悪の教典/原作・貴志祐介
前から気になっていた【悪の教典】を母に買って貰って読んだ。原作者は貴志祐介。

映画化された作品だとISORA、黒い家、青の炎などが有名か?
私は青の炎の原作が大好きで繰り返し読んだから、この人の作品に対しては斜に構えるところが全く無かったんだけれども。


以下、ネタバレ注意。







全部読み終わってみると、一体なんでこんな話を書こうと思ったんだかねえというのが素直な感想である。


超人的な知勇兼備のモンスターを描こうと思ったのか、昨今の生意気なクソガキに【ハスミン】というボスを投下して一泡吹かせることに快感を見出だしたのか。バトルロワイアルみたいなのが書きたかったのか。


いずれにしろこの作品にはおよそテーマというものは存在せず、ただ化け物ハスミンが周囲引っ掻き回して空回った挙げ句に学校ひとつぶっ壊して、残り少ないペラペラになったページ数でどうやって終わらせるのかと思ったらあんな!

あんな!


あんなんでいいのか。


別にゾクッとしなかったよ。
あ!そうかあのときの…って、ならなかったよ。
は?ってなったよ。
ついでに言うと最後のページで完全に冷めた。
そういうのは本編をしっかりとやり遂げた後にして貰いたかった。


おそらく、作者はそういうイカレポンチとは違う、人の心に精通していながら、何かが足りないバグを起こした人間を描いたつもりなのだろう。
蓮実は気違いでもなんでもなく、生徒に人気があり、普通のことも考えるし、しかして問題解決の為なら強制終了という選択肢がいとも簡単に浮き上がる、この入れ替わる瞬間がとても大事だし、描くタイミングも非常に難しいと思う。


にも関わらず、蓮実はそういう部分を読者に早々と披露し、生徒に好かれて親衛隊までいる筈が、必ず身近には彼を信用しない人間が存在しており、そいつを殺して回る。
自分の思い通りにする、王国を作るなどと宣いながら自分で王国(しかも作りかけ)を壊すって、どういう訳だろう。それに蓮実が快感を覚えるならまだしも、しょっちゅう思惑が外れたとかいつの間にか見られたとか、ヘタクソか!


何?結局ワガママなの?と、眉を潜めたくなる。


さっきも言ったように、蓮実を疑う人間が意外と多すぎることから蓮実も失敗するし、読者もただ何も思わず過ぎる。
前の学校にも四人、アメリカにいた時も一人、アメリカにおいては社長から「サイコはいらない」と全部キャラバレして入国禁止のブラックリストに載ったと書いてある。

嫌われ過ぎにも程がある。
蓮実が培った心理学も人を惹き付ける術も一部にしか成功しないのでは、ただの背伸びした殺人鬼じゃないか。


そして疑いを持ち始めた生徒を始末し、隠蔽工作の途中を知られてからのバトルロワイアル…という流れである。


色んな意味でBRだった。


いくら偏差値が高い学校の生徒だからって、あんなにアンペアがどうしたとか、わかるもんだろうか。
いや、物語だからいいんだけど。


ただ蓮実をより天才的に見せる為には、知力も体力も、高校生諸君は並で良かったと思う。

修学旅行中に屋上で大麻吸う生徒。
盗聴器の発信源がわかる生徒。
保健室で先生と淫行する生徒。
殺し屋が襲ってくるかもしれない瀬戸際に座禅組んで、俺がやるしかないと胸踊らせるアーチェリー経験者。
作者死亡フラグの単語気に入りすぎ。
男は好きな女子生徒が死んだらショックで「仇とってやるぜ…」といびつに笑ってみる。
「お前を必ず守る!」と場面を分けて二回も宣言したのに出オチの蓼沼氏。
普段は目立たないがり勉だが土壇場で意外な統率力を発揮し、他の生徒を囮にしながら取り引きを持ちかける生徒。


色々言ったけどなんだかんだで蓮実が失敗ばっかすんのが一番蹴躓いたわ。



とても面白かった。止まらなかったけど、以上のことが気になって、読後何も思うことがなく


…で?


という作品を観賞した後絶対に言ってはいけない一言を(心の中で)発した。


キャラクターの個性と、学校といういかにもコントロールしやすい環境設定であるにも関わらず描き方が普通過ぎたんだと思う。


もっと作者の真意があるなら、教えて欲しい。本気で、知りたい。

ただし蓮実を人名救助ばかりさせられている伊藤英明氏がやることについては、かなり期待している!
やれ!英明!今まで助けた分だけ殺すんだ!
脳内はすっかり彼の笑顔で変換されて読んでいた。

海にとどまらず学校へ羽ばたこう猿!






ところで、大人含め、大勢の子供が可哀想なことになる作品を読んで第一声が「で?」では、私も何か足りないのかも。


サトミンと呼んでくれて構わない。
[PR]
by kumatalow | 2012-10-29 00:58 | 書籍 | Comments(0)

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フォロー中のブログ
気まぐれにどうでしょう ...
ライフログ
検索
タグ
(1)
外部リンク
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
絵日記・イラスト