人気ブログランキング |
カテゴリ:仕事( 23 )
プレ復活
 肘の怪我から1ヶ月以上ぶりの職場復帰でございました。久しぶりだから清々しく、やる気に満ち、頬を両手で叩き……ということもなく、目覚ましの音で軽く鬱になるいつも通りの朝だった。

 菓子折り持って自転車漕いでると感覚があっという間に戻ってきて、1ヶ月も休んでいたのが嘘みたい。辞めない限り自分はここの陣地の人間なんだなってつくづく噛み締めた。

 で、当然他の従業員、めちゃくちゃに心配してくれる。無理はするなと。カゴの片付けはしなくて良いと。ありがたいありがたい。がしかし、自分で感じる不安とみんなのとは少し違ってて、私はとにかく

「仕事を覚えているかどうか」

の一点に尽きる。案の定色んな企画増えてるし、母の日の予約あるし(そういえば私はまだ準備していないぞ)、ポイントカードの切り替えも継続してるし。

 かなり緊張の3時間半だった。なにもなくて良かったけどね。

 うーんやっぱり久々に働いてみて思った。


 仕事嫌い。
by kumatalow | 2019-05-06 23:59 | 仕事 | Comments(0)
チェッカー技術コンテスト~獲ったど☆~
 自社開催のチェッカー技術コンテストに出場し、準優勝になった。わーい。

e0098054_22225943.jpg


 秋ごろ告知されたときはまさかコンテストなどと知るよしもなく、ただの勉強会だと思って気軽に返事をしたら、あれよあれよという間に雲行きが怪しくなり、ここひと月は胃が痛い毎日だった。ひと月どころじゃない。実は心の片隅でずっとモヤモヤしていた。

 ガキ使を見て爆笑している最中にふっ……とよぎる。小説を書こうとパソコン開いた瞬間に気分が落ちる。仕事から帰ってきてさて遊ぼうか! というモードになった瞬間に「こんなことをしていていいのか。おさらいはできているのか」と問う謎の声。その声を無視しまくって結局遊び倒したもんだから本番前に準備不足で不安が募る。
 私の準備不足に加えて、チーフの急な異動やバイトの退職などがあり、人手不足で本当に練習する時間がなかったのだ。そんな中で私はよくやったと思わないか? 運が良かったのだろう。

 しかも順番がケツから2番目って! 緊張をずっと引きずったまま午前中いっぱい過ごしたわ!
 既に終わった連中の涼しい顔が憎らしくてたまらなかった。何度も腕時計とにらめっこして、あと何分で自分の番がくるか計算した。前日の夜には、「明日のこの時間はもう終わってる……明日のこの時間には……」と言い聞かせてきたように、あと一時間、30分、と何度も脳内で繰り返した。

 ぶっちゃけ自分の演技がどうだったのかはよく覚えていない(合計金額読み上げで盛大に噛んだのは覚えている)。後で映像を見せてもらえるわけでもなく。ただ加点対象になる演技前のスキャニングテストで1位だったからそれでだいぶ上乗せされたのかなと思っている。

 賞状を受け取るなんてバレーの試合依頼だし、メダルを首にかけてもらったのは生まれて初めてかもしれない。心の底から嫌だったけど、結果出せてほっとした……。
 喜びもつかの間。1位と2位をとった人は、他ブロックの人と、今度は全国大会に出るメンバーを選出するテストがあるそうで。

 あのさあ……。

 遊ばせて……。

by kumatalow | 2019-02-09 22:48 | 仕事 | Comments(0)
餞別を貰うような働きはしとらん
7月10日でほぼ10年勤めた会社を退社することになったサトミッチになんとスペシャルサプライズが舞い降りた。

短時間だが同じ時間に出勤するパートさんからお世話になったからと餞別を頂いた。
e0098054_1971616.jpg



なんともはや。これぞ青天の霹靂。


せいぜい皆々様が小銭をカンパしあって、買えるだけの菓子折りでも頂ければ幸いと、私には珍しく謙虚に控えめに過ごしていたら個人的にしてくださるとは。


「カエルさんの物を探したんだけどね」とその方は少しはにかんで言った。


私のカエル好きまでをも見通し、かつそれなりに値段のはるカエルさんを探してくれていたと思うと、あたら休日の無駄遣いをさせたようで心苦しい。


この一件でわかる通り、私の社内における人間関係はかなり良好だった。それを振り捨てる決心をさたアホな客とよく休むバイトはどいつもくたばればいい。


自己を卑下するでもなんでもなく、私は個人的になにかして貰うほどの働きはしていない。


朝からやる気のない顔を引っ提げて愚痴を垂れ流し、遅刻魔であり、思い出したように新人とみまごうミスをし、遠出をしてもお土産を買ってこず、時間にうるさく残業には非協力的で、もっと言うとエプロンのポケットに二つも穴が空いているのに放置している。


