しい嬉しい木曜日万歳!


[PR]
# by kumatalow | 2017-01-12 23:00 | 日常 | Comments(0)
厄祓い(本厄)
 早いもので、厄祓いに行ってからほぼ1年が経過した。今年の私は本厄だ。去年は前厄だったが、滞りなく1年が終わったから、やはり厄祓いは効果があるのだと思う。諸々の禍事を神が祓い奉ってくれたに違いない。

 おみくじの結果も吉と、申し分なし。家内安全、幸せな2017年になるといい。

 ところで、数年前の誕生日プレゼントに姉から貰った平安時代の財布が、ネットでは生産中止だったのに、最寄りのスーパーに売ってた! たまたま催事場ができていて、たまたま立ち寄って見つけた! 即買い! 今回は何と小銭入れもつける。散財はしたくないが早く使いたいから何か買わなきゃな、へっへっへっ。

e0098054_15575928.jpg

 そして、今日の夜はバレーなんとなく面倒で、ナシにならないかな~と思っていたら…………なったんだよ、人手不足で。
 凄いじゃない? 奇跡だらけの1日じゃない?

 年末と年明けにはエブリスタの特集にも選ばれて、素敵なレビューも貰った。今年の私絶対来てるわ! この波に乗るべきだと思う!

 幸せな1年にすんぞー!

[PR]
# by kumatalow | 2017-01-09 23:00 | 日常 | Comments(0)
ハリコン【後編】
 メインのハリコンはもう終わったというのに、「ハリコン【後編】」という釣り題でいかしていただきやす。

 テンパッて午後4時に食事を済ませてしまった我々は、少しでも観光まがいのことをしてから帰ろうと意見が一致した。特に母親は関東方面はあまり旅行したことがないし、新幹線も初めてだと言っていたから、できたら楽しい思い出を持って帰って欲しいと思った。

 というわけで選ばれたのが、我々が食事をしたアネックスタワーのフードコートから2分離れた場所にあるアクアパーク品川という水族館。ナイト料金で1800円のわりに、ざっくり言うと、素晴らしい施設だった。

 まず目を引くのが巨大なバイキング(別途料金)。結構大きい。
e0098054_02512010.jpg
さらに廊下を進むと、本当に美しい海の世界だった。水槽に本物の魚とCGの魚が泳いでいて、タッチすると魚の解説が見られるという斬新(でもないのかな? 都会はよ)で楽しめる作りになっている。

 さらに、驚くなかれ。メリーゴーランドもある。海の世界をイメージして、馬じゃなくてイルカやサメや、貝殻のカップル席。青いライトが交差する中をかなりのハイスピードで回る、神秘的な世界観。大の女3人ぼっちで絡み甲斐もないし場違いこの上ないのに、受付のお兄さんは終始ニコニコ。話す時も、回っている間中も、手に持ったイルカのパペットの口をパクパクさせて、あたかもイルカがご案内をしているような演出を貫き通してくれた。なんというプロ根性!

 私はサメに乗ったのだが……サメ、ちょっと背が高くて、私は高いところが苦手で、とても怖かった。

 クラゲの水槽。海の中にいるみたい。

e0098054_02490265.jpg

 歩いていると大体わかってくるが、完全にデートスポット。オシャレなバーもあり、魚が泳ぐテーブルで笑い合おうとする男女に気付かず「魚おるで!」とガヤガヤ割り込んだりして誠に申し訳なかった。すぐ三重に帰りますんで許してください。

 だけど、ここまでの感動を覆してくれたのが、イルカのショー。

 これは夜だからなのか、それとも音楽と水の演出と、イルカちゃんたちの演技が素晴らしかったのか。我々がショーにたどり着いた時は既に終盤だったのに、あっという間に持っていかれた。

 水平線をどこまでも走っていけそうな、魂ごと揺さぶられる壮大なショーだった……。慌てて撮影した動画を後で見返しても、あの時の感動は半分も残されていなかった。つか、これならいらないんじゃね? というレベルに寒気がする。


 帰りはのんびり新幹線に揺られて帰ってきたよ。何だか全てがあっという間だった。年末の車内は心なしか人々がハイテンションに見えて、笑顔で雑談するオジサンたちを見た母親が、呟いた一言。


「見てみ。あれが現実やで………」

「そうだね。でも私らの住む場所はこっち側やからね……」


 そんな会話を交わして帰ってきたのだった。

 ところで最後の奇跡。エブリスタの2016年完結作品特集に、レゾンデートルが選ばれた。いや、完結だけでもしとくもんだね。

[PR]
# by kumatalow | 2016-12-29 23:05 | 日常 | Comments(0)
  

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
(1)
外部リンク
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
絵日記・イラスト
画像一覧