【加藤シゲアキ】チュベローズで待ってる
 こんなに読み始めと終わりで印象が変わる話も珍しい。

 加藤シゲアキ著「チュベローズで待ってる」

 前編の【AGE22】では、亡き父の代わりに病弱な母と小さい妹を支える青年光太が、就職活動に失敗するところから始まる。ゲームが大好きな妹を思って受けたゲーム会社DDL。手応えはあった筈なのに落とされてしまった。1年間留年をすることになり、失望にくれる光太の前に雫という男が声をかけてきた。

「ホスト、やるやんな?」

 雫のスカウトで"光也"としてホストになった光太の元に、最終面接で自分を落とした女、斎藤美津子が現れ、罪滅ぼしをしたいと言う。美津子の力を借りて再びDDLへの入社を目指すうちに、二人の関係も変化していく……。

 前編は言うなれば後編のための土台作りだった。ただし、前編だけを読んでいるうちは気づかない。前編は前編で、雫のこと、ホストクラブチュベローズのこと、同期の失踪、そして美津子のこと。派手さこそないものの落ち着いて読めるミステリーとして確立されていて、作者の焦りは感じられない。

 ときは流れて10年後の【AGE32】。光太はヒットメーカーとして社内でも一目置かれる存在にまでのし上がっていた。近未来ということもあってテクノロジーの変化が著しく、3D会議が開かれたり、USBを繋ぐ穴がパソコンになかったり、我々が慣れ親しんだ環境も残しつつ、やや非現実的なファンタジーっぽさも加わっている。

 で、さっきも言ったけど後編を読んでしまうと前編なんてぶっちゃけ一瞬の思い出だったなと痛感する。笑っちゃうくらい後編ではいろんなことが起きる。
 もちろんちゃんとAGE22から引き継いだ伏線を回収し、人物を組み直し、2冊合わせて一作の長編ミステリーとして仕上がっている。いるけど、だいぶぶっ飛んだなあ、という印象。

 そしてここが一番凄いと思ったのだが、前編と後編ではタイトルに絡む人物も視点も意味合いもガラッと変わってしまう。
 前編では最初に雫が、最後に光太が「ホスト、やるんだろ?」と声をかける対になるシーンがある。声をかける側はどちらもチュベローズに在籍している状態で、相手に待ってるよと再起を促している。
 後編は、美津子から光太に対するラブレターだ。描かれることのなかった隙間のシーンをタイトルひとつで描写してみせた。

 素晴らしい!

 やや気になったのは、
■筆が乗ってくると「~た。~だ。~だった」の連続で多少読みにくい。

■結構敵がちょろくてあっさり自分から引き下がってくれる場面が多い。

■流れが映像的(特に前編)で、場面の切り替えのタイミングや一場面の情報量が2時間ドラマそのもので物足りなかった。光也ののし上がる過程や亜夢との交流、雫の人柄はもう少しじっくり描いても良かったのでは。(でも2時間ドラマでやるのいいかも!)

■女の名前がほぼ全員マ行。プレゼントのイニシャル合わせで美津子と恵は理解したけど芽々とミサキは? なにかしらのミスリードを狙ったのかもしれないが、女性キャラの描き方からしてすぐに交錯しないのがわかるので、何で被らせたのかよくわからない。たまたま?

 というごく主観的なひっかかりを除けば、素晴らしい大作だと思う。ちらっと書評を見たらやはり高く評価されていた。なにより、小さい頃からアイドルとして特別な空間で生きてきた作者が、等身大の青年の挫折、決められた選択肢の中でもがかされる苦悩を気取らずに描けるのは、彼の人間を見る目がずば抜けているんだと実感した。

 華やかな世界の裏側の地味な部分に興味を向けて、懸命に追求しているところも面白い。
 あと単純に、この人は賢いなあと思った。読んで良かった。


[PR]
# by kumatalow | 2018-01-18 00:36 | 書籍 | Comments(0)
弱ムシペダル(ママチャリ編)
 加藤シゲアキ氏の小説「チュベローズで待ってる/AGE22」が面白かったから、これは後編のAGE32も読まねばならぬと自転車をかっ飛ばしてきた。レビューは後編を読み終わってからにしたいと思うが(覚えてたら)、いま言いたいのはそこではなくて自転車をかっ飛ばしてきたということだ。