そういう従業員だったのだ私は。


再就職先が見つからなかった保険として、「また戻ってくるかもしれませんよ」と吹聴して回っているのだが、その度に皆さん「大歓迎!」と言ってくださる。


いやはや恵まれていた。


さて、私もそろそろなにかお返しをせねばならない。
まともに働いたのが一ヶ所、まとも(?)に退職するのも今回が初めてということもあって、なにから手をつけてよいかさっぱりわからない。



とりあえず奮発する気は満々である。従業員の皆さんには期待しないで待っていて欲しい。
by kumatalow | 2014-07-05 00:43 | 仕事 | Comments(0)
仕事の辞め方
かれこれ9年間世話になった職場を離れようと考えている。

特に最近は慢性的な人手不足で減ることはあっても増えることはなかった。去っていく人の背中を恨みがましく眺めながら、残された者たち同士でてんてこ舞いするのに私は疲れた。

たまには自分がてんてこ舞いする誰かに向かってあばよと言ってみたい。そういう欲求は常にあったように思う。
それが保険だ年金だと福利厚生の旨味にしがみついて結局今日まで自分を放置していた。


なのに、一旦辞める。と決めたら私の心やどうだ。あれよあれよと雪崩をうって退職の方向へと気持ちが傾いていくではないか。

そこに感傷はない。私はやや情というものに希薄なタチであるので9年間連れ添った職場のメンツとさようならをすることには特になんの障壁もない。


打ち明けた。ところが最初に打ち明けた相手は異動を控え、最後の一日を懸命にこなす副店長であった。彼は私に言った。


「俺今日までだから。次の人に言ってくれない?」


そりゃそうだ。


虎視眈々と新しい副店長が来店するのを待ち受け、どうにか隙を見つけようと私はちょろちょろ徘徊を試みた。が、着任間もない上司は忙しそうである。まず彼は私という人間がいることすら認識していないであろう。

知らない奴がいきなり近寄って「辞めたい」と訴えてもそもそも「いたのか」という気分であろうから、仕方なくもう少し待った。


いよいよ今日こそ――とあれこれ言葉を考えて出勤したら今度はそいつがお休みだった。おのれ、サービス業の分際で土曜日を休みおるか。


このままでは埒が明かない。
結局、レジのリーダーにぼそぼそ報告に行った。


しかし、不思議なもので。辞めると決心したときは嫌なことが沢山あって、辞める為の正当な理由が沢山あって――否、これは辞めるに値するれっきとした理由であると信じて疑わなかったのに、そのどれ一つとして、言うのが躊躇われた。


気が付いたら慢性的な腰と背中の痛みを主な理由として掲げている自分がいた(これは嘘じゃない) 。


だけど真実は違う筈なのだ。残業続きが嫌で、アホな客の相手をするのが嫌で辞めようと思っている。それを言えばよいのに、どういう訳か言えない。


辞めて関わりのなくなる相手に馬鹿にされることを恐れている。チンケな理由で辞めやがって社会を舐めていると指を指されるのを嫌った。突如守りに入った原因はまあこんなところだろう。


なにやら自分が情けないが、とりあえずよしとする。辞める意思さえ伝われば理由なんてなんだっていいのだ。駄々をこねたと思われるより、体調致し方なくと諦めて貰った方が後腐れもなくていい。


ところが、レジのリーダーにぼそぼそとそのような報告をしたところ、「ダメでしょ」と一蹴された。


サトミッチさんはアテンダントができる人だし、タバコの管理者だし、ベテランでどうのこうのと、言っておられた。


いや、だからそれが嫌で辞めるんです。


ということを言ってみても今一つ納得されない。


話し合えば合うほど自分が急に変なことを言い出したみたいになって、全く先へ進まないまま終わった。


ここまで自分が口下手だと思わなかった。


もしかして私は変なこと言ってるんだろうか?

あんたは旗揚げの時からいるんだから、この店と運命を共にするのは当然でしょ?辞める?なに?ハァ?


