【月刊MEN】松田翔太※尻注意
 届いたぞ~。火曜日って言ってたのに月曜日に届いた。でかした!

e0098054_21225268.jpg

 松山ケンイチくんの写真集を久しぶりに眺めながら、そういえば松田さんは若かりし頃とかに出してないのかな? と試みに検索してみたら、月刊MENしかヒットしなかった。しかも、やたら評価が低い。

 どうやら松田さんが女を飼っている設定になっているらしくて、ちょっとSMチックというか、変態みたいな役(と言っていいのか)をしてるらしいことが判明。レビューを見るとみんな揃いも揃って「女の尻が不快だ」「こんなものが見たいんじゃない」と言う。

 またまた~ケツったって大したことないでしょ?

e0098054_21253241.jpg

 ああ、ケツだね。どうもありがとうございました。これより酷いケツの写真が山ほどあります。

 肝心の飼育している部分も、ひたすら松田さんが思わせぶりに鎖握ってるだけなんで、別に。
 写真家としてお馴染み、蜷川実花さんが撮ったらしいけど、どうしてこんなことになったんだろうね。

 ちなみに私がいいなと思ったのはこれです。

e0098054_21232066.jpg

 ずっと鳥と映ってれば良かったのに。女の尻より鳥の尻の方がずっとキュートだぞ。松田さん出来上がった写真を一度は見ているかと思うが、どうかすると自分より尻の方がインパクト大になってしまっていることに、どのような感想を抱いただろうか。

[PR]
# by kumatalow | 2017-01-23 21:27 | 書籍 | Comments(0)
憤怒そして自業自得
 今朝は朝から雪がちらついていたが、余裕の私は自転車で行けるように準備を整えていた。

 何しろ自転車で4分徒歩8分の強みがある。どう転んだって遅刻なんてするわけがないと奢り高ぶり、いつもの習慣で仮眠をとる。この時点で雪はほぼやみかけていた。

 仮眠から目覚めてシャッとカーテンを開け、愕然。びょうびょうと雪が舞っているじゃないか。時計を見る。5分で行けるように計算して仮眠したから、自転車では間に合うが徒歩では厳しい。

 …………なぜ、こんなことになった…………。

 ドクドクと速まる心拍数。私の瞳は壊れた時計の針のようにチカチカした。

 自転車で行ってしまうか──悩んだのも一瞬のこと、私は走りだした。頭の中で「ちょっと遅れますぅ~」と会社へ電話をしているらしき自分の声を流してシュミレートする。

 既に観念しているのに足がドタドタ動く動く。ハァハァいいながら全身に雪を浴びて辿り着いたら普通に間に合った。


 間に合っただけではなく、やんだ。

 だるい両足で職場の床を踏み、私は恨めしげに外の景色を眺める。休憩は家に帰ることにしてるのに帰れなかった! 憤怒そして自業自得。

 こういう判断力のなさがいざって時に災いし、パニック映画で序盤に退場するタイプなんだろうなと思った。

 帰りに買いたい物があるから自転車で行きたかった!


 憤怒そして自業自得。 
[PR]
# by kumatalow | 2017-01-23 13:10 | 日常 | Comments(0)
目先の温かさに飛びつく
 部屋は暖かいと感じるのに手足特に足先がカチコチに冷える、いわゆる末端冷え性にかなり悩まされている。日中も遊びに集中できないレベル。足だけ火あぶりにしたい。お風呂から上がっても上がった直後にもう冷たい。

 畜生! 足がキンッキンに冷えてやがる!!

 などと心の中の藤原竜也が叫ぶ。我慢できなくなった私は暴挙に出た。スリッパに小さなホッカイロ突っ込んでやった。

※絶対に絶対に真似しないでください。

 悪魔に魂を売ってしまった。どうなる、私の足。明日つま先用のカイロを薬局で買ってこよう……(´-` )
[PR]
# by kumatalow | 2017-01-22 21:04 | 日常 | Comments(0)
みも座
 みもざ。と聞くと「ガラスのっ……くぅ~つぅ~でぇ~!(ゴスペ●ーズ)」が頭をよぎるサトミッチ。女子力が著しく低いことに定評のある私でも、唯一女子っぽいところがあって、お洒落な店で食べるパスタが大好き。ドヤァ

 みも座というお店に行って参りました。入った瞬間「ご新規様です」と言われる。ほう……? 私がご新規様だと何故わかった……? 私は既に、来たことがあるかもしれないよ……? と思ったが実際にご新規様だから喜んで案内される。

