厄払いには意味がある
 年明けに厄払いに行ったにも関わらず、我が家で再び厄落としの話題が持ち上がったのは、父の新車に原因不明の傷ができたことだった。

 それがなくとも、去年あたりからごたついた出来事が続いていたと、あとから考えてみると思う。祖父の死に始まり、身内からの絶縁、裁判沙汰、今年に入ってからは私の残業(ちゃっかり入れてみた)、捻挫、それから姉が可愛がっていたペットのインコが外へ飛んでいった。そして車の傷だ。

 小さなことから大変ショックなことまで、フォーカスしてみるといろいろあった。ただどれもこれも未曾有というよりは“大変だけどあり得る範囲かな”と流せるものが多かった。なので今回の厄払いも、新車にしたばかりだから行っておこうという程度のものだったようだ。

 開運厄除・交通安全に名高いというと、私たちの住んでいる場所から行ける範囲では、滋賀県の田村神社がある。
 主祭神は坂上田村麻呂。平安初期の征夷大将軍で、【都から伊勢への参宮ルート、鈴鹿峠に出没する悪鬼を倒した】、【厄除けの大祈祷を行ったことにより作物が実った】などの功績と霊験を讃えられ、交通安全と厄除けの神として崇められるようになったとされる。


e0098054_14324104.jpg
e0098054_14330073.jpg


 というわけで両親が二人で厄除けに行ったのが昨日。
 そこで母が実は本厄であることが発覚した。私たちが普段厄払いに訪れる神社の看板には書かれていなかったのだが、田村神社には還暦の厄年について書かれていたのだ。さすが厄のスペシャリストというべきか。母は今年60になるので本厄となり、私と父の後厄合わせて厄まみれ。もう少しで厄のロイヤルストレートフラッシュが完成する。

 去年も今年の厄払いでもゲスト面で私たち後厄に世話を焼いていたくせに、自分は巨大な本厄を引っさげて日々を暮らしていたのだから呆れたもんだ。

 そこで冒頭のように振り返ってみると、大きなバタバタはわりと母絡みであることが多かったのだ。
 インコが飛んだのも母親の行動がきっかけだった。

 こじつけようと思えばいくらでもこじつけられるし、偶然と思えばそうなのかもしれない。私としては実は本厄だったと聞かされたとき、全てではないにしろ、あーやっぱり厄払いというのは大事なんだなと思った。

 で、なんでまた翌日に家族総出で行ったのか。なんのことはない、目をつけた簡易神棚を買ってくるのを忘れたからだそうだ。だったらついでに古いお守りも持って行こうぜということで、私と姉も参加した。日を置かずにしかも人数増やして現れてなんだこいつらと社務所の人に思われていないことを祈る。


 神社という場所はいい。行くだけで心が落ち着くし、大きくて広い袖の中にすっぽり入れて護られているような気持ちになる。時折聞こえてくるせせらぎの音、虫の声、葉の擦れ合うざわめきもすべてがいい。広い神社から一歩逸れると自然の川に繋がっていて、清流が一望できた。


e0098054_14331774.jpg
e0098054_14450337.jpg
e0098054_15443956.jpg
e0098054_15445391.jpg
e0098054_15450948.jpg
e0098054_15452545.jpg
e0098054_15454398.jpg




 山の天気は非常に変わりやすく到着したときは雨が降っていたのだが、最後には美しい青空になったのだ!

 神様に微笑まれているようで嬉しくなる。



[PR]
# by kumatalow | 2018-09-17 16:24 | 日常 | Comments(0)
響ーHIBIKIー
『響ーHIBIKIー』観賞。

 原題は『響~小説家になるための方法~』

 筋金入りの小説好き女子高生・鮎喰響が試みに送った一本の小説が編集の目に止まり、やがて賞レースにまで上り詰めていく過程の中で、同じように作家を目指す者達との触れ合いや掛け合いで響の小説とはなんたるかに対するスタンスを示しながら、創作者が抱える弱さ、脆さ、醜さ、ジレンマに喝を入れていく物語である。

 響の喝にカタルシスを感じたり力を得たりできる人には面白い。

 おそらく狙い所はチートヒロインが有り得ない方法で常識にビンタする必殺仕事人仕様で、その中で大事なこともちょいちょい訴えたい。というところなのだろうけど、仕事人は悪人が対象だから成立するのだ。

 絶対に存在しないファンタジー娘に、絶対に勝てる位置から現実がぶん殴られるっていうのは、こりゃもう宇宙人の侵略と変わらないでしょう。被害にあわれた作家、関係者の皆様ご苦労さまでした。