 風も穏やかで、三日前に空気を入れたから快調に進む筈だった。ところが、

 いっこうに……進まねえッ←スラムダンクリョーちゃん「届かねえッ」風。リョータ一番好き。

 ほんっとに全然進まないの。平坦な道路が坂道みたいにひと漕ぎひと漕ぎ辛くて、息が上がるばかりで走った方が速いくらい。うしろから走ってくる自転車が迷惑そうに私を追い越してゆく。
 なんか変だ、と思ってコンビニで停止してタイヤを押してみた。

 タイヤはスカスカ……私の太ももはパンパン……。

 何で? 三日前に家の庭で腕が怠くなるまで押し込んでいた私はどこへ行ったと言うの? 
 実は過去何度かブログで自転車の不調について訴えている私である。去年の5月くらいにメンテナンスして貰って、定期的にやろうって決意してる記事がある筈。まあやってなかったんだけど、とりあえず今回も例の自転車屋さんにお世話になりました。

 パンクではなくて、ムシの部分のネジが緩んでて抜けていたそうです。笑うわ。三日前の時間全部無駄じゃないか。ひと仕事終えた顔して、空気入れ持って家に入る頃にはブシュブシュ言いながら奴ら脱走してたわけでしょ?
 いろいろ虚しい感情はあったけど、無事に治して貰ったから、帰りは倍の速さで帰ってきました。速すぎて事故するかと思った。


 戦利品。
☆チュベローズで待ってる/AGE32 加藤シゲアキ
☆AX 伊坂幸太郎
☆出版禁止 長江俊和
e0098054_13305460.jpg

 姉からITも借りたいので、これらは数ヶ月かけてちんたらちんたら読んでいくことにします。もともと読むのが遅いから来年に「読み終わったー!」とか言ってるかもしれんな。
 ファミマのトルティーヤ食べて爆漕ぎの疲れを癒やす。

e0098054_13304351.jpg

[PR]
# by kumatalow | 2018-01-15 13:49 | 日常 | Comments(0)
雪男
 店のカゴの中に入ってて、捨てるつもりでポケットに入れたまま持ち帰ってしまった。

e0098054_20530580.jpg

 雪男。誰だか知らないがこなれたサインにじわじわ笑いがこみ上げてくる。好きな人には最高のサービスショットなんだろうな。

 あたかもお湯出てる風に(出てない)向こう側の目瞑ってるのもじわじわくる。

[PR]
# by kumatalow | 2018-01-09 20:48 | 日常 | Comments(0)
バレー始め
 バレー始めです。

e0098054_22034407.jpg
 いきなり話が逸れるが、愛用してる石田の袋がボロくなってきた。大一大万大土……。

 納めと始めは軽めの試合をやるというのが我がチームの習わしだ。ちなみに私は例の熱によって納めの練習に参加できなかった。2017年のバレー人生、「良いお年を♪」も言わずに最後の1個手前で普通に終わって呆気ない幕切れだった。

 ところで熱は下がったけど、寒い空気に触れるとまだ咳が出る。練習中にまあ出るわ出るわ。

「ナイッサーげふん!」
みんな「しーん」
「チャンス……げほっ! あほっ!」
みんな「しーん」
「カットしtがほっげほっおほおほっ」
みんな「しーん」

 ひとりでうるさかった。みんな黙ってたけど風邪治ってないんやろなあって思われたと思う。

 チームメイトの女の子からお土産。【ヴィクトワールシュヴァルブラン村男Ⅲ世】という長~い名前の白馬のゆるキャラ。

e0098054_22032966.jpg


 推しメンらしいです。ご馳走様でした。


[PR]
# by kumatalow | 2018-01-08 22:02 | 日常 | Comments(0)
激痛
 鬱々とした日々を過ごしている。

 というのは、【また】歯が痛い。もう去年からずーっと同じ歯に煩わされてる。神経を滅した歯が痛いんだからよっぽど呪われてる。歯磨きする時も冷たいものを含んだ時も別に痛くない。ただただ何もしてない時にズキズキズキズキ痛い。

 何でだよ。何が起こってんだよ。

 私の休みはもっぱら木曜日が多いから、休みの日に歯医者さん行けない。仕事の前に行きたくても朝からだから行けない。となると必然的に仕事の後ということになってくるんだけれども、仕事終わりにもうひと山恐怖味わうって相当体力と精神力削るだろ。

 しかも前回の治療が死ぬほど痛くて、初めて歯医者で両足と悲鳴を天高く突きあげた。あの時の記憶がまだ鮮明に残っている。2度とあのような思いはしたくなくて頑張って治療したのにものの1ヶ月で再痛てアホか、ゾンビか。