 静かで落ち着く店内、可愛くておとなしめの店員さんが運んできてくれる美味しそうな料理。そこで私は生まれて初めてチーズフォンデュを食べた。食べる機会もなかったし、何となくチーズがくどそうな気がしていたし、小さい頃に見た世にも奇妙な物語で、ある女性が時間に追われながら夫殺害計画を遂行しようと、急いでチーズフォンデュをかきましている映像がこびりついていて、勝手にチーズフォンデュに対して余裕のなさを感じていたからだ。

 余談だが、その女性はまったくシュミレーション通りにいかず、玄関先のレンガで夫を殴り殺すに至り、色々予定外が重なって友人たちに殺害がバレてしまう。

 チーズフォンデュとはかくも美味いものだったのか。パクパク進んじゃう。もちろんメインのパスタもすごーーーーーく美味しかった! バジルが効いててうまし!
 私たちが食べ終わる頃に、誰もいなかった店内にちらほらと他のお客様も現れ始め、丁度いいタイミングで最高の時間と食事を堪能できました。

e0098054_16453816.jpg
e0098054_16451498.jpg
散々褒めちぎっといてチーズフォンデュとパスタの写真なくてごめんなさい。食べ尽くしてから我に返りました。


 帰りにスタバでバナナココを買う。実を言うとスタバで美味しいコーヒーを買うのがメインの目的だったのだ。私はスタバが大好きだ。スターバックスラテは私の好みの味だ。甘すぎず苦すぎず、私の好みをわかっている。


 勘違い上から目線はさておき、ここでも可愛い店員さんの神対応を浴びて嬉しい気持ちになる。ああ、私もこういう接客ができたらいいなって、その時だけは思った。
 さらに、店内をぷらぷらしていたら雑貨屋さんで運命の出会いを果たす! 可愛いくまさんのクッションがーー何でほっぺたにキノコついとんねんというツッコミ待ちか! 1900円安い、買った。ディスプレイを鷲掴みにしてレジへ進んだら親切な店員さんが新しいのを持ってきてくれた。ご、ごめんなさい……。神対応3回目。

e0098054_16455903.jpg


 残業の疲れも吹っ飛ぶ美味しい楽しい嬉しい木曜日万歳!


[PR]
# by kumatalow | 2017-01-12 23:00 | 日常 | Comments(0)
厄祓い(本厄)
 早いもので、厄祓いに行ってからほぼ1年が経過した。今年の私は本厄だ。去年は前厄だったが、滞りなく1年が終わったから、やはり厄祓いは効果があるのだと思う。諸々の禍事を神が祓い奉ってくれたに違いない。

 おみくじの結果も吉と、申し分なし。家内安全、幸せな2017年になるといい。

 ところで、数年前の誕生日プレゼントに姉から貰った平安時代の財布が、ネットでは生産中止だったのに、最寄りのスーパーに売ってた! たまたま催事場ができていて、たまたま立ち寄って見つけた! 即買い! 今回は何と小銭入れもつける。散財はしたくないが早く使いたいから何か買わなきゃな、へっへっへっ。

e0098054_15575928.jpg

 そして、今日の夜はバレーなんとなく面倒で、ナシにならないかな~と思っていたら…………なったんだよ、人手不足で。
 凄いじゃない? 奇跡だらけの1日じゃない?

 年末と年明けにはエブリスタの特集にも選ばれて、素敵なレビューも貰った。今年の私絶対来てるわ! この波に乗るべきだと思う!

 幸せな1年にすんぞー!

[PR]
# by kumatalow | 2017-01-09 23:00 | 日常 | Comments(0)
ハリコン【後編】
 メインのハリコンはもう終わったというのに、「ハリコン【後編】」という釣り題でいかしていただきやす。

 テンパッて午後4時に食事を済ませてしまった我々は、少しでも観光まがいのことをしてから帰ろうと意見が一致した。特に母親は関東方面はあまり旅行したことがないし、新幹線も初めてだと言っていたから、できたら楽しい思い出を持って帰って欲しいと思った。

 というわけで選ばれたのが、我々が食事をしたアネックスタワーのフードコートから2分離れた場所にあるアクアパーク品川という水族館。ナイト料金で1800円のわりに、ざっくり言うと、素晴らしい施設だった。

 まず目を引くのが巨大なバイキング(別途料金)。結構大きい。
e0098054_02512010.jpg
さらに廊下を進むと、本当に美しい海の世界だった。水槽に本物の魚とCGの魚が泳いでいて、タッチすると魚の解説が見られるという斬新(でもないのかな? 都会はよ)で楽しめる作りになっている。

 さらに、驚くなかれ。メリーゴーランドもある。海の世界をイメージして、馬じゃなくてイルカやサメや、貝殻のカップル席。青いライトが交差する中をかなりのハイスピードで回る、神秘的な世界観。大の女3人ぼっちで絡み甲斐もないし場違いこの上ないのに、受付のお兄さんは終始ニコニコ。話す時も、回っている間中も、手に持ったイルカのパペットの口をパクパクさせて、あたかもイルカがご案内をしているような演出を貫き通してくれた。なんというプロ根性!