 響以外の編集の雰囲気や作家のタイプはいろいろで見ていて楽しめた。特に小栗旬なんて切なすぎて。汚い部屋で大きな背中丸めて涙を流しながらパソコンに向かい、仏壇に新刊を供えて吉報を待つ……。

 あと、新人賞スピーチが響にメチャクチャにされてケチがつき、怒りながらもどこか寂しげな柳楽優弥の横顔……って、銀魂じゃねえか!www最近銀魂2見たばかりだから銀さんと土方にしか見えんかった。泣かせにきてんのか笑わせにきてんのか。

 こうやってやいやい言われない為に作者も響のように作品に説得力を持たせて黙らせてはどうだろうか。

 おそらく散々指摘されているであろう、「お伽の庭」の本文を作ってみるとか……(笑)



[PR]
# by kumatalow | 2018-09-17 03:53 | 映画 | Comments(0)
いつも心にピース綾部
 最近ニッコニコのお天気で気持ちのいい日! というのを味わっていないように感じるのは気のせいだろうか。

 雨は嫌いではないのだが、降りもしないモヤッとした灰色の日が続くとさすがに日光浴したいなと思う。

 湿気があると気分が落ちるし、悪いこと嫌なことばかり考えてそっちにばかり目を向けるものだから、ちょっとした嫌なことが体感としてスゲー不幸な出来事になってしまうからいけない。

 なるべくすべての出来事を茶化して過ごそうと企んでいる。
 さて、あるところに電話をかける用事があって、今朝から一大決心を固めたのだ。

 私は大の電話嫌いである。というか、知らない人間とコンタクトを取りたくないのである。電話だろうが対面だろうが、係の者に頼るくらいなら死ぬまでその情報は必要ないと思ってしまう厄介なタイプである。

 どうしても避けて通れぬ事案だったため、家族や友人にかけるような心境で挑むことにした。なんなら自分はこの日電話をかけるために生まれてきたのだと。知らない人間ともすぐに友だちになれるピース綾部になった心境で挑んでみんとした。

 結果として滞りなく済んだのだが、大事な一点を聞き逃すという致命的失態を犯し、ミッションは幕を閉じた。

 だが私は脳内にピース綾部を飼うことにしたので、電話なんてへのカッパだ。そうでもないけどそういう設定になったのだ、今日から。


 どこまでも自分に甘い私に、先日同僚がくれたお菓子の名言が光る。

e0098054_10242134.jpg

[PR]
# by kumatalow | 2018-09-14 10:23 | 日常 | Comments(0)
ささやかな挑戦
 スターバックスラテの回で、毎回同じもの頼むという話をしたことを覚えている奴はいるか?
 うむ、しかと覚えている(自問自答)

 スタバといえばスターバックスラテ。クレープといえばチョコバナナ。王将では天津麺。
 今日はベリーベリーチーズなるものに挑戦をしてみた。初めての味……クリームの甘さとベリーの酸味が効いていて、そこへさっぱりめのチーズが絡まって美味しい。

 悪くない。悪くないぞ。

 これから映画「ペンギン・ハイウェイ」を見てくる。

e0098054_20203789.jpg

[PR]
# by kumatalow | 2018-09-06 20:03 | 日常 | Comments(0)
バレー開き
 バレー開きである。

 最近の夏は人を殺すという理由から、練習は一ヶ月間休みだった。

 軽く試合形式でやってから30分速く切り上げるというのが、初日のときのいつものメニューだ。

 実は少し憂鬱だった。というのは10月7日に試合がある。老朽化したチームには死刑に等しい。ただでさえ常に不安を残しながら臨むのに試合まで3~4回しか練習ができない。

 それでも、真面目な私はわざわざ休みをとった。嫌だなあ嫌だなあと思いながら。涙を飲んで。翌日の仕事の辛さなど想像しながら。

 そして、今日。

「あ、私その日無理です」
「私も」
「私も怪しいです」

 なん……?

 もっと早く、教えてくれないか? 1ヶ月の間、何をしていた?

 試合はなしになった。喜ぶべきであろう。だが私はとても損をしたような気持ちになった。このぽっかり空いた日曜日どうするの? 楽しく遊べるの? 遊んでいいの?

 悶々とした気持ちをさんざっぱら持て余した。とにかく切り替えていかねばならぬ。今日の私は久しぶりにも関わらずいつもよりよく動いた。身体もそう重く感じなかった。結構拾えてる!

