ハードロマンチッカー
しょうもない暴力ものにしちゃ面白いと聞いたので借りてきた。ハードロマンチッカー。


e0098054_1440652.jpg




汚い液晶撮り。


監督の半自叙伝的な……っていう情報をもっと早く入れておくべきだった。私そういうの嫌いなんだよ、監督の自分語り。
経験に基づいた創作、キャラ作りとかならわかるんだけど、まんまお前の昔話やん!名前も!一緒やん!っていうの無理。品川のドロップとかね。



あらすじを説明したいところだけど、あらすじって、これ、無いよ。


下関に住んでるグーっていう名前の金髪の在日韓国人が喧嘩しまくる話。


本当にそれだけ。そもそも、物語に何故グーが絡んできたのかが不思議なくらい。

監督がそうだからって、在日にする必要があったんだろうか。申し訳程度に「チョン」という差別用語を吐かれる場面はあるものの殴ったら終わりだし、演じてる人日本人ばっかりだし、みんな日本語だし、シェアハウスに宇宙人が混ざってるくらい意味ない。


そして説明不足。



どうしてグーの祖母がヤクザと知り合いで、そいつが死んだら葬式まで出向く程親密なのか、最後の銃声がなんなのか、突然の交通事故はなんだったのか。


中村獅童はどうなったのか。



説明する気がなくただ暴れ回るバイオレンスを描きたいにしちゃ、実はピュアなものに惹かれて……みたいな一面も見せてきて、それもすぐ終わってまた喧嘩。


まあワルとピュアは切り離せないと私も思ってるよ。昔からの伝統だよね、はい。


だから薄っぺらいままじゃ映画にならんから、「あの頃の俺ガラスみたいだった。尖ってて、脆かった」的スケベな演出で盛ったんだよね。


つうか、あまり自慢できない過去をよくイケメン使って映像化しようと思いましたね。


黙って見てるぶんには面白かったよ。夢中で見たし。ダーク・シャドウより面白かった。



グーの暴れっぷりも嫌いじゃない。


私は見れる。大丈夫だった。


が……しかし、松田さんも見ない方が的なこと言ってたけど、女性には相当……きつい……。



女の子の扱いが酷い酷い…。
怖かったわああ……。唯一のヒロインはグーの祖母だからね……。


あと、今は懐かしい川野直樹さんが見られて良かった!
彼、滝沢と今井翼と肩を並べてたJr.だったけど、辞めちゃって普通の俳優になったんだっけ…か?(後半消極的)

怪奇クラブ見てたよ……一番好きな男の子だった。友達から雑誌の切りぬきを貰って大事に引き出しにしまっていたのはいい思い出。やっぱり好みは変わらないんだな……なんか好きだなあと思ってたら川野さんだったよ。

少しふくよかになられて、私の友達のスッピンに似てるんだけど、川野さんこれからも頑張ってください!


遠藤要さんもかっこ良かった。




最後に、一本のDVDを一緒に探してくれた店員さんありがとう。
伝わらないかと思ったけどタイトル言った途端「あっ!結構出てます!」とのことだったので、それなりに人気があるのかな?



まっ、でも、駄作かな★嫌いじゃないよ。
[PR]
by kumatalow | 2013-01-23 14:39 | DVD | Comments(0)

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フォロー中のブログ
気まぐれにどうでしょう ...
ライフログ
検索
タグ
(1)
外部リンク
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
絵日記・イラスト