 私はサメに乗ったのだが……サメ、ちょっと背が高くて、私は高いところが苦手で、とても怖かった。

 クラゲの水槽。海の中にいるみたい。

e0098054_02490265.jpg

 歩いていると大体わかってくるが、完全にデートスポット。オシャレなバーもあり、魚が泳ぐテーブルで笑い合おうとする男女に気付かず「魚おるで!」とガヤガヤ割り込んだりして誠に申し訳なかった。すぐ三重に帰りますんで許してください。

 だけど、ここまでの感動を覆してくれたのが、イルカのショー。

 これは夜だからなのか、それとも音楽と水の演出と、イルカちゃんたちの演技が素晴らしかったのか。我々がショーにたどり着いた時は既に終盤だったのに、あっという間に持っていかれた。

 水平線をどこまでも走っていけそうな、魂ごと揺さぶられる壮大なショーだった……。慌てて撮影した動画を後で見返しても、あの時の感動は半分も残されていなかった。つか、これならいらないんじゃね? というレベルに寒気がする。


 帰りはのんびり新幹線に揺られて帰ってきたよ。何だか全てがあっという間だった。年末の車内は心なしか人々がハイテンションに見えて、笑顔で雑談するオジサンたちを見た母親が、呟いた一言。


「見てみ。あれが現実やで………」

「そうだね。でも私らの住む場所はこっち側やからね……」


 そんな会話を交わして帰ってきたのだった。

 ところで最後の奇跡。エブリスタの2016年完結作品特集に、レゾンデートルが選ばれた。いや、完結だけでもしとくもんだね。

[PR]
# by kumatalow | 2016-12-29 23:05 | 日常 | Comments(0)
ハリコン【前編】
 ハリウッド・コレクターズ・コンデンション。略してハリコンにまさか自分が行く日が来るとは、夢にも思っていなかった。というか行けるとわかってからハリコンが何の略なのか調べたくらいだ。

 ウォーキングデッドのグレン、エイブラハム、タラ、ユージーンの4人と写真が撮れる!

e0098054_02062625.jpg

 12月29日は奇跡の日だ。最初はシフトの関係で行けないわ~と諦めムードだったのに、なんと偶然休み。中学校の修学旅行以来の新幹線に乗って、初品川生芸能人と何やら出来立てのプリンのような状態で写真バッチリ撮ってきた。

 正直言うと、有名人がいるとわかっている空間に、押しかけたファンと同じ場所に立つのが得意ではない。何というか落ち着かなくて、全員がライバルに見えてくる。異様な熱気も緊張感を煽るし、何より自分がちゃんとオイシイ思いさせて貰えるかが不安なのだ(感じ悪い)

 運営スタッフが軒並み個性強すぎてコミケと来る場所を間違えてんじゃないのかと錯覚するが、どうにか彼女達の金切り声に押されながらチケットを手に並ぶ。密着する人々。こいつら全員ファン。前の奴のリュックが私の腕にあたって、そいつが貧乏ゆすりする度に振動が伝わってきて鬱陶しい。

 入ってきた──!! 最初に見たのはタラ! うおおあれが本物かよいつもテレビで見てるのとそのままじゃないか、そしてユージーン、エイブラハム! 少し遅れてグレン! グレンイケメン!

 撮影の瞬間はどうだったかというと、本当にマジであっという間で、どうだったと聞かれても何も覚えていない。宇宙人に攫われた感覚とでも言えばいいか。待機列から既に見えてるナマモノに興奮していたら、さらっと誘導されて、「おー! おー!」って言ってたらカメラマンの「3! 2! 1!」が聞こえて慌ててレンズ見たらフラッシュばちーん光って終了。ユージーンとグレンとタラにさんきゅ、ありが、ありが、と言っていたらスタッフに仕分けられて、気付いたらロビーで出来上がった写真のブスな自分を眺めていた。

e0098054_02054632.jpg

 しかし、私にはまだリベンジタイムが残されている。この後のスティーブン個人(グレン)との撮影権がある。

 3人でどうやって撮るか決めてなかったけど、3人来たと見るやスティーブン、オッケーオッケー何人でもバッチ来いやな手振りで自らセッティングしてくださった。真ん中はちょっと物足りないなあと思ってたら後ろからグイッと押し付けられた胸板があったけぇえーーー!

e0098054_02112642.jpg

 大興奮パート2で無我夢中でありがとうございます! と叫ぶことしかできなかった。要するにリベンジは失敗だったわけだが、最後に「ありがとう」と言ってくれたスティーブンの顔はとりあえず焼きつけた。

 この後、テンションが上がりすぎた3人は、ホテルを出てすぐに腹ごしらえをしてしまった。時間にして、夕方の4時半。馬鹿か!

