オリキャラバトン2
オリキャラシチュエーションバトン

貴方のオリキャラさんが、もしもこうなってたら…なシチュエーションを考えましょう。


☆まず当てはめるオリキャラさんを5人挙げてください
1→四納(しのう)
2→葉奥(はおう)
3→狐黄(ここう)
4→涙(るい)
5→行脚(あんぎゃ)




☆日常生活の中で1番さんと3番さんが出会いました。どうなりますか?(行動、会話、何でもOKです)




狐「あら、四納さん」



四「おはようございます狐黄さん。…珍しい、お一人ですか?葉奥君は?」



狐「…」



四「ははあ。さては喧嘩しましたね?」



狐「だって葉奥が!…」



四「もう結構。夫婦喧嘩は犬も喰わぬと申しますよ。お二人ともいい歳なんだから、しっかりして下さいね」




狐「夫婦じゃないもん!」



やべえ。ノッケからつまんねえ。




☆4番さんと5番さんが塀のある道の曲がり角でお互いが見えず、ぶつかってしまいました。2人はどうしますか?



涙「おおっ」



行「うわあ!」



行「あ…涙さん。すいませんでした見えなくて…」



涙「行脚!何を謝る事があるんだあああ!これは運命だ!こんな広い天地で俺達が出会い、しかも体と体をぶつけ合うなんて、これはもう運命としか言いようが無いよそうだろおお!?」


行「ぐええ…苦しい…お、お許し下さい…」








☆2番さんがうたた寝してる所を、5番さんが見つけました。どうなりますか?


行「葉奥さん!妖怪が現れました!」



葉「ZZZZ…」



行「あ、寝ていらっしゃる…。葉奥さん!葉奥さん妖怪です起きて下さい!」



葉「ZZZZ…」



行「え…。ちょ、ちょっと、葉奥さんお願いします」



葉「ZZZZ!」



行「うわああああどうしよう!」




☆大変、3番さんが熊に追いかけられています!それを発見した1番さんは…?そして3番さんの運命やいかに?



狐「熊ーー!葉奥助けてー!」



ガサガサッ。



狐「葉奥!?」



四「何かすいません…葉奥君じゃなくて…何で1番と3番ばっかりなんでしょうね…」



狐「四納さん…暗い感じね」


四「私だって困りますよ。でもこんな有様を見たら助けない訳にはいかないでしょう?何だか虚しくなってきました…」



狐「そんな事言ったって今は四納さんしかいないのよ…」



四「そ、そうでした!私が1番になったのも何かの縁に違いありません!おのれ熊、可愛がってさしあげましょう!」


めでたし。


☆4番さんが満面の笑みで2番さんに笑いかけました。2番さんの反応は?



涙「ニヤーッ」



葉「気味が悪いぜ、どうしたんだよ」



涙「いい事があったんだよ~」



葉「わかったぜ。久しぶりの妖怪退治で金が貰えてしかも帰りに寄った店では綺麗な女がついて来たんだな。それで最後には宿が見つかって窓から美しい桜が拝めた…違うかよ」



涙「千里眼かいー!?」




☆5番さんがある日スキンヘッドに!皆の反応はどうでしょうか?



四「行脚くんが出家!?」



葉「そうなんだ!見てやってくれこの頭をよ」



四「これはまた随分…思い切った事をなさる…出家なんて若いうちには何の楽しみも華やぎも無いと言うのに…何か深い事情が?」




行「暑かったんです」



狐「可哀相よこんな頭」



涙「これから寺に入るのかい?」



行「はい、そうですね。暑いとは言え丸めた以上はお勤めに励まないと…」



四「寂しくなりますねえ…」



☆3番さんと4番さんが喧嘩をしている所を、2番さんが発見!



狐「涙さん最低!信じられない!」



涙「いやあ~悪かった悪かったよ」



葉「どうした?」



狐「涙さんが…涙さんがあたしの体を…」



葉「何を!?涙、つくづく見下げ果てた野郎だな!そこになおれ、叩っ斬ってやらあ!」



涙「わー!待て待て!俺はただ狐黄の体を…」



葉「聞きたくねえぞ!」



狐「こんがりキツネ色だねって言ったのよー!」



葉「……キツネだからなあ」



狐「色白って言われたいよー!」



☆3番さんが何もないとこでずっこけました。目撃した1番さんはどうしますか?



狐「きゃあ!」



四(まただ…また、私が見てしまった…!もう今度こそ本当に葉奥くんの助けを待っているだろうに…!神も酷い仕打ちをなさる)



狐「イタタ…。もう、何なのよ。あーあ…人でも取って食いたい気分だわ」



四(えっ…!!!?)


そそくさ。


☆どうしたのでしょうか、2番さんが目に涙を浮かべ落ち込んでいます。4番さんはどうするでしょうか?



涙「狐黄の事は…残念だったね~…」



葉「……」



涙「まさか行脚と付き合うとはねえ~…」



☆5人皆で1泊2日の共同生活をすることになりました。どんな1日が待っているでしょう。



四「はい、では今日はこちらのお寺にご厄介になります。宿をお借りするのだから、失礼の無いようにして下さいね」



行「僕はまだスキンヘッドのままですか?」



葉「髪伸びたよなー行脚」



狐「ホントだ!さらさら~」


涙「寺は地味だよねえ。楽しくないよねえ。酒があればいいのに…宴会をしよう!みんな!飲むぞ~!」




四「これ!駄目だと言ってるじゃありませんか!おやめなさい!」



葉「おら飲め飲め!」



四「あなた方は!たった一晩の辛抱が何故出来ないんですか!?1番四納!歌います!」



行「2番行脚!裸踊りします!」



四「もう来ないでくれと言われました。私たちの共同生活はこれより無いと思って下さい」



涙「よしわかった旅に出よう!」



☆3番さんが思いきって5番さんに告白。反応&返事は?



狐「行脚くん…実は、あたし行脚くんの事が好きなの」



行「へっ!僕!?う、嘘だ有り得ませんドキドキ…」


狐「本気なんだからね、ドキドキ…」



行「そうまで言われては…年下で頼りないかもしれませんが、一生をかけてお守りします!僕について来て下さい!」



葉奥涙目。↑の項目に続く。


☆おや、2番さんの口元に米粒がついています。気づいていない2番さんに対し、3番さんは?




狐「お願いだからその姿のままでお仕事には行かないで」



葉「何を言っているんだよ」











終わった。
本当はもっとあるんですけど、BLになりそうな(○番と○番がキスとか)項目は排除させて頂いたので。


女キャラをもう一人入れておけば良かった。それにしても、書いてる本人はわかるけど、読んでる人は途中から番号と人物わからなくなるねコレ。



是非みなさんもやってみて。
[PR]
by kumatalow | 2010-12-15 19:47 | バトン | Comments(0)

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フォロー中のブログ
気まぐれにどうでしょう ...
ライフログ
検索
タグ
(1)
外部リンク
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
絵日記・イラスト