 でも、行かなければならないだろうな……。今はロキソニンで誤魔化しているが、どちらが倒れるのが先かは目に見えている……。

 腹をくくって、明日帰りに寄ってくる。この記事を最後に消息を絶ったら、私は死んだのだ。歯が痛くて死んだのだ。うすみっともない人生だった。
[PR]
# by kumatalow | 2018-01-07 23:50 | 日常 | Comments(0)
2017年総括
 早いもので、大晦日から一週間が経ちました。こうやってはや一週間、はや一週間、と言っているうちに1年が経つんだ。

 去年は結構ハイライトがありました。まず書いた小説がコミカライズされた。ヤンデレラから狂愛ヤンデレラにタイトルを変えて、作画担当様が超スピーディーで息もつかせぬ展開に仕上げてくださった。

 まさか自分の考えた物語が金になる日が来るとは思わなかったなあ。
 一応の商業デビューとは申せ、知名度が上がったり自分の評価に繋がることは何もなかったから、今年以降はそういう部分も目指せていけたらいいな。

 2番目に、これはハイライトと言っていいのか。祖父が亡くなった。祖母のときとはまた違う、巨大な穴が空くとはこういうことだろうか。大きな存在だったのだなあと改めて思い知った。

 そして祖父の死からなんやかんや両親に思うところありて、12年住んだ賃貸を出て、夢の一軒家に引っ越した。
 12年だぞ12年。周囲の若い夫婦や家族が次々と越して行く中、うちだけ大人4人がひしめき合って12年も狭い部屋に居座った!! たぶんヌシ化してたと思う。12年分の部屋を片付けるのは物凄く億劫で絶望と隣り合わせだったけれど、無事に大晦日は美しい広いリビングで過ごしましたとさ...♪*゚

 部屋にエアコンとテレビがついたの! なくて当たり前の生活だったから全然使ってなくて、一瞬テレビのコンセント引っこ抜いた時期もあるけどどうにか使いこなして行くぞと思い直し、またコンセント差した。何やってんだ……。



 そして年末。熱出して倒れる。
 もうこれが一番何やってんだ……。仕事嫌いの私だけど、年末は働きたい。働いて働いて働きまくってから新年を迎えたいんだ。なんでこんな何日も熱出して唸ってなきゃいけないのか、世間と全然違う時間を漂っているうちに、突如病の原因に行き当たった。

 そうだ、私は厄年だったのだ。厄年は引っ越しなど避けた方がいいと聞いていたのに、引っ越しをしてしまった。

 だからと言っていきなりこんな殴りかかるような真似しなくてもいいじゃないか。お陰で職場の連中からド顰蹙買ったわ。どうにか31日は働いて終われたから良かったようなものの、寝たきりで年越してたら後悔と気まずさで2017年まで走って戻らにゃならんところだった。


 あと、こんなところでは書き表せないレベルの、家族が馬鹿にされる出来事があった(憤怒の形相)本当に卑怯で腹が立つ。汚ねえもんを新年まで持ち越させるんじゃねえよハゲと言いたい。ま、でも気にしてねえし?(憤怒の形相)


 笑顔で乗り切りたいと思います(憤怒の形相)


[PR]
# by kumatalow | 2018-01-07 18:37 | 日常 | Comments(0)
後厄2018
 寺社仏閣が映える季節がやって参りました。

e0098054_23261043.jpg


 後厄です。というわけで恒例の諏訪神社に厄祓いに行ってきました。聞くところによると後厄が一番注意しなくてはいけないらしい。具体的に何があるのか、何が危険なのか調べてもわからなかったけど、とにかく大人しく過ごせということらしい。

 貴重な1年おとなしく過ごせってか! と憤慨したけど自分から率先して新しいことにチャレンジとかしないので、おとなしく過ごせそうです。

 今日は過去2回と違って、厄の大所帯だった。控え室で別の家族と一緒になったのは初めてだ。それだけではない。普段は静かな板の間に響く赤子の泣き声。

 そう、お宮参りの赤さんも一緒! 気張って泣いてる声が後ろから聞こえてくる! 可愛い! ごめんな、前の方に厄が固まってたから空気悪かったんだと思う! 厄まみれでごめんな! これで最後だから許して!


 お宮参りというものを思いがけず初見学することになったわけだが、神主さんに抱かれて神様の前に行くんだね。大きな声で泣く赤ちゃんを、ささやかにあやす神主さんに萌える後厄。きっと元気で良い子に育つぞ!