 後半へ続く。

[PR]
# by kumatalow | 2016-12-29 23:00 | 日常 | Comments(0)
調子が良くない
 何かここ最近2日ほど熱下がらないし月1で風邪ひいてるし、小説も書けないし(時間はある)、全体的に調子が良くないサトミッチである。一番調子がいいのは仕事くらいのものか。

 もうすぐ大好きな大晦日もくるし、何事にもガーッと精力的に動きたいのにこの停滞っぷりは一体なんざんしょ。

 自分では去年の冬引きこもりすぎて体が寒さへの対応の仕方忘れたんだと思っている。

 せめて他人様の小説くらい読みに行けよと自分で自分の尻に叩いて覗いて見るんだけど、何だか自分が書けてないのにみんなが上手いと醜い嫉妬に駆られて中々クリックできないんですな~これが。人間が小さいからな。

 そんな平坦な年末の最中にもいくつか楽しみがある。明日はウォーキングデッドの俳優さんとの撮影会に行ってくる!
 翌日は大好きなお姉さま方と飯!

 楽しいことが待ち受けている!\(•ㅂ•)/元気に頑張るぞ。


[PR]
# by kumatalow | 2016-12-29 01:42 | 日常 | Comments(0)
練習納め
 今日はソフトバレーの練習納めでした。バレーに復帰してからもう1年以上経ったのか。早いな~。私はいつまでバレーを続けるんだろうな。

 新人さんも増えたし、軽めの練習でパスゲームして終わりました。が、私はこのパスゲームが大の苦手かつ嫌い。

 飛んで打っちゃいけないルールで、打つ時は飛ばない、飛ぶ時は穴を狙ってパスで返す。大体みんな拾ってくるし、中々ラリーの終わりが見えないし爽快感もない。

 苦手なことを一生懸命(当社比)やって幕を閉じました。来年は1月6日から早速始まるからそう長い休みでもないです。

 よいお年を~なんて言って別れたけど瞬く間に会うよ。

 ところでまた何やら怪しい寒気がするんだけど、何故こんなに弱いんだよ。ニートの期間は1日たりとも風邪ひかなかったのに。
[PR]
# by kumatalow | 2016-12-27 02:53 | 日常 | Comments(0)
冬は創作が美味しい季節です
 季節の中で一番好きなのは春。夏もエアコンの匂いとアイスコーヒーが美味しいし、秋も趣深くていいが、とりわけ春はあったかくて桜が綺麗だから大好きだ。

 しかし小説意欲が捗るのは断然冬!

 家であろうが外であろうが、静かだろうが騒がしかろうが妄想が膨らむのは個人的には寒い冬の夜が一番だ。ちょっと寂しい気持ちがないと書こうと思わないのか何なのか、原因はよくわからない。たんに夏は暑くて集中力が切れるだけなのかもしれない。

 趣味ひとつのことで大袈裟だけど、冬に頑張って書いた物語はちゃんと完結していて、春にかけて失速し、8月には完全にやる気を失う。という行動を繰り返しているのに最近気づいた。こんなに書いてきて最近かよ。

 だから私の中の〆切は7月なのだ。7月を越してしまうとやる気があやふやになって放置作品を大量に転がし始める。そのうち勝手に賞味期限が切れて…………その先は…………


 悲惨。

 だからネタを考えて書き始めるのは10月と2月がいい。そこから3ヶ月見積もれば丁度やる気が残ってる時期に終われるだろう。心にのしかかる負債をこれ以上増やすこともない。

 ──という話がしたかったのだが、今年の私は冬でも相変わらずの鈍足行進で、ただの偶然なんじゃ……という説が自分の中で浮上している。ワクワクはちゃんとしてる!(必死)

 平安桜は断然春だけどね。
[PR]
# by kumatalow | 2016-12-26 02:00 | 創作 | Comments(0)
  

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
(1)
外部リンク
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
絵日記・イラスト
画像一覧