 転がりながらカバーをし、さて体勢を立て直そうと振り返りざまに立ち上がったところで、派手に足首を捻った。ゴリゴリッという不気味な音がした。あたりには響かないまでも自分には確実に聞こえた。

 その瞬間「いたっ!」と思わす叫ぶ。

 絶対立てない! そう思った。痛い……これ絶対大怪我だ……とひとり覚悟を決めて足に力を入れたら立てた。

 あれ?

 ためしに飛んでみた。

 おっ。

 走ってみた。

 うんうんうん……。


 元来大怪我とは無縁の私である。今回もまた大丈夫みたいだ。
[PR]
# by kumatalow | 2018-09-03 21:58 | 日常 | Comments(0)
名古屋港水族館ナイトアクアリウム
 数年前から行きたくて行きたくてたまらなかったナイトアクアリウムにやっと行けた。
 泳げないが水中の世界に強い憧れを持っている。過去にはおうちに素敵な魚の国を作ろうとし、手始めに金魚を飼って何匹天国に召したかわからない。いま思い出しても可哀想。人が育てているのを眺めるだけで生きていこうと決意したものだ。

 話が逸れたが、自分が行きたさもあって姉の誕生日にかこつけて名古屋港水族館ナイトアクアリウムのチケットを今年、ついに取った。
 夜の水槽は昼間よりも膨らんで見えて恐ろしいだろう。いつもと違う魚の姿を見ることもできるだろう。

 会場は5時。私の勤務は5時まで。時間になったら店を飛び出したい。でも私の職場は帰り際にアレしてけコレしてけと中々うるさい。タイミングを上手く図らなければならない。

 カゴは片付けた。返品は持った。上司に挨拶は?

「……つかれさまでーす」

 済んだ! 昼間に痛めた膝(運動不足)に鞭打って駆けた。一分一秒でも速く、魚を!!!!

 夜の海の神秘を────────


赤子「ぎゃあああああん! おわああああん!」
私「…………」

 現実とはこんなものだ。そこそこの子連れとそこそこのカップルで結構賑やかな夜の海である。まあ、自分も賑やかしのひとりだし、最終日だったので予想はしていた。

 それはそうとやっぱりいいもんだ。ライトの加減も昼間より夜モードに調整されていて、以前来たときより水槽の数も増えていて見るところ沢山、楽しかった。潮の香りってなぜあんなにも落ち着くんだろう。


 北館の大水槽の前にて。ヘッタクソな写真。

e0098054_12184720.jpg
e0098054_12190661.jpg
e0098054_12193090.jpg
e0098054_12200791.jpg


 こんな大きなものが、ゆっくりと水中を自在に動いているというのが不思議で、触れそうで触れられない雰囲気にすっかり魅せられた。

 ただ私たち家族は考え無しの行き当たりばったりなので、時間を確認もせずまったく離れた場所にいたので、肝心のイルカショーを見逃すという大馬鹿をやらかした。

 連絡通路の向こうからドヤドヤやってくる人の群れが、イルカショー楽しかったよって物語っていた。え? お前ら見てないの? って、優越感たっぷりで見下されたと感じた(超被害妄想)

 寝てる。夜だものねえ。

e0098054_12202998.jpg

 楽しかった。さいなら~。

e0098054_12205453.jpg

[PR]
# by kumatalow | 2018-09-02 21:00 | 日常 | Comments(0)
スターバックスラテ
 一昔前はスタバといえば抹茶フラペチーノ一択だったが、スターバックスラテの味を知ってしまってからは狂ったようにそればかりを飲む。

 もちろん期間限定に釣られることもある。春の桜の時期は結構狙いたそうにするものの、スターバックスラテと長時間迷った末の苦渋の選択だ。

 それくらい、一度ついた習慣にしがみつく人生なのだ。冒険、挑戦、フロンティアスピリッツという言葉に滅法弱い。

 以前付き合ってた人に「いつも同じものチョイスするのが無理」と言われてフラれたことがあって、その時はクソーチャレンジャーになってやると涙ながらの決意を固めたが一年と持たなかった。草。

 嫌になった理由はそれだけではなかったろうけど、毎度毎度飽きもせず同じものを注文する私の姿は異常に見えたことだろう。

 仲のいい人は全然それで構わないと言ってくれる。食べ物に関しては私もなに食ったって本人が喜んでるんだからいいじゃないかと思う。

 ただ、冒険心がないのは自分にとって致命的だと感じることがよくある。
 新しい小説の応募だって仕事だって、どうせ自分は無理だろうなとか、やったことないから自信ないな、誰も手伝ってくれないし……と、他力本願というもうひとつの見どころ()も合わせてついなにもしない日常を良しとするから、いろんな人にどんどん置いていかれてる気がする。