 素敵な1年になりますように。


 余談だがお宮参りという習わしに興味を持って家に帰ってからググッてみたら、お宮参りで泣かなかったうちの子って肝が据わってる!? 神に愛されてる!? 天才!? 的なクソちっせえ自慢が大量に出現したのでそれ以上調べるのはやめました。


[PR]
# by kumatalow | 2018-01-06 23:25 | 日常 | Comments(0)
【伊坂幸太郎】ホワイトラビット
 ハードカバーだからって読みたかった「AX」敬遠したくせに、「ホワイトラビット」のハードカバーを買ってくるというおかしなことをしてしまった。ハードカバー嫌いです。重いし読みづらいし紙が固いし、個人的にいいことひとつもなくて滅茶苦茶嫌なんです。でも文庫を待つほど我慢ができる性分でもなくて、何か買って帰りたいと思った日はその通りにしなければ気が済まない。結果一番中途半端をしたという。

 グラスホッパー、マリアビートルの殺し屋シリーズを続けて読んでから、一旦離れて久しぶりの泥棒シリーズになります。泥棒シリーズというか、黒澤シリーズ。黒澤はもう伊坂好きにはたまらん人気キャラクターでしょうね。私も心が躍った。
 とにかく黒澤ってかっこいいんです。落ち着いた壮年の男で、泥棒なんてしてる癖に不思議と頼りがいがあるというか。危なげがなくて、情に厚いというほどでもないのにそこはかとない優しさを感じる。



 一言で言うと、あまり面白くなかった。


 ある誘拐犯、犯ではなくもはや組織として身代金を請求するグループの内のひとり、兎田の嫁が誘拐された。組織の情報を握ってトンズラしたオリオというオリオン座の話ばかりする男を見つけ出さなければ、嫁の命が危ない。オリオ探しの為に仲間に嫁を人質にとられた兎田が、オリオを求めるあまりするつもりのない立てこもり事件を起こしてしまい、それに巻き込まれたある家族とたまたま家に侵入した黒澤、立てこもり犯に立ち向かう刑事たちの群像劇、となる。


 ちょっと失敗だなと思ったのは、発端となる事件の規模の大小が見えにくいのと、ストーリーの単純さに比べて設定がややこし過ぎる。誘拐組織グループの内部のいざこざという特殊な環境、結局ほとんど出てこずで、本当にオリオン座の話ばかりするのかも怪しい人伝でしかキャラが立ってないオリオ。伊坂さんの得意なAだと思ったらB、かと思わせてC。といったような視点の違いや思い込みを活用した叙述トリックは盛り込まれていてそこは非常に楽しめるのだが。

 それ以外は何もかも唐突だな、という印象を受けた。今までにないような、あからさまに挑戦してみましたな文体、唐突な刑事の心情、唐突な立てこもり事件、唐突なオリオン座。やりたいことはわかるけれども、全部バラバラ。残念ながらオリオン座のように綺麗に点と点が結ばれることはなかったようだ。
 終わってみれば長編のわりに語るところも少ない。以前「首折り男のための協奏曲」という短編集を読んで長編っぽい、という感想を持ったが、今回は短編っぽい長編という感想を持った。

 さらに不味いことに、先頭で絶賛された黒澤の登場が物語から新鮮さを奪い取っている。お馴染みの彼の登場で、何だか物語がダラッとしてしまっているのだ。初登場のキャラたちも黒澤の前ではかすむし、黒澤は性格上自分を崩すということはないので、黒澤としてあり続け、期待に応えるのみで何かを越えてくることはない。今回は彼の安心感が物語への甘やかしにしかなっておらず、むしろ黒澤以外の人物でやった方が背筋が伸びた可能性はある。



 その前に読んだマリアビートルが超弩級の面白さだったのも良くなかったかも。あれは本当に面白かった。


 個人的嗜好で言わせて貰うと、作者が先走って「この後彼は壮絶な思いをすることになるのだがそれはまた先のお話」的な書き方好きじゃないのでできたら味をしめないで欲しい。先のお話なら黙っとけやって感じでワクワクもドキドキもしないので。

[PR]
# by kumatalow | 2018-01-06 01:40 | 書籍 | Comments(0)
【古野まほろ】セーラー服と黙示録
 古野まほろという作家を知ったきっかけは、彼がTwitterで起こしたある出来事に他ならない。私は自分から未知の作家を開拓するタイプではないのでこういうことでもなければ知る由もない。