そんな感じだろうか。私が退職するのってそんなに変なことなんだろうか。



などとせんでもいい考察をしてしまったではないか。



どうにかスッキリ辞める方法はないだろうか。


優柔不断な私の気が変わらないうちに早く辞めさせてくれ。
by kumatalow | 2014-03-08 21:37 | 仕事 | Comments(0)
仕事に行かなかった
体調が悪くて仕事に行かなかったということを、ブログなどに書き残している時点で私はかなりの確信犯であると言わねばならない。


腹が痛いのも事実。貧血も事実。



それでも多少元気を奮い起こせばそれなりに働いた、かもしれない気がする。
しかし、私には一従業員として会社にそこまでする気力がないのだ。自分が行ってもどうせ誰かはいないのだし、光子の言う「奪う側に回ろうと思っただけ」という台詞が頭を回る。大袈裟ではあるが彼女の心理がちょっとわかった。



毎日出勤できなくなったら終わりなんだろうなあ。なにもスキルを持ってない私には、ボーナスがあって福利厚生がしっかりしている今の職場を離れるのは清水の舞台から飛び降りるより難しいことだと思う。



そんなに働き者でもないし、仕事そのものが嫌なんだからどうしようもない。
あー三ヶ月か半年くらい休職したいなー
by kumatalow | 2013-06-30 14:21 | 仕事 | Comments(0)
カイゼン
掃除嫌いのサトミッチが職場のカイゼン計画の担当に任命されてしまいましたよ。


レジ従業員が使う場所でどこか汚い場所を探して片付けをして、出来が良かったら発表に行くそうですぜ。


ということは、選ばれなかったらやらなくてもいいってことなんですよね。


相方のSさんと連日ああでもないこうでもないと話し合っている。


どうやって綺麗にするかではなく、どうやってキチンとやりつつ出来が悪いように見せるか。




さて、サトミッチは非常に要領が良い一面があって。どこを片付けるかについてもはやネタ切れ状態のカイゼン活動に、奇跡の石を投じてやったのさ。


あ!サトミッチ!そんなことを思い付くのはお前だけだよ!


あ!サトミッチ!そうだよ目の付け所が半端ないよ!



もっと誉めてくれて結構だ。

実はサトミッチの管轄であるタバコ保管庫が非常に汚ならしいことになっていて(サトミッチの管轄なのだから当然だ)、いつか片付ければいいやと思って放置していたらとっくの昔に峠を越えて、イライラする散らかり方をしてしまった。


ずる賢いサトミッチの瞳がきらりと光った。───これを利用しない手はないではないか。



「タバコ~…の、保管庫はまだ誰も掃除したことないんじゃないですかねえ」


などと上手いこと誘導して、見事今期のカイゼンはタバコ保管庫の片付けに決定した。
幸いなことに、誰も「それはお前の仕事だろ!」とは言わなかった。



私が働きやすくなる!



おそらく私ではなく相棒の人が綺麗にやってくれるだろう!



でもって、ちょっと手抜きして落選で、私だけが得をして終了。



……作戦通り(にやり)
by kumatalow | 2013-04-28 19:51 | 仕事 | Comments(0)
セルフ…とは
ついに我が職場にもセルフレジが導入されました!

なんと店舗の中で遅れてて、派遣の人々から「レジが使いにくいからヤダ」と言われてすげえバカにされてたのね。


あとは単品買いの人達にはむしろセルフが向いてるんじゃないかってことで、あとはイオンの物真似で、コンビニ店舗と呼ばれるほどの単品買いが多いうちの店に導入されることになったのだ。


そしてそのアテンダントに選ばれた私は、一生懸命5月末くらいから勉強してきたわけですよ!

その忙しい最中にフラれたりとかしてね、もう余計な心労増やすなよ空気読めって感じですよね!

とても残念だったけど、まあまた運は向いてくるさ!信じてる!


で、いざ始まったのはいいがお客さん誰もセルフレジ来ない…。


「どうですか。一緒にやりましょうよ」って声かけても、わからんとか、難しいとか、面倒臭いとか…。

どうやら土地土地でお客様の反応も違うようで、ここらへんの人は甘ったれでお客様は神様ですを地でいく方が多いからして貰って当たり前なんだと。


せっかちで頭も悪いって、本部から応援に来た人にボロクソ言われました。


私もこの地域の人間なんだけど


あとマイバッグ持ってる確率が異常に低くて、何かあるとシールとか袋とか呼ばれて、何度教えてやっても操作を間違えて…その度に呼ばれて。



そも、セルフ。とは、なんぞや?


他の店舗に研修に行った人の話を聞くと、こんなに呼ばれて走り回ることなんか無かったって…。


その癖稼働率悪いって、もしかしたら全店舗中最速で消えるかも…ね。
by kumatalow | 2012-07-24 14:59 | 仕事 | Comments(0)
着流し、襲われる
はあ、今日は職場の近くにABCのyasu氏のライブ?があるとかで(私と姉は見事に落選)、ヤンチャそうな連中が目白押しだったわけだす。