 なんとかしたい。なんとかしたいよ。なんとかしたいと思ってるうちはなんとかできる。もう少し時間を上手に使いながら色々なことがしたい。

 そんな高尚なことを考えながら飲むスターバックスラテは美味い!
e0098054_17321986.jpg

[PR]
# by kumatalow | 2018-09-01 17:31 | 日常 | Comments(0)
ジュラシックワールド/炎の王国
 ジュラシックワールド/炎の王国見てきました。

 前置きしとくと、私は恐竜が大好きです。小学一年の頃の自由研究は恐竜についてを書いたり、図鑑を買って貰って舐めるように眺めたりしてました。いまはかつての知識のほとんどを失いました。
 ジュラシックパークが公開されたときはいくつだったかな? めちゃめちゃワクワクしたし、このシリーズ大好きなんです。


 さて新作だが、マイナス思考なので予告で流れる火山と焼け野原にごった返す恐竜と廃墟と化したパークを見てつまんねえんだろうなって思ってました。

 予想外に面白かったし、怖かった!

 今回は施設があった場所の火山が活性化し、島に取り残されている恐竜を救うか救わないかで世論が揺れ動き、ハモンドと恐竜の共同開発に携わった家の力を借りて、恐竜を保護しよう! →悪いこと考えてる奴がいた。このまま奴らの思うツボなの!? →そんなわけはなかった……。恐竜大暴れ。

 そういうお話です。

 恐竜をどうするか世論が動く時代になっているんだね。
 愛護団体のようなものまで設立され、真剣に恐竜を守ってあげなきゃと考える人たちが大勢いる。ありそうでリアルだった。ただ、そこに前作でパークの指揮権を任されて甚大な被害をもたらした女が混じってて指図してるのは納得がいかなかった。お前はあのような体験を経てなぜ恐竜を守ろうという考えに至ったのか。オーウェンとブルーたちの絆を目の当たりにし、恐竜の偉大さと生命力に打ちのめされ、またパークと共に彼らを育ててきた自負があるとしても、失敗こいたんだから口を閉じろ。あなたにお子さんは? って甥っ子を殺しかけといて図々しいやっちゃ。


 以前とは価値観に差異が見られる近未来的世界観の中で、旧作をなぞったようなシーンが沢山あり、そのほかオリジナルシーンでもかなり怖さを煽ってくる。ひとつひとつの場面は凄く楽しませてくれた。全然目が離せないものだから、無駄にでかいドリンクをほとんど飲まずに過ごしてしまい、シャビシャビのコーヒーを半分以上も残して泣く泣く家に持ち帰った。


 ただ、旧作のようなテーマを求めると肩透かしかな。

 旧作(主に1とする)の、太古の生き物に対するロマンと、彼らの計り知れない力への畏怖。自然界に対するテーマとは異なり、今回はなんというか現代に生きる恐竜に愛の手を……みたいな。

 というのは、恐竜は今に生きてて当たり前の存在になっているから。視聴者の良識や価値観や懐古主義は一旦置いとかなければならない。

 当たり前と言いつつ手なずけに成功してるのはオーウェンだけで、民間人が小型の草食をペットにしてる描写とかもないし、この世界の人達にとって恐竜がどの程度の存在なのかはっきりしない。パンダみたいなもん?

 でも結局襲われて凄い被害出てるし、生かしてあげたい生き物というより、早いとこ駆逐して手を出してはいけない奴らだってこっちは思って見るよね。ケリの付け方、人物の考え方など昔との違いを見せられているのに最終的に見る側は同じ結論に達してしまうわけですよ。


 それに、たとえ共存が限りなく可能な存在になったとしても、人間に生まれた以上は、人間の目線でものを見るべきだと私は思う。今作はその暗黙の則を越えそうだった。人の命よりも恐竜を思って動く主人公たちが過激な活動家にしか見えなかった。最後の砦があのボタンだった。押した人物は自分ならば押す理由があるとでも言いたげだったが、ない。昨今はなんでもかんでも個の性格や主張を重んじる傾向にあるが、いっさいを取り払い、生物学上的観点で見るということもある意味平等への第1歩である。

 制作側が恐竜をキャラクターとして扱ったり自然の生き物として扱ったり都合よくコロコロ変えてる節があるので、余計に中途半端な印象。ラプトルは絶対ギャラ発生してるだろ。

 というわけで、深く追求すると色々納得できないことが多かったし、テーマに浸るほどの余裕もないほど楽しくて忙しい映画なんで、このぼやっとした部分は切り捨てることにした。嫌いになりたくないし。

 エンタメとロマンとリアルとのパワーバランスは本当に難しい。でも随所に工夫が見られて、楽しんで貰えるように作ってあるんです。

 女の子に迫るシルエットがまるで悪魔みたいだったりとか。恐竜が高値で売り飛ばされていく異様な空気に酔わせてくれたりとか、頭脳派なラプトルの駆け引きしてる表情、暗闇の中の爪の音……!