 その出来事の最中での発言が、作家として言ってはいかんラインを軽く越えていて、案の定メラメラと燃え上がったので、そこまで言うならどんな話を書いてるのか読んでみようじゃないかとなった次第だ。過去に芸能人などがとんでもない言動やらかして売名だなんだと騒がれるたびに、こんなもんで売名になるかと木で鼻を噛んでいた私だが、まんまと本を買ってしまったので炎上効果を認めざるを得なくなった。


 私が選んだ本はこれだ! 
e0098054_22400053.jpg
セーラー服と黙示録。表紙からしてお嬢様学校を舞台にしたミステリだと想像がつく。
 ざっと説明すると、日本だけどヴァチカン領の県に設立された女探偵養成学校で、成績上位者2名が卒業試験の最中に何者かに十字架にかけられて死ぬという密室殺人が起きた。誰が、動機は、方法は? の三つの観点を3人の探偵が説き明かす。

 作者の発言を詳細に覚えていないけれど、たしか本格ミステリを自負していたのではなかったか。私にはどういうものが本格ミステリなのかわからないが、もしこれが本格ミステリだとしたら、本格の意味がわからなくなった。こんなこと書いたら、じゃあお前やってみろと作者がエゴサーチして突撃してくるだろうか。嫌だな。

 そもそも、ミステリの出来具合以前のように感じられた。続編を意識しているのか、ひたすら世界観の説明説明&説明。その合間に平気で新規タブを開きまくってちなみにちなみにとまた細かい設定の説明。一応ヒロインは十代の女の子で学生であり、彼女の主観をとっているなら、ここまでの情報を学生に語らせるのは不自然と感じる箇所がいくつもある。キャラクターも、薩摩おごじょがどうしたこうしたとか適当で雑な百合とか、いろいろな設定があるようだけれども、まるで全員が台本を読んでいるようで個人を掘り下げるには至っておらず、薄っぺらい。

 向こう側に自分の本を手にとって読んでいる人間がいると想像して書いていないのがよくわかる。一方的に作者が言いたいこと、自分の脳内を詰め込みたいだけ詰め込んで、それでわからなければお前の知能が低いからだと言う。そういう作家だ。

 あと女子高生なのに出てくる趣味が昭和のオッサン丸出しできつい。

[PR]
# by kumatalow | 2017-12-21 22:37 | 書籍 | Comments(0)
関ケ原合戦まつり2017
 恒例の、関ケ原合戦まつり2017参戦じゃーーーーー!!

 雨である。

e0098054_22072412.jpg

 山の上に霧がかかって……、実際もこの霧を眺めて武将達は勝利に思いを馳せたのだろうか……。
 などと感傷に浸るのは最初のうちだけで、ここは現代で、今日は祭りで、晴れてくれないと嬉しくないのだ。

 傘さしてブースを練り歩く煩わしさったらない。この日の為に何日も前から準備してきた人が大勢いるはずで、その人たちの気持ちを考えると本番の雨は嫌だなあ。

 そうした私の心配など何処吹く風で、関ケ原町の人たち、また、県外からの参加者さん、みんな元気だった。

 ご飯を食べていると運営のおじさん達が「まだ11時! 晴れる晴れる!」と笑いながら話し合っているし、新企画?の人間将棋は予定通り行って盛り上がったようだし(夜早速Yahooニュースに)、武将たちは雨の中鎧姿で元気にグッダグダのパフォーマンスしてくれたし、さくらゆきは熱唱していたし、懸命に呼び込みをする売店の人、自ら売り子を務めるいしだみつにゃん等等。

 みんなみんな雨なんて知らねという勢いだった。ブツブツ言ってるのは何もしない観光客(私)だけである。

 余談になるがいしだみつにゃん大好きで、お写真撮らせてくれた上に、握手もして貰っちゃった。あったかい肉球の感触忘れない……。お仕事お疲れ様。

e0098054_22074143.jpg

 その後は長浜に移動する。
 長浜の商店街近くにあるラーメン大学の塩バターラーメン絶品! オススメ!

 長浜の商店街(正式名称は知らない)は、大須ほどの規模ではないけど昔懐かしい雰囲気と有名な黒壁と、食べ歩きに特化したとても良いところ( ´∀`)こちらも関ケ原と並んで大好きな場所だよ~。


 来年は晴れると良いですな。
 

 最近は小早川を男性が演じられていることと、島津の薩摩言葉がクオリティ高くていいなあと思ったサトミッチでした。

[PR]
# by kumatalow | 2017-10-15 22:01 | 日常 | Comments(0)
  

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
(1)
外部リンク
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
絵日記・イラスト