で、店のお客さんに必ず毎日着流し姿で、刀と見せかけた傘を腰にさしてるちょっと名物の兄ちゃんがいらっしゃるのですが。


着流し姿を笑われて発狂してしまったんだな。


「いい加減にせいよ!!俺が何をした!!」


あの温厚な兄ちゃんが怒り狂ってる姿なんて想像つかなかったよ、私。おそらく周りの人も同じ気持ちであったろう。


DQN諸君。頭悪そうなやつらだなって大概の人はお前たちを見て思うのだが。それを口にしないのは悪いことだとわかっているからだぞ。それなのにお前たちは一体何様のつもりなのか平気で人をバカにして嘲笑う。子供のいじめかっつの。


チャラチャラして大きな声で言いたいことしか言わない奴等が実は真面目な人より素直とか、素行は悪いけど根は優しいとか、変なシード権私は認めないからな。そんな試してみなくちゃわからないダンジョンみたいな人より普通で普通のいい人の方がいいに決まってんじゃん。

話がそれた。

で、着流しくんもちょっと変わってるんだけど、「お前のそういう行為で、怯えている女の子達がおるんやぞ!」と怒鳴り散らし、ヤンチャが「ホントにおんのか!」というやり取りをね、掴み合いの喧嘩しながらやってるんですよ。


なにその会話。笑わせたいのか!思ったけど笑えないんだよね制服着てる従業員の身としては。


ひとまず男性社員が間に入って引き離したんだけど、しばらくしたらまたヤンチャが戻ってきて、着流しくんの背後から因縁をつけるつける。


そしてまた掴み合いの喧嘩に…。
ヤンチャの手にはチケットが握りしめられていた、この後憧れのABCを見て狂喜乱舞するのだ。こんな小さなスーパーで喧嘩してどうする!


急いで警備員に連絡したんだけど、来るのが遅い。

そうこうしている間にも、ヤンチャが着流し君を引きずって外へ連行しようとしている。警備員はまだか。


従業員、その他の客、みんなが唖然として人だかりができていた。


そこへ警備員登場!

みんなが思ったこと。


え…弱そう…。


なんかね、ちんちくりんの警備員さんが無表情で歩いてくんの。
タダでさえ待たせてるんだからもうちょっと息せききってみるとか…できないもんてしょうか。


実力も見たまんまで、小さな声で何か言いながら間に立ってるだけで二人は警備員ガン無視で言い争ってるし。


社員三人が応援に駆けつけて事なきをえました。

まあね…警備員さんだって、警察じゃないし、制服着てるだけで頼りにされちゃ困るってとこなんでしょうか。


しかし、期待を背に現れたときのあの顰蹙ムードはすさまじかったな。
by kumatalow | 2012-05-26 02:04 | 仕事 | Comments(0)
絶滅の危機茶髪店員
巷では黒髪の少女が絶滅の危機だそうですな。だがしかし、私が勤めるスーパーは未だに世間で言う【栗色】が禁止なんですよ!古くさ過ぎ。

半年ぶりに髪を染め直してきました。


e0098054_11584068.jpg

これは…あの、明らかにダメな髪色ですね…私のミスです。
カルテにはそんな明るい色に見えなかったけど、染めてみると、う~ん完全にアウト。


個人的にはこれくらい明るい方が好きなんだけどなあ。


どうしようかと思って、全部三角巾で隠すことにしました。


e0098054_1212544.jpg



これでどうだよ~~~!!


しばらく粘ってみます!

乞うご期待!!

髪を染め直したくないアルバイトさんの間ではカツラが大流行なんですよ♪私も準備しといた方がいいのかしらん。
by kumatalow | 2012-02-17 11:55 | 仕事 | Comments(0)
棚卸し2012
もう何度目かの棚卸しでしたよ。


うちの店もケチだなあ、そんなの業者に任せりゃいいじゃないとか思うけど、他所の店は委託して夜中にやっちゃうから休業にはならんのよね(^^;つまり、我々従業員は年中働き通しとなるわけだ。それは嫌だ(笑)

客を相手にするより棚卸しの方が楽しいに決まっている。

何より早く帰れるし、普段時間が違う人とのランチも新鮮で楽しいよ。

食べ過ぎてズボン下がってくる。


ネギなしネギトロ旨かったッス。

さて、もう腹が一杯なのに、アルバイトちゃんがバレンタインにと従業員の皆さんに手作りクッキーのプレゼントが…!!
何と夜の10時までバイトして、それから何やかんやで夜中に作りはじめて、朝の5時に完成したらしいよ!凄い!


この間焼け焦がした私には羨ましい話ですよ…しかも全員分なんてスゴすぎる~~~!!

サクッとタイプとしっとりタイプ、両方有り難く頂きまーす!!


e0098054_17475594.jpg

by kumatalow | 2012-02-15 17:22 | 仕事 | Comments(0)
  

さらしちゃいな日記。
by サトミッチ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
気まぐれにどうでしょう ...
ライフログ
検索
タグ
(1)
外部リンク
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
本・読書
画像一覧