 いつまでその効果薄い電気ビリビリ棒使ってんのとか、この場面でこのBGMあってないよとか、サブタイにまでなっている炎の王国からの速攻帰国とか、ツッコミどころも用意されていて見終わったら確実に楽しかったと言える。

 充分ではなかろうか。

[PR]
# by kumatalow | 2018-07-16 17:15 | 映画 | Comments(0)
一周忌&三回忌
 今日は祖父の一周忌&祖母の三回忌だった。ケンカップルというジャンルのオシドリだったので合同でやった。

 という冗談はさておき、早い。

 もう一年経ったかよ。死んだのこないだじゃん!

 という暴言もさておき、晴れて良かった。天気予報は雨よりの曇りと聞いていたのにカラッと気持ちのよい晴天。梅雨をも跳ね返す二人は晴れ男女だったらしい。これがもし私の法事だったらザーザー降りになっている。


 自分の家の法事で来られなかったり、まあなんか色々非常識な性格だから来なかったりで、随分寂しいメンバーでの参りとなった。が、毎回出席してくださる方もいるし、今回ご好意で来てくださった方もいたし、誰かが偲んでくれたらそれでいい。何気なくそこにある行動にこそ目を向けるべきだと感じた。

 皆さんありがとうございました!

 疲れたからまったり飯食って帰る。今日は美味しい~ピザが食べたいぜ。

e0098054_18345682.jpg

[PR]
# by kumatalow | 2018-06-24 18:34 | 日常 | Comments(0)
委員長も顔負け
 どうも、百貫デブです。

 体重が大変なことになっている。本当に、毎日好きなものばっかり食べられる環境にあると、唐揚げ三昧ポテチ三昧、甘いもの三昧冷たいアイスコーヒー三昧、休日はシャレオツランチと称してクリ~ムたっぷりのパスタに舌鼓を打つ生活を始めてはや数百年。

 週に2回バレーで汗を流しているがはっきり言ってあんなものは無意味だ。無酸素運動だし練習もそこまで過激じゃないし、むしろ脂肪の上から筋肉が抱きついてきて硬そうでブヨブヨな体になっている。矛盾していると思うかもしれないが、この表現でたしかにひとつなのだ。

 最近仕事がまったく契約時間に帰れなくて、以前だったら確保できたかもしれないウォーキングの時間もとれそうにないから、私の大好きな在宅有酸素運動と、筋トレを取り入れていくしかあるまい。

 あとは、何をするか、増やすかではなくて何を減らすかも重要だと思う。とにかく食べる量を減らす。ご飯は食べる。お菓子とか、甘いものとか、食べたいときは朝イチもしくは昼の3時までに食べるのがよかろう。

 守れないと思う。キッチリ決めたことが守れる人間だったら今頃ズボンの上に腹肉乗せて平気な顔で働いてないわ。

 でも最近休みの日にくたびれた体引っさげてさ、ぼーっとテレビ見ながら小説進めようとしても無理。シャキッとしない。猫背で死んだ目をして、ひと文字書いてはコーヒーグビリして、今度は寝そべってソシャゲ。

 好きなことをする前に体を動かすって結構重要なんだと気づいた。いまの私は川の傍に転がっている無駄にでかい岩だ。そこからズグンと座って動かず、毎日毎日同じ景色を見て、いったいなにが閃くと言うのだろう。たまには清流に片足突っ込んでみんかい? って話。

 いろんなことに良いなら、やらないよりやった方がいい。

 今こそ立派に並べたてているが、食べたい時間、夜になると意識が甘えちゃうんだな。で、また朝になってズボンの上に腹肉乗せて、鏡に映った突き出た上腹見てギョッとして反省し、また昼になったら腹が減ったもんだから目で買い食いするの繰り返し……。


 地獄の無限ループ。とくと御覧じろ。

 とりあえず8月の健康診断までには500グラムは落としたいですね(キリッ)
[PR]
# by kumatalow | 2018-06-08 01:34 | 日常 | Comments(0)
  

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
気まぐれにどうでしょう ...
ライフログ
検索
タグ
(1)
外部リンク
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
絵日記